オッペン化粧品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オッペン化粧品株式会社
OPPEN COSMETICS Co.,Ltd.
Oppen.JPG
本社ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 オッペン
本社所在地 日本の旗 日本
565-8501
大阪府吹田市岸部南2-17-1
設立 1957年11月6日
業種 化学
事業内容 化粧品・医薬部外品・健康食品の製造及び販売、宝石・貴金属及び呉服の展示販売、化粧用具・販促商品等の販売・衣料品及び装身品の販売 他
代表者 代表取締役社長 瀧川照章
資本金 300百万円
売上高 81億6千5百万円(2013年現在)
従業員数 229名(2013年10月現在)
支店舗数 支店案内参照
関係する人物 山下一明(創業者)
外部リンク https://www.oppen.co.jp/
特記事項:創業は1953年(昭和28年)9月18日
テンプレートを表示

オッペン化粧品株式会社(オッペンけしょうひん)は大阪府吹田市岸部南に本社を置く、化粧品(スキンケア・メークアップ・ヘア&ボディケア)・健康食品などの製造・販売をおこなう企業である。企業名の「オッペン」は、「オープン」とドイツ語の「オペ(手術)」を組み合わせた商標である。

会社概要[編集]

関西地方を地盤とする化粧品メーカーの一社。訪問販売系の化粧品メーカーの中では古参の部類に入る企業の一つとして知られる。近年は化粧品のみならず、医薬部外品健康食品などのウェートが高くなっている。

近年はなくなったが、かつては朝日放送制作により、現在もテレビ朝日系で日曜昼に放送中の「新婚さんいらっしゃい!」に代表されるように、多数のスポンサー番組を持っていたことで知られる。

その他、本社内にオッペン・エステティックアカデミーを持ち、現在では大都市に多く見られるエステティック・サロンの走りとなる企業としても知られ、1980年代には六本木ロアビル内にエステティック・サロン(世間でまだエステティックという言葉が出回る前の時代)のゴールデン・ドアを開設していたこともある。

現在のロゴ1993年から使用している。それまでは特徴的な書体のロゴ及び放射型(いわゆるウニのような形)の社章を使用していた。なお、2010年8月13日-15日京セラドーム大阪で行われた阪神ヤクルトの試合でバックネットに掲出した広告は旧ロゴのものであった。

略歴[編集]

CMに起用された芸能人[編集]

スポンサー番組[編集]

現在[編集]

  • 1996年3月末に『月曜ドラマスペシャル』(TBS)のスポンサーを降板して以後、所謂「ご覧のスポンサー」としての全国ネットのテレビ提供は行っていない。

過去[編集]

全国ネット
ローカル

ネオンサイン[編集]

北海道札幌市の大通公園。写真左下の丸井今井札幌本店大通館隣にある「都心ビル」の屋上部にオッペンのネオンサイン看板が設置されていた。(2004年2月撮影)

かつては主要都市の中心街にネオンサインを設置していた。1993年にロゴタイプが変わった事や、同社を取り巻く環境が激変したこともあり、その数は激減すると共に、現在は香川県綾歌郡にあるJR四国予讃線宇多津駅近郊や石川県金沢市金沢駅から5分の所にある近郊ビルに設置されたネオンサインのみが稼動している。

かつてあった主な設置場所[編集]

その他[編集]

  • 「妙」(たえ)基礎化粧品
    1983年に発売されたスキンケア用化粧品。品目ごとに品名が異なっており(例として化粧水「恵雨(けいう)」、乳液「露芽(ろが)」など)、パッケージは金文字で表記された行書体の品名と植物の絵柄が特徴。現在も9品目が発売されているロングセラー商品である。
  • メンズジャパン
    1980年代中期に発売された男性用化粧品。訪販系の化粧品メーカーが男性用化粧品を発売するのは珍しく[1]当時CMが製作されるなど話題になったが、訪販というのが仇になったことや、ロードス、タクティクス、アウスレーゼなどをラインナップしている資生堂、エロイカ、バルカンをラインナップしているカネボウ、そしてルシード、ギャツビーなどのブランドを持ち、男性用化粧品に強いマンダムの前に歯が立たず、販売不振により数年で撤退を余儀なくされている。
  • オッペンローズシャトー
    1977年豊中市に開設された薔薇の庭園をモチーフにしたテーマパーク。1999年11月をもって、閉鎖されている。現在、吹田市の本社内にある「オッペン・エステティックアカデミー」もこのローズシャトーの敷地内にあった。第5回大阪施設緑化賞(みどりの景観賞)優秀賞を受賞している。
  • ハッピーヘルツ
    2010年7月8日に設立したハッピーヘルツ。オッペンの100%子会社として、「通販事業」「保険事業」「イベント事業」「SP事業」がある。長寿生活のサイトを同社が運営している。
  • マリオジェラテリア
    1998年に開業したイタリアンジェラート専門店。2006年11月1日付でレストランの開発・運営・プロデュースを手掛けるスティルフーズより事業譲渡された。2012年2月21日に、オッペンの子会社として株式会社フェディーを設立。同社が運営している。

脚注[編集]

  1. ^ 過去に訪販系化粧品メーカーでも、1970年代メナードから「アダムス」、ポーラから「ギャラントム」などの男性用シリーズ化粧品が発売されているが、こちらはラインナップを縮小した上で現在も販売が続けられている。

外部リンク[編集]