ヤリ=マティ・ラトバラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤリ=マティ・ラトバラ
2017年ラリー・ドイツ
基本情報
国籍  フィンランド
生年月日 1985年4月3日
出身地 フィンランド、南ポフヤンマー県トユサ (Töysä
WRCでの経歴
活動時期 2002 -
所属チーム フォードフォルクスワーゲントヨタ
出走回数 181
チャンピオン回数 0
優勝回数 17
表彰台回数 60
ステージ勝利数 492
通算獲得ポイント 1446
初戦 2002 ラリー・グレートブリテン
初勝利 2008 スウェディッシュ・ラリー
テンプレートを表示

ヤリ=マティ・ラトバラ[1]Jari-Matti Latvala 1985年4月3日- )は、フィンランド出身のラリードライバー。世界ラリー選手権 (WRC) における最年少優勝記録(22歳313日)の保持者。フォードフォルクスワーゲンを経て2017年からトヨタWRCのワークスドライバーとして活躍している。

経歴[編集]

初期の活動[編集]

父、ヤリ・ラトバラは1994年フィンランド国内選手権のグループNクラスチャンピオン。幼少時よりカートを始め、8歳の時に父親からもらったフォード・エスコートを運転している。10歳のときには、オペル・アスコナで凍結した湖の上でラリーの練習を行った[2]

2002年ラリー・グレートブリテンWRCに17歳でデビューし[3]三菱・ランサーエボリューションに乗り17位となった。2003年にはフォードワークスのフォーカスWRCでWRC数戦に出場。アクロポリス・ラリーで10位、ラリー・ドイチュラントで17位、ラリー・フィンランドで14位、ラリー・グレートブリテンで10位となった。[4]2004年にはジュニア世界ラリー選手権 (JWRC) にフォード・フィエスタで参戦するが、マシンの極端な信頼性不足で芳しい成績を出せず、シーズン途中でスズキ・イグニスにマシンを変更。ラリー・フィンランドでクラス4位に入賞した。2005年は9戦に参戦し、最高位は16位。6戦はスバル・インプレッサを、残り3戦はトヨタ・カローラWRCをドライブした。

2006年にはプロダクションカー世界ラリー選手権 (PWRC) にインプレッサで参戦。序盤はミスが重なり、結果を出せなかったが、終盤2連勝を果たしてランキング4位となる。またこの年は、並行してWRC4戦にストバートVKフォードワールドラリーチームのフォード・フォーカスWRCで出場。最終戦ラリー・グレートブリテンで、この年のチーム最高位の4位でフィニッシュした。このシーズンのポイントランキングでは13位となった。

フォード[編集]

ラトバラが運転するフォーカスRS WRC 08ラリージャパンにて。

2007年、ストバートVK Mスポーツフォードから初のWRCフル参戦を開始。シーズン中盤になると時折速さを見せたものの安定感に欠け、上位入賞の機会を逃すこともあった。それでも、この年の第15戦ラリー・アイルランドで自身初の表彰台となる3位を獲得した。

2008年マーカス・グロンホルムの引退を受け、ワークスのBPフォードアブダビワールドラリーチームに昇格した[5]。同年2月10日、スウェディッシュ・ラリーで初優勝を果たし、ヘンリ・トイヴォネンが長年持っていた最年少優勝記録を塗り替えた[6]。その後は速さを見せるもミスが多発し上位入賞を逃しており、この年のターマック2連戦カタルニア、コルシカの2戦のみ、ストバートVK Mスポーツフォードから出場している。

2009年も同じ体制でフォードから出場。ミスは減らずポルトガルでは崖下に転落する大クラッシュを起こしてマシンは大破したが、ラトバラとアンティラは無傷だった。ラリー・サルディニアで2勝目を挙げるが、1-2フィニッシュがほぼ確実と思われていたラリー・ポーランドでは最終SSでミスを喫しまさかのリタイヤに終わった。

2010年シーズンは前年のミスでチームからセカンドドライバーとして戦うこととなった。しかしエースであるミッコ・ヒルボネンがスウェーデン優勝以降不調だったのに対し、ラトバラはニュージーランド、地元フィンランドで優勝しターマックでもヒルボネンを上回る走りを見せた。この年は走りの安定感も向上し、ドライバーズランキング2位を獲得した。

2011年はターマック能力が飛躍的に向上した。ラリー・アルゼンチンで新たに加わったターマックでその片鱗を感じさせていたが、ついにカタルニアのSS11、SS12でセバスチャン・ローブを上回るトップタイムを叩き出す。シーズン終盤ではエースのミッコ・ヒルボネン以上の速さを見せて総合順位でも上位に食い込むが、そのヒルボネンが僅差でセバスチャン・ローブ、セバスチャン・オジェとタイトルを争っていた為、チームオーダーに従い順位を譲る場面が度々見られた。

2012年はミッコ・ヒルボネンのシトロエン移籍を受け、フォードの1stドライバーへ昇格した。スウェーデンで優勝するも、メキシコではクラッシュを喫し最終SSを前にしてリタイアとなった。さらにトレーニング中に鎖骨を骨折しアルゼンチン欠場を余儀なくされた。シーズン後半はタイトルの可能性が残っていたチームメイトペター・ソルベルグのサポート役に回ることとなった。しかしフィンランド以降は再び成績が安定しドイツ、フランス、スペインではターマック自己最高の2位表彰台入賞を果たし、グレートブリテンでは2連覇を達成しランキング3位を獲得した。

フォルクスワーゲン[編集]

2014年ラリー・スウェーデン

2013年は古巣フォードを離れ、この年から新規参戦するフォルクスワーゲンへ移籍した。開幕戦モンテカルロではチームメイトのセバスチャン・オジェが2位表彰台を獲得したが、ラトバラは最終日にクラッシュを喫しリタイアという散々な結果に終わる。しかしスウェーデンでの4位入賞、ポルトガル、アルゼンチンと2戦連続で3位表彰台に立つなど成績を伸ばし、アクロポリスでは移籍後初勝利を飾った。その後は優勝こそなかったがコンスタントに成績を残し、フォルクスワーゲンのマニュファクチャラーズタイトル獲得に貢献した。ランキングでも前年に続き3位となり移籍初年度ながら好成績をマークした。

2014年も引き続きフォルクスワーゲンから参戦。昨年とは違い第2戦スウェーデンで優勝し幸先の良いスタートを切る。その後もチームメイトのオジェと激しいタイトル争いを繰り広げ、フランスでは自身初のターマック優勝を果たした。ドイツでのリタイアが響きタイトルにはあと一歩届かなかったものの、ドライバーズランキングでは4年振りのランキング2位を獲得した。

2015年はポルトガル、フィンランド、コルシカと3勝を挙げるも序盤からの不調が響き、開幕戦から勝ちを重ねたオジェにまたしても敗れランキング2位となった。

2016年はメキシコで勝利を挙げるも、その後は不調で1勝も挙げられず、ランキング6位に終わる。本人は低迷の理由について、オジェのやり方を必死でコピーしようとした結果、自分のドライビングを忘れてしまったと反省している[7]。翌年のレギュレーション変更に対応するポロR WRCの開発にも取り組んでいたが、シーズン終盤にフォルクスワーゲンが突然撤退を表明したためシートを失う。

トヨタ[編集]

2017年の進路が注目されたが、WRCに18年ぶりに復帰するトヨタへ加入した。VWではオジェとの比較やドライビングスタイルの違いに悩まされ、一時はフィンランド国内選手権への転向も考えていたほどメンタルが疲弊していたが、トヨタのチーム代表であり同郷のトミ・マキネンの指導によって回復させることができたという。またラトバラも貴重なデータとフィードバックをトヨタにもたらし、ホモロゲ―ション取得直前のヤリスの強化に大きく貢献した。WRC開幕戦モンテカルロは堅実な走りをみせ、ヤリスWRCのデビュー戦で2位表彰台を獲得。第2戦スウェーデンでは、トップを走行していたティエリー・ヌービルのクラッシュにより首位浮上。最終日はパワーステージを含む全てのSSでトップタイムをマークし、トヨタに復帰後初優勝をもたらした。

人物・エピソード[編集]

国内イベントにて、ラトバラがドライブするカローラWRC(2005年)
  • 憧れは故ヘンリ・トイヴォネン。彼のエスコートを持っている。またトミ・マキネンは、かつてラトバラの父のチームで働いていたメカニックであった[8]
  • ラリードライバーである以前にラリーファン、車ファンであると公言しており、2013年にフィンランドのトゥーリ (Tuuriに、自分がこれまで駆ってきたマシンも飾るミュージアム「JMラリー・パルクフェルメ」をオープンしている[9]。展示されている12台は全て可動状態であり、イベントでラトバラがドライブすることもある。ミュージアムは両親が経営しており、併設のカフェではラトバラの母が入れるコーヒーが飲める。
  • 同郷のユハ・カンクネンがトヨタでチャンピオンになったこともあり、古くからのトヨタファンである。2001年にラリーに初挑戦したときのマシンはカローラGT(AE86)だった。また2003年にWRCデビューしたときのマシンも型落ちのカローラWRCだった[10]。そのためトヨタのワークスドライバーになった時「まるで故郷に帰ってきたかのような気持ちだ」と語っている。前述のミュージアムには自身もドライブしたカローラWRCとカローラ・レビンの他に、セリカST205、ST165のWRCマシンも置いてある[11]。東京メガウェブに訪れた時には、セリカST185のWRCマシンの下に潜り込んでまで写真を撮っていた[12]
  • 温厚な性格とファンサービスの良さに定評があり、とてもファンが多い。2017年ラリー・メキシコでは、ラトバラに会えて泣き出してしまう少女のファンとの出会いを撮した動画が話題を呼び、GAZOOレーシングの公式フェイスブックで65万回再生を記録した[13]。またテレビ朝日の深夜番組『地球の走り方〜世界ラリー応援宣言』の2017年ラリー・イタリア分では、トヨタWRTスタッフの許可を取って近づいたお笑い芸人のブリリアンが、「プレゼントフォーユー」と言って冷えピタを見せると、ラトバラは自ら帽子を取った。ダイキがラトバラの額にそれを貼ると「ヒエピタアリガトウ!」と笑顔で2回言い、貼ったままサービスを出発した。翌日、今度はラトバラの方からブリリアンに近づいて冷えピタを貼ってもらっていた。このラリーで2位表彰台を獲得した後もブリリアンに会い、2人にハグをした。
  • TOYOTA GAZOO RACINGの地上波CMでラトバラの映像が多く使われている[14]。また2017年ラリーGB前にはラトバラのドライブとアニメを融合させたプロモーション動画『VS SAMURAI 羅兎薔薇』が公開された[15]

WRCでの優勝[編集]

 #  ラリー コドライバー 車両
1 スウェーデンの旗 第57回 スウェデッシュ・ラリー 2008年 ミイカ・アンティラ フォード フォーカス RS WRC 07
2 イタリアの旗 第06回 ラリー・サルディニア 2009年 ミイカ・アンティラ フォード フォーカス RS WRC 09
3 ニュージーランドの旗 第40回 ラリー・ニュージーランド 2010年 ミイカ・アンティラ フォード フォーカス RS WRC 09
4 フィンランドの旗 第60回 ラリー・フィンランド 2010年 ミイカ・アンティラ フォード フォーカス RS WRC 09
5 イギリスの旗 第67回 ウェールズ・ラリーGB 2011年 ミイカ・アンティラ フォード フィエスタ RS WRC
6 スウェーデンの旗 第60回 ラリー・スウェーデン 2012年 ミイカ・アンティラ フォード フィエスタ RS WRC
7 イギリスの旗 第68回 ウェールズ・ラリーGB 2012年 ミイカ・アンティラ フォード フィエスタ RS WRC
8 ギリシャの旗 第59回 アクロポリス・ラリー 2013年 ミイカ・アンティラ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC
9 スウェーデンの旗 第62回 ラリー・スウェーデン 2014年 ミイカ・アンティラ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC
10 アルゼンチンの旗 第34回 ラリー・アルゼンティーナ 2014年 ミイカ・アンティラ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC
11 フィンランドの旗 第64回 ラリー・フィンランド 2014年 ミイカ・アンティラ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC
12 フランスの旗 ラリー・ド・フランス - アルザス2014 2014年 ミイカ・アンティラ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC
13 ポルトガルの旗 第49回 ラリー・ド・ポルトガル 2015年 ミイカ・アンティラ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC
14 フィンランドの旗 第65回 ラリー・フィンランド 2015年 ミイカ・アンティラ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC
15 フランスの旗 第58回 ツール・ド・コルス-ラリー・ド・フランス 2015年 ミイカ・アンティラ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC
16 メキシコの旗 第30回 ラリー・メキシコ 2016年 ミイカ・アンティラ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC
17 スウェーデンの旗 第65回 ラリー・スウェーデン 2017年 ミイカ・アンティラ トヨタ・ヤリス WRC

WRC戦績[編集]

所属チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ランキング ポイント
2002年 プライベート 三菱 ランサーエボリューション VI MON SWE FRA ESP CYP ARG GRE KEN FIN GER ITA NZL AUS GBR
17
0
2003年 アメリカ合衆国の旗 フォード フォード フォーカス RS WRC 02 MON SWE TUR NZL ARG GRE
10
CYP GER
17
FIN
14
AUS ITA FRA ESP GBR
10
0
2004年 プライベート フォード プーマ S1600 MON
Ret
0
スバル インプレッサ WRX STI SWE
Ret
MEX NZL CYP GER
27
JPN FRA
21
フォード フィエスタ S1600 GRE
Ret
TUR
Ret
ARG
スズキ イグニス S1600 FIN
Ret
GBR
23
ITA
Ret
ESP
29
三菱 ランサーエボリューション VIII AUS
Ret
2005年 プライベート トヨタ カローラ WRC MON SWE
16
MEX FIN
Ret
0
スバル インプレッサ WRX STI NZL
Ret
ITA
16
CYP TUR GRE ARG
Ret
GER
21
FRA
16
ESP
19
AUS
フォード フォーカス RS WRC GBR
Ret
JPN
2006年 プライベート スバル インプレッサ WRX STI MON
41
SWE MEX
25
GRE
22
JPN
69
CYP TUR AUS
6
NZL
8
13位 9
トヨタ カローラ WRC FIN
17
イギリスの旗 ストバート VK・フォード・ラリーチーム フォード フォーカス RS WRC 04 ESP
16
FRA
Ret
ARG ITA GER
34
フォード フォーカス RS WRC 06 GBR
4
2007年 イギリスの旗 ストバート VK・M-スポーツ・フォード・ラリーチーム フォード フォーカス RS WRC 06 MON
Ret
SWE
Ret
NOR
5
MEX
7
POR
8
ARG
4
ITA
9
GRE
12
FIN
Ret
GER
8
NZL
5
ESP
7
FRA
4
JPN
25
IRE
3
GBR
10
8位 30
2008年 アメリカ合衆国の旗 BP フォード・アブダビ・ワールドラリーチーム フォード フォーカス RS WRC 07 MON
12
SWE
1
MEX
3
ARG
15
JOR
7
ITA
3
GRE
7
TUR
2
FIN
38
4位 58
フォード フォーカス RS WRC 08 GER
9
NZL
Ret
JPN
2
GBR
2
イギリスの旗 ストバート VK・M-スポーツ・フォード・ラリーチーム フォード フォーカス RS WRC 07 ESP
6
FRA
4
2009年 アメリカ合衆国の旗 BP フォード・アブダビ・ワールドラリーチーム フォード フォーカス RS WRC 08 IRE
14
NOR
3
CYP
12
POR
Ret
ARG
6
4位 41
フォード フォーカス RS WRC 09 ITA
1
GRE
3
POL
Ret
FIN
3
AUS
4
ESP
6
GBR
7
2010年 アメリカ合衆国の旗 BP フォード・アブダビ・ワールドラリーチーム フォード フォーカス RS WRC 09 SWE
3
MEX
5
JOR
2
TUR
8
NZL
1
POR
Ret
BUL
6
FIN
1
DEU
4
JPN
3
FRA
4
ESP
4
GBR
3
2位 171
2011年 アメリカ合衆国の旗 フォード・アブダビ・ワールドラリーチーム フォード フィエスタ RS WRC SWE
3
MEX
3
POR
3
JOR
2
ITA
18
ARG
7
GRE
9
FIN
2
DEU
14
AUS
2
FRA
4
ESP
3
GBR
1
4位 172
2012年 アメリカ合衆国の旗 フォード・ワールドラリーチーム フォード フィエスタ RS WRC MON
Ret
SWE
1
MEX
Ret
POR
13
ARG
Inj
GRE
3
NZL
7
FIN
3
DEU
2
GBR
1
FRA
2
ITA
12
ESP
2
3位 154
2013年 ドイツの旗 フォルクスワーゲン・モータースポーツ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC MON
Ret
SWE
4
MEX
16
POR
3
ARG
3
GRE
1
ITA
3
FIN
17
GER
7
AUS
4
FRA
3
ESP
2
GBR
2
3位 162
2014年 ドイツの旗 フォルクスワーゲン・モータースポーツ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC MON
4
SWE
1
MEX
2
POR
14
ARG
1
ITA
3
POL
5
FIN
1
GER
Ret
AUS
2
FRA
1
ESP
2
GBR
8
2位 218
2015年 ドイツの旗 フォルクスワーゲン・モータースポーツ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC MON
2
SWE
Ret
MEX
14
ARG
Ret
POR
1
ITA
6
POL
5
FIN
1
DEU
2
AUS
2
FRA
1
ESP
2
GBR
50
2位 183
2016年 ドイツの旗 フォルクスワーゲン・モータースポーツ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC MON
Ret
SWE
26
MEX
1
ARG
16
POR
6
ITA
2
POL
5
FIN
2
DEU
48
CHN
C
FRA
4
ESP
14
GBR
7
AUS
9
6位 112
2017年 日本の旗 トヨタ・ガズーレーシング WRT トヨタ・ヤリスWRC MON
2
SWE
1
MEX
6
FRA
4
ARG
5
POR
9
ITA
2
POL
20
FIN
21
GER
7
ESP
Ret
GBR
5
AUS 4位* 136*


JWRC戦績[編集]

所属チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 ランキング ポイント
2004年 プライベート フォード プーマ S1600 MON
Ret
13位 5
フォード フィエスタ S1600 GRE
Ret
TUR
Ret
スズキ イグニス S1600 FIN
Ret
GBR
4
ITA
Ret
ESP
9

PWRC戦績[編集]

所属チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 ランキング ポイント
2006年 プライベート スバル インプレッサ WRX STI MON
5
MEX
9
ARG GRE
6
JPN
9
CYP AUS
1
NZL
1
4位 27

脚注[編集]

  1. ^ よりフィンランド語に近い表記ではヤリ゠マッティ・ラトヴァラ
  2. ^ Jari-Matti Latvala, Suomi Archived 2007年9月30日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 母国フィンランドでは18歳にならないとラリーに参戦できない。
  4. ^ RallyBase
  5. ^ Ford confirms line-up.
  6. ^ WRC=スウェディッシュ・ラリー、ラトバラが史上最年少V
  7. ^ “【WRC】昨年を振り返るラトバラ「前は独りで戦っていた、今は違う」”. motorsport.com. (2017年2月4日). https://jp.motorsport.com/wrc/news/wrc-%E6%98%A8%E5%B9%B4%E3%82%92%E6%8C%AF%E3%82%8A%E8%BF%94%E3%82%8B%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%A9-%E5%89%8D%E3%81%AF%E7%8B%AC%E3%82%8A%E3%81%A7%E6%88%A6%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F-%E4%BB%8A%E3%81%AF%E9%81%95%E3%81%86-871133/ 2017年8月29日閲覧。 
  8. ^ PROFILE Jari-Matti Latvala - TOYOTA GAZOO Racing (Youtube)
  9. ^ ラトバラ、初のラリーカー、カローラについて語る - RallyX(2017年2月3日)
  10. ^ トヨタ加入のラトバラ「ここに帰ってきた!」 - Rallyplus.net(2016年12月13日)
  11. ^ [ラリープラス vol.15 2017年10月25日号 三栄書房刊]
  12. ^ テレ朝ポスト 豊田社長もすぐ惚れこんだ トヨタ愛にあふれるWRCドライバーの人柄
  13. ^ 「小さなゲストとの出会い」 - TOYOTA GAZOO Racing (Facebook)
  14. ^ TOYOTA GAZOO RACING WRC 人間が試される篇 30秒
  15. ^ VS SAMURAI 羅兎薔薇

外部リンク[編集]