アメリカン・ショートヘア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカン・ショートヘア
Americanshorthair.JPG
原産国 ヨーロッパから北米に伝来
各団体による猫種のスタンダード
CFA スタンダード
TICA スタンダード
AACE スタンダード
ACFA スタンダード
CCA スタンダード

アメリカン・ショートヘア(American Shorthair)は、の品種。17世紀にメイフラワー号アメリカに上陸したネコの子孫とされる。

身体的特徴[ソースを編集]

運動能力の高い、大きな脚を持つ中型の猫である。の部分はほぼ四角い形をしており、寒さ、湿気、および表皮負傷からそれらを保護するために硬い毛皮を持つ。毛皮は冬に厚く、春に薄くなる。いずれも同系のブリティッシュショートヘア種より体重が軽いのが特徴。ただし、容易に太り過ぎる傾向があるため、健康管理に注意を払う必要がある。

個体として完全に成長するのは3-4歳頃だと考えられている。オスはメスよりも大きく、メスのあごはしっかりしている。

日本で一般的なシルバークラシックタビー以外にも、非常に多彩な色(クリーム色茶色縞模様など)のバリエーションがある。、手足の肉球、および鼻の色は身体の色にマッチしている。尻尾は先細り。毛の手入れはさほど必要なく、毛が生え変わる季節に定期的なブラッシングをするだけで、問題なく毛玉の形成を防ぐ事ができる。

性格[ソースを編集]

陽気で賢く好奇心旺盛[1]。遊び好きで、同居人(も含む)と仲良く暮らすことが可能。狩りが得意だが、明るく優しい気質で、小さい子供の遊び相手にもなれる。その飼いやすさから日本でも1990年代後半頃より流行し始め、現在ではごく一般的な猫の品種として定着した。『アメショー』という略称で呼ばれることも多い。

歴史[ソースを編集]

10世紀ローマ人がヨーロピアンショートヘアをイギリスに持ち込みブリティッシュショートヘアへ名称変更、1620年メイフラワー号によりアメリカ上陸後はドメスティックショートヘアへ名称変更、1966年にアメリカンショートヘアとなった[2]

脚注 [ソースを編集]

  1. ^ アメリカン・ショートヘア - ペット図鑑 Asahi Shimbun Digital[and] 2013年7月29日
  2. ^ 新星出版社「世界の猫図鑑」