イバン・ピリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はピリス第二姓(母方の)はレギサモンです。
イバン・ピリス Football pictogram.svg
Iván Rodrigo Piris.jpg
2011年のピリス
名前
本名 イバン・ロドリゴ・ピリス・レギサモン
Iván Rodrigo Piris Leguizamón
ラテン文字 Iván PIRIS
基本情報
国籍 パラグアイの旗 パラグアイ
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1989-03-10) 1989年3月10日(29歳)
出身地 イタグア英語版
身長 174cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム アルゼンチンの旗 ニューウェルズ・オールドボーイズ
ポジション DF (RSB, CB)
利き足 右足
ユース
パラグアイの旗 ラス・アギラス・ベルデス
パラグアイの旗 11エストレージャス
パラグアイの旗 セロ・ポルテーニョ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2011 パラグアイの旗 セロ・ポルテーニョ 52 (0)
2011-2015 ウルグアイの旗 デポルティーボ・マルドナド 0 (0)
2011-2012 ブラジルの旗 サンパウロ (loan) 36 (1)
2012-2013 イタリアの旗 ローマ (loan) 29 (0)
2013-2014 ポルトガルの旗 スポルティングCP (loan) 6 (0)
2014-2015 イタリアの旗 ウディネーゼ (loan) 31 (0)
2015-2016 イタリアの旗 ウディネーゼ 27 (0)
2016-2018 メキシコの旗 モンテレイ 31 (0)
2017-2018 メキシコの旗 クラブ・レオン (loan) 13 (0)
2018- アルゼンチンの旗 ニューウェルズ・オールドボーイズ
代表歴2
2007-2009 パラグアイの旗 パラグアイ U-20 15 (0)
2011- パラグアイの旗 パラグアイ 31 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年4月29日現在。
2. 2015年11月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

イバン・ロドリゴ・ピリス・レギサモンIván Rodrigo Piris Leguizamón, 1989年3月10日 - )は、パラグアイ中央県イタグア出身の同国代表サッカー選手ニューウェルズ・オールドボーイズ所属。ポジションはDF

経歴[編集]

セロ・ポルテーニョ[編集]

6歳の時にラス・アギラス・ベルデスでキャリアを始めると、地元クラブである11エストレージャスへ加入。その後、リーガ・パラグアージャセロ・ポルテーニョの下部組織に入団し、2008年10月19日のドセ・デ・オクトゥブレ戦でデビューした。同年にテレデポルテススペイン語版のウェブサイト投票でリーグのニューカマーに選ばれた。

2011年コパ・リベルタドーレスCSDコロコロ戦でプロ初ゴールを決めるなど準決勝進出に貢献した。同大会における活躍によりマンチェスター・ユナイテッドFCボカ・ジュニアーズ[1]トッテナム・ホットスパーFCSLベンフィカFCポルトボローニャFCウディネーゼ・カルチョが関心を寄せたが[2]、最終的にブラジルの名門サンパウロFCに移籍金300万ユーロで加入した[2]。(実際はイングランドの投資グループがピリスの保有権を300万ドル(470万ユーロ)で買い取ってサンパウロに2年間譲渡するという形で移籍がまとまった[3]。)

サンパウロ[編集]

7月15日に契約を交わしコパ・アメリカ2011終了後にチームメイトと合流すると発表した後、サンパウロの副会長は「ピリスは多くのポテンシャルを持つ若い選手だ。彼の加入は、間違いなく我々のチームのクオリティを上げるだろう」とクラブ公式HPに喜びを語った[2]CRヴァスコ・ダ・ガマ戦でデビューをし2-0で勝利するが、2試合目のECバイーア戦でボールのない所で相手を後ろから倒したためレッドカードを提示された。アウェーのセアラーSC戦で移籍後初ゴールを決めた。

ローマ[編集]

2012年7月にセビージャFCへのレンタル移籍目前と報道されていたが[4]、8月1日に買取オプション付きのレンタル料金70万ユーロでイタリアASローマにサンパウロ(保有権はウルグアイデポルティーボ・マルドナド)からレンタル移籍した。また、買い取る際には430万ユーロが発生する[5][6]。シーズンを通してレギュラーとしてプレーしリーグ戦29試合に出場したがオプションは行使されなかった。翌シーズンはスポルティングCPへのローンとなったが、リーグ戦では6試合の出場に留まった[7]

ウディネーゼ[編集]

2014年8月4日、ウディネーゼ・カルチョへローンで加入しイタリアへ復帰[8]アンドレア・ストラマッチョーニ監督の信頼を勝ち取り、リーグ戦31試合に出場する。シーズン終了後に買い取りオプションが行使された[9]

メキシコ時代[編集]

2016年7月14日、リーガMXCFモンテレイへ移籍することが発表された[10]。2017-18シーズンは、同リーグのクラブ・レオンへローンで加入した[11]

代表[編集]

U-20代表時代は2009 南米ユース選手権で準優勝し、2009 FIFA U-20ワールドカップに4試合出場。A代表歴はなかったもののコパ・アメリカ2011のメンバーに選ばれ、7月3日のエクアドル戦でパラグアイ代表デビューをし[12]、準決勝のベネズエラ[13]と決勝のウルグアイ[14]に出場した。

タイトル[編集]

セロ・ポルテーニョ

脚注[編集]

  1. ^ Man Utd tracking Paraguay pair Piris, Estigarribia
  2. ^ a b c Cerro Porteno's Ivan Piris joins Sao Paulo
  3. ^ São Paulo confirma a contratação do lateral-direito Piris, do Cerro Porteño
  4. ^ セビージャ、サンパウロDF獲得に迫る
  5. ^ ローマがバルザレッティ獲得を発表
  6. ^ "IVAN RODRIGO PIRIS Operazioni di mercato"
  7. ^ OFICIAL: Sporting garante Ivan Piris (ex-Roma)”. Maisfutebol.lol.pt (2013年9月3日). 2018年1月9日閲覧。
  8. ^ ウディネーゼ、元ローマのパラグアイ代表DF獲得”. Goal.com (2014年8月5日). 2018年1月9日閲覧。
  9. ^ ウディネーゼ、買取OPを行使してピリスを完全移籍で獲得”. 超ワールドサッカー (2015年7月18日). 2018年1月9日閲覧。
  10. ^ Calciomercato Udinese, ufficiale Piris al Monterrey”. Corriere dello Sport (2016年7月14日). 2018年1月9日閲覧。
  11. ^ Iván Piris: "La decisión de venir a León, fue la confianza que me van a dar aquí"”. Marca.com (2017年6月22日). 2018年1月9日閲覧。
  12. ^ Paraguay 0-0 Ecuador
  13. ^ Paraguay v Venezuela Retrieved 03 August 2011
  14. ^ Paraguay v Uruguay Retrieved 03 August 2011

外部リンク[編集]