いこい (静岡鉄道管理局)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄12系客車 > いこい (静岡鉄道管理局)

いこいは、日本国有鉄道(国鉄)・東海旅客鉄道(JR東海)が1982年(昭和57年)から1997年(平成9年)まで保有していた鉄道車両(和式客車)で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種である。

概要[編集]

スロフ12 812
1987年4月 京都駅

国鉄静岡鉄道管理局が1982年に落成させた、車内を敷きにした和式客車(お座敷列車)である。6両編成の全車が12系客車より改造されており、両端の車両はスロフ12形800番台、中間の車両はオロ12形800番台である。改造は名古屋工場が担当した。

各車の構造は、先行する東京北鉄道管理局のお座敷列車(後の「なごやか」)に準じているが、中間車の冷房装置が1個撤去され、休憩室の側窓が幅の狭いユニットサッシのままである点が異なる。

各車の愛称は、静岡局管内の河川名から採られている。全車両がグリーン車扱いである。

  • 1号車 スロフ12 811「豊川」定員44人(スハフ12 19)
  • 2号車 オロ12 821「天竜川」定員46人(オハ12 66)
  • 3号車 オロ12 822「大井川」定員46人(オハ12 67)
  • 4号車 オロ12 823「安倍川」定員46人(オハ12 185)
  • 5号車 オロ12 824「富士川」定員46人(オハ12 187)
  • 6号車 スロフ12 812「狩野川」定員44人(スハフ12 20)

沿革[編集]

当初は沼津機関区に配置されていたが、同区の廃止に伴い名古屋車両区に転属し、沼津に常駐する形に変更された。当初の所属区所から「ヌマ座」または「旧ヌマ座」と呼ばれていた。主に静岡地区の団体臨時列車に運用された。