アメリカンショートヘア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アメリカンショートヘア
シルバータビーのアメリカンショートヘア
原産国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
起源 自然発生種
体形 セミコビー
平均体重  3-6kg  3-5kg 
被毛 短毛
各団体による猫種のスタンダード
CFA スタンダード
TICA スタンダード
ACFA スタンダード
CCA スタンダード

アメリカンショートヘア英語: American Shorthair)は、ネコの品種のひとつ。

17世紀にイギリスからアメリカに渡った移民たちの船にネズミ捕りのため乗っていたネコの子孫とされる[1]。しつけのし易さから日本でも1990年代後半頃より流行し始め、現在ではごく一般的な猫種として定着した。「アメショ」「アメショー」という略称で呼ばれることも多い。

身体的特徴[編集]

比較的大きな頭部で、頬が張っておりマズルは四角い。上側はアーモンド型、下側は丸型の大きな目を持つ。耳の先端はやや丸みを帯び、両耳の間隔は離れ気味である[2]

長さ・太さとも中程度のがっしりとした四肢で、ボウ(足先)は丸い[2]。尾は胴体に比して長くも短くもなく、付け根あたりは太い[2]

密生した硬めで厚い被毛で、暑さや寒さへの適応性も高い[2]。シルバータビーがよく知られるが、別色のタビーやソリッド、ホワイトなど80以上ものパターンがみられる[3]

同系のブリティッシュショートヘア種より体重が軽いのが特徴。ただし、容易に太る傾向があるため、健康管理に注意を払う必要がある。

個体として完全に成長するのは3 - 4歳頃だと考えられている。オスはメスよりも大きく、メスのあごはしっかりしている[要出典]

平均寿命は12年 - 13年。

14歳の個体

性格[編集]

ウサギと一緒

陽気で賢く好奇心旺盛[4]。遊び好きで、同居人(も含む)と仲良く暮らすことが可能。狩りが得意だが、明るく優しい気質で、小さい子供の遊び相手にもなれる。

ネズミやヘビといった害獣駆除を目的に飼育されてきた歴史から運動能力が高く、活発に動き、食事量も多い[5]

歴史[編集]

10世紀ローマ人がヨーロピアンショートヘアをイギリスに持ち込みブリティッシュショートヘアへ名称変更、アメリカに持ち込まれ、1906年に猫種登録された際には「ドメスティックショートヘア」であったが[1]、1966年に「アメリカンショートヘア」として品種が確立した[6]

ギャラリー[編集]

脚注 [編集]

  1. ^ a b まるごとわかる猫種大図鑑, p. 38.
  2. ^ a b c d まるごとわかる猫種大図鑑, pp. 36–37.
  3. ^ まるごとわかる猫種大図鑑, p. 41.
  4. ^ アメリカン・ショートヘア - ペット図鑑 - ウェイバックマシン(2013年7月29日アーカイブ分)Asahi Shimbun Digital(2013年7月29日)
  5. ^ まるごとわかる猫種大図鑑, pp. 36–38.
  6. ^ 新星出版社「世界の猫図鑑」[要ページ番号]

参考文献[編集]

  • 早田由貴子『決定版 まるごとわかる猫種大図鑑』Gakken〈Gakken Pet Books〉、2023年4月6日。ISBN 978-4-05-802011-1 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、アメリカンショートヘアに関するカテゴリがあります。