ギュミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ギュミルGymir)は、北欧神話に登場する豊穣フレイの妻ゲルズの父の名である[1]。名前は「海」を意味している[2]

解説[編集]

スノッリ・ストゥルルソンの『散文のエッダ』第1部『ギュルヴィたぶらかし』37章で、妻は山の巨人アウルボザだと説明されている[3]

ゲルズが語るところでは、黄金を多量に持つ資産家であり、また相手とすぐ斬り合いを始める性格だという[4]。ゲルズの部屋の前に獰猛な番犬を繋いでいる[5]ことから、娘を溺愛しているのが伺える。

一方で、『詩のエッダ』の『ロキの口論』には、アース神族のために酒宴を催す海神エーギルが「別名ギュミルとも呼ばれるエーギル」と書かれている[6]。二人は同一視されることもあるようである[注釈 1]。しかし、『ロキの口論』第42節では、舞台となる広間にエーギルがいながら、ロキがフレイに向かって「ギュミルの娘」という言い方をしており[7]、この節の「ギュミル」がエーギルを指しゲルズの父はそこにいるエーギル(別名ギュミル)だと言っているどうかははっきりしていない。

ギュミルの名前は「海」のケニングとしても用いられることがある。『散文のエッダ』第2部『詩語法』では、「」のケニングとして、詩人レヴによる詩の「ギュミルの冷たき巫女」という表現を紹介している[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 英語版など外国語版Wikipediaの中には、ギュミルをエーギルの項でまとめて説明したものもある。

出典[編集]

  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』63頁
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』67頁。
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』253頁。
  4. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』65頁。
  5. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』64頁。
  6. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』80頁。
  7. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』84頁。
  8. ^ 『「詩語法」訳注』35、98-99頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]