ヒュンダイ・i20

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヒュンダイ・i20
Hyundai i20 front.JPG
Hyundai i20 rear.JPG
ボディタイプ ハッチバック
エンジン 直4 1.2L、1.4L、1.4L CRDi
駆動方式 FF
変速機 5MT、4AT
全長 3,940mm
全幅 1,710mm
全高 1,505mm
ホイールベース 2,525mm
-自動車のスペック表-

i20とは、韓国現代自動車の欧州Bセグメント級のサブコンパクトカーである。1セグメント下のi10同様、インドチェンナイ工場で生産が行われ、欧州市場などに輸出される。[1]従来のゲッツ/クリック(日本名:TB)に代わる車種であるが、韓国市場ではi20の販売が行われないため、アクセントがヒュンダイのエントリーモデルとなる。また、インド市場では従来のゲッツも併売される。

日本市場には2009年内にも導入されると報じられたが[2]、乗用車販売からの撤退[3]によりその可能性は消滅している。

歴史[編集]

初代(PB型、2008年-)[編集]

ボディタイプは3ドアおよび5ドアハッチバックの2種類。2008年10月パリモーターショーにて5ドアが、翌2009年3月ジュネーヴモーターショーで3ドアがそれぞれ世界初公開された。インドでは2008年12月29日に発売が開始された。[1]

キア・ソウルとプラットフォームを共有する。エンジンは1.2L 57kW/77PS、1.4L 74kW/99PS、1.4Lディーゼル(55kW/74PSと66kW/89PS)の4種類で、トランスミッションは5MTと4ATが用意される。

ユーロNCAPでは5つ星を獲得している。[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]