グループR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グループR (Group R) は、国際自動車連盟 (FIA) が定める、自動車競技に使用する競技車両のカテゴリーの1つである。主にラリーにおいて使用される。

概要[編集]

FIAが発行する国際モータースポーツ競技規則 付則J項(国際競技車両規則)の部門Ⅰ(量産車両)に属し、「ツーリングカーまたは大規模量産プロダクションカー」と定義される。市販車を改造するという点ではグループAグループNと同じだが、改造範囲により大きく複数のレギュレーションに分かれてる点が異なる。

グループRは大別すると二輪駆動のR1・R2・R3、四輪駆動ターボのR4・R5に分けられる。ベース車両は連続する12ヶ月間で2,500台が生産されている4座席の量産車であり、同時にグループAの公認も取得する必要がある。またそれに加えてVR(Varriant Rally、R1A、R1B、....R5まで個別に存在)と呼ばれる、改造についてのグループR独自の公認の取得も求められる。VRもグループA書式で有効な公認=VO(Variants Option)を得ていることが前提である。また各VR公認を得ている部品は、ベース車両に無いものや他社ブランドのものでも使用が可能である[1]

2006年からJWRC(ジュニア世界ラリー選手権)でグループN及びグループAの隙間を埋める形でグループR1〜R3が始まった。そして2011年にはグループN4の発展であるグループR4[2]、2013年にスーパー2000の後継カテゴリとしてグループR5が誕生して現在の形となった。なおR5は構想段階では『R4T』という名称が用いられていた[3]

ちなみに、同じアルファベットで始まるグループRGTが存在するが、これは部門II(レーシングカー)のGTプロダクションカーを規定したものであり、グループRとは別の規定である。またWRC最高クラスのワールドラリーカー(WRカー)のベース車両と改造(WRCキット変型)は、グループRではなくグループAで公認を受ける。

日本では2015年に全日本ラリー選手権にR1〜R3車両が「RR車両」の名でJN5クラスに正式に導入され、加えて2019年にはR5のJN1(旧JN6)クラス参戦も認可された。また2017年に発足した日本スーパーラリーシリーズでは初年度から全てのグループR車両の参戦が可能である。

現行のグループRのクラス区分[編集]

グループ クラス 自然吸気排気量 過給排気量 気筒数 燃料 最低重量 駆動系式 主な該当選手権
R1 R1A 1,390cc以下 927cc以下 6気筒以下 ガソリン 980kg 2WD JWRC(ワンメイク)
APRC3
ERC3
JRC(JN2)
R1B 1,390cc超
1,600cc以下
927cc超
1,067cc以下
1,030kg
R2 R2B 1,030kg
R2C 1,600cc超
2,000cc以下
1067cc超
1,333cc以下
1,080kg
R3 R3C 1,080kg
R3D 過給のみ 2,000cc以下 ディーゼル 1,150kg
R3T 1,620cc以下 4気筒以下 ガソリン 1,080kg
R4 2,000cc以上 無制限 1,300kg 4WD APRC
JRS
(R4キットカー) 1,600cc 4気筒 1,230kg
R5 WRC2/WRC2プロ
APRC
ERC
JRC(JN1)
JSR

グループR1[編集]

グループRのエントリークラス。安全装備以外はほぼ無改造である。WRCでは地元プライベーター以外が使うことは極めて稀である。

R1公認車両[編集]

グループR2/R3[編集]

シトロエン・C2 R2(2015年)
アバルト・500 R3T(2011年)

グループRにおける二輪駆動車のメイン。R2とR3は技術的にかなり近く、特にR2CとR3Cはほとんどの部分で規則を共通する。参戦クラスも区別されないことがほとんどである。なおR1・R2・R3はいずれもロータリーエンジン車の採用が可能である。また後輪駆動車は2019年現在までトヨタ・86 CS-R3のみとなっている。

WRC3を主戦場としていたが、2019年に同クラスが廃止されて以降はJWRCにワンメイク供給されるフォード・フィエスタR2以外は、R1同様地元プライベーターの使用がメインとなる。

R2公認車両[編集]

R3公認車車両[編集]

R4[編集]

2012年にグループNスーパー2000の戦闘力の差を埋めるために誕生した規定で、2013年までのグループN4ホモロゲーション取得車両をベースに改造を施す。従来のグループNとは異なり、変型(VO・VR)のための追加生産は必要としない。しかし実際には戦闘力の上昇は1キロあたり0.3秒程度に留まり、N4とR4を区別する必要も無くなったことから、両者はR4に統合された[4]。これにより従来のR4は「VR4」、N4は「グループNR4」の名称で区別される[5]。また2015年以降VR4は欧州イベントでの参戦を不可とされた(ただしFIAが主催していない地域ラリーやASN車両枠なら参戦可能)。

R4公認車両[編集]

R4キットカー[編集]

オレカの供給する共通コンポーネント(エンジン、駆動系、サスペンション)をグループA公認取得車に組み込むもので、地域選手権においてR5とR1~R3の隙間を埋めるという立場的な意味では従来のR4と近いが、技術的にはR4とは全くの別物である。また他のグループR車両は基本的にメーカーが開発・公認を受けるのに対し、R4キットカーはプライベーターが独自に開発を行う点が異なる。2018年から発売された。

R4キットで開発された車両[編集]

R5[編集]

スーパー2000に代わり2013年に誕生した規定で、WRカーに次ぐ戦闘力を持ったグループR最強のマシン。グループR4の衰退により、各国ラリーで最高峰マシンとして採用される例が増えている。またWRC2でもワークスチームの参入が相次ぎ、WRC2プロクラスの創設にまで至っている。

FIA技術規則(J項)にはR5車両の排気量に関する記述は一切無いが、WRC公式サイトでは1.6リッターとされており、事実それ以外の排気量のR5マシンは存在しない。なおWRカーのレース専用エンジン規格『GRE』と同じ排気量であるが、R5の場合は同一グループ内の市販車に由来するエンジンを用いることが義務付けられている。

R5公認車両[編集]

地域選手権限定で公認を受けたR5車両[編集]

2014年までのクラス区分[編集]

グループ クラス 排気量 最大気筒数 エンジン型式 燃料 最低重量 駆動系式 該当選手権
R1 R1A 1,400cc以下1 6気筒 自然吸気 ガソリン 980kg 2WD WRC3
JWRC
R1B 1,400cc超
1,600cc以下2
1,030kg
R1T 1,400cc以下 ターボ TBA
R2 R2B 1,400cc超
1,600cc以下2
自然吸気 1,030kg
R2C 1,600cc超
2,000cc以下
1,080kg
R3 R3C 1,600cc超
2,000cc以下
1,080kg
R3D 2,000cc以下 ターボ ディーゼル 1,150kg
R3T 1,620cc以下 4気筒 ガソリン 1,080 kg
R4 2,000cc以上 無制限 1,300kg 4WD WRC2
R5 1,400cc超
1,600cc以下
4気筒 1,200kg

注釈:


脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]