鳥之石楠船神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アメノトリフネから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
神産み神話(イザナギ・イザナミが生んだ神々) SVGで表示(対応ブラウザのみ)

鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)は、日本神話に登場するであり、また、神が乗るの名前である。別名を天鳥船神(あめのとりふねのかみ)、天鳥船(あめのとりふね)という[1]

神話での記述[編集]

神産みの段でイザナギイザナミの間に産まれた神である。『古事記』の葦原中国平定の段では、天鳥船神が建御雷神の副使として葦原中国に派遣され[2]事代主神の意見をきくために使者として遣わされた。しかし『日本書紀』の同段では天鳥船神は登場せず、事代主神に派遣されたのも稲背脛という別の者になっている。稲背脛は「熊野諸手船、またの名を天[合+鳥]船」という船に乗っていったというが、『古事記』では天鳥船神が使者となっている。また熊野諸手船は美保神社の諸手船神事の元である。

これとは別に、『日本書紀』の神産みの段本文で、イザナギ・イザナミが産んだ蛭児を鳥磐櫲樟船(とりのいわくすふね)に乗せて流したとの記述があるが、『古事記』では蛭子が乗って行ったのは鳥之石楠船神ではなく葦船(あしぶね)である。

考証[編集]

国譲りの使者は各史料によって建御雷神、経津主神、鳥之石楠船神、稲背脛、天夷鳥命のいずれかから二柱が伴って派遣されるが、建御雷神を除くこれらは皆同一神の別名を伝えたものと考えられる。経津主神、鳥之石楠船神、稲背脛、天夷鳥命は祭祀氏族が共通し、その神名、事績からも製鉄・鳥トーテムに縁のある天孫族系の神であったと考えられ、『神道大辞典』においても出雲国造の祖と鳥之石楠船神を同一視する説を唱えている。また、これに従えば『古事記』、『日本書紀』における記述の違いは、使者の主・従関係の違いだけにとどまり、ほとんど同じ内容を伝えていたこととなる [3]

祀る神社[編集]

鳥之石楠船神を祀る神社は少ない。鳥之石楠船神(天鳥船神)を祀る神社には、神崎神社千葉県香取郡神崎町)、隅田川神社東京都墨田区)、石船神社茨城県東茨城郡城里町)、大鷲神社神奈川県横浜市南区)、鳥船神社埼玉県所沢市)などがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 武田 (1996), pp. 26, 212.
  2. ^ 武田 (1996), pp. 60, 244.
  3. ^ 宝賀寿男天鳥船神の実体─ 香取神たる経津主神に関連して ─」『古樹紀之房間』、2007年。

参考文献[編集]

  • 武田祐吉編 『新訂古事記』、中村啓信 (補訂・解説) 角川、1996年 [1977年]。