NMRパイプテクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

NMRパイプテクター(えぬえむあーるパイプテクター)は、日本システム企画株式会社が平成7年[1]から発売している装置である。核磁気共鳴 (NMR) とは関係ない(#明治大学 参照)。関連して「謎水事件」[2]「謎水装置」[3]という用語が用いられることがあるが、日本システム企画はこれらの用語を営業妨害を目的としてネット上で多用されている誹謗中傷用語だと主張している[4]

本頁では、必要に応じてNMRパイプテクターをNMR[注釈 1]と略記すると共に、日本システム企画についても解説を行う。

効能についての主張と科学的根拠[編集]

日本システム企画は、NMRパイプテクターに以下の効能があると主張している[4]

  • 給水管を40年以上延命させる
  • 赤錆を黒サビに変化させる

市場評価[編集]

2010年7月、NPO法人福岡県マンション管理組合連合会の「県福管連ニュース マンションコミュニティ」2010年夏号に本商品の評価記事が掲載された[5]。2013年3月、ウィッティントン病院(英国国民保健サービス, NHS)より本商品に関する公式文書が出された[6]。2014年10月、イギリスのロイヤルガーデンホテル・ロンドンより本商品に関する報告文書が出された[7]。2014年11月、イギリスのロンドン市より本商品に関する公式文書が出された[8]。2019年8月、スコットランド王立銀行より本商品に関する報告文書が出された[9]

学術研究[編集]

2003年11月21日、大阪大学で開かれた第13回アジア・太平洋防錆学会国際会議で本商品に関する論文が提出された[10]。2005年11月、社団法人 日本防錆技術協会の機関誌「防錆管理」Vol.49 No.10 2005に本商品に関する論文が掲載された[11]。2010年7月18日、デンマークで開かれた世界臨床薬理学学会 (World Pharma 2010)で本商品に関する研究発表が行われた[12]。2013年10月23~25日に行われた公益社団法人 日本水道協会の水道研究発表会で本商品に関する論文が発表された[13]。2013年12月14日、お茶の水女子大学で開催された第24回マイクロダイアリシス研究会で本商品に関する研究発表が行われた[14]。2018年7月1〜6日、京都大学で開催された第18回 国際薬理学・臨床薬理学会議(WCP2018)で本商品に関する研究発表が行われた[15]

測定方法[編集]

主要な水道管についての効果は「閉塞率」で数値化するとされる。 「閉塞率」は水道管内にファイバースコープを挿入しデジタルカメラで撮影した後、画像をプリントアウトし、目視で境界線を引いてプラニメータで算出する[16]。その後、1年後にも同様の方法で「閉塞率」を算出し、閉塞率の単純比較によって効果が実現したかどうかを決定するとされる。

しかし、この測定方法では、ファイバースコープが管内に固定できないため、1年後に同じ位置で撮影することができず、定点観測ができない[16]。加えて、水平断面ではなく魚眼レンズを使用したファイバースコープを用いるため、撮影された映像と実体とに大幅な乖離が生じる可能性が否定できない。

また、赤錆量の比較によって効果の判定を行なった場合がある[17][18]。このように、計測方法が異なることがあるため、異なる事例で効果の単純比較を行うことはできない。

水中の鉄イオン[編集]

工場給水、空調配水管では水中の鉄イオンの量の変化で本商品の効果を確認する方法が取られている [19] [20]

効果測定期間[編集]

効果測定の期間は測定方法により異なる。詳細は下記の通り。

  • 採水による測定:水中の赤錆量(鉄分値)を測定する場合、期間は1ヵ月程度。対象は、給水管・空調管・冷却管[21]
  • フィルターによる測定:蛇口のフィルターに付着する赤錆量を測定する場合、期間は2ヵ月程度。対象は給水管・給湯管[22]
  • 黒錆の質量分析による測定:赤錆中の黒錆量測定する場合、期間は6ヵ月~1年程度。対象は空調管・冷却管[23]
  • 内視鏡による測定:赤錆閉塞率を測定する場合、期間は1年程度。対象は給水管[24]

日本システム企画[編集]

日本システム企画株式会社
種類 株式会社
略称 jspkk
本社所在地 日本の旗 日本
151-0073
東京都渋谷区笹塚2-21-12
法人番号 8011001017719
代表者 熊野活行
テンプレートを表示

日本システム企画株式会社(にほんシステムきかく)は、1988年創業[16]東京都渋谷区に本社を構えるNMRパイプテクターを開発・販売する企業である。「流体活性化装置」として特許3952477号を保有する[25]が、同特許は製造方法についての特許である[16]

ネット総会屋対策協議会[編集]

日本システム企画は、「ネット総会屋対策協議会」なるサイトと関連性があると指摘されている[26]。「ネット総会屋対策協議会」は、山本一郎についてネット総会屋だと批判するとともに、山本一郎の行動について列挙している[27]。加えて、日本システム企画は、山本一郎から営業妨害を受けていると主張している。さらに、暗黒通信団と山本一郎が関係あると主張し、「取締が実施できるよう世論の力を期待」するとしている[28]。暗黒通信団はこのサイトについてコメントを発表していない。

暗黒通信団[編集]

暗黒通信団の団員[29]の一部が本商品への批判を行っており、天羽優子は田村淳の訊きたい放題!への出演[30]や横浜水道局による本商品の検証結果についての言及[31]などを行っている。同じく団員の謎水は、明治大学による本商品の評定作成[32]や、論座の中で本商品の広告を採用した都営地下鉄を訴えるなどの活動を行った事を話している[33]。また、団員であり理科の探検の編集長である左巻健男は、同誌に小波秀雄執筆の本商品についての批判記事を掲載した[34]

外部露出[編集]

メディア[編集]

2002年7月13日の全私学新聞に日本大学工学部で実施した本商品の効果試験結果の記事が掲載された[35]

2003年12月3日に日刊工業新聞で本商品に関する論文発表の記事が掲載された[36]

2008年6月27日にフジサンケイビジネスアイで本商品に関係する記事が掲載された[37]

2009年秋号に「文教施設」に東京理科大学及び日本赤十字社で実施された本商品の試験結果の記事が掲載された[38]

2013年5月25日に東京新聞において、英王室信頼の透明度としてNMR[注釈 1]の記事が掲載された[39]

2019年5月24日に産経新聞で本商品と製造会社の記事が掲載された[40]

2019年10月5日には「朝日新聞」が運営する論座において、「『バッキンガム宮殿採用』装置にダメ出し続々」と銘打ち取り上げられた[41]。その後、2020年7月7日付で一部内容を訂正した[42]。しかし、2020年11月3日、記事内容について「誤りや状況の変化があった」として同記事が取り下げられた[42]また、「週刊新潮」2020年9月24日号でも『自治体が続々採用 防錆装置にインチキの声』という題で、浦安市で導入を巡って紛糾していることが取り上げられた。

2020年3月12日にアメリカの雑誌「MANUFACTURING TECHNOLOGY INSIGHTS」において、NMRパイプテクターは配管の内部腐食への革新的な装置であると掲載された。また同誌では、日本システム企画イギリス支店のピーターゴスリングへのインタビューがされた[43]

テレビ[編集]

  • 2014年11月2日、同3日、同9日、2018年5月27日に放送された「賢者の選択」で取り上げられている。
  • 2016年2月12日、アメリカのビジネス情報番組NewsWatchでNMRパイプテクターのイギリスでの普及状況について報道された[44]
  • 2016年2月20日、アメリカのディスカバリーチャンネルによる科学ドキュメンタリー番組「Beyond Future」でNMRパイプテクターが設置された建物への取材が報道された[45]
  • 2017年11月6日、テレビ東京の経済報道番組ワールドビジネスサテライトでNMRパイプテクターに関する報道がされた[46][47]
  • 2018年5月27日、とちぎテレビの特集番組でNMRパイプテクターに関する報道がされる[48]
  • 2019年2月28日にTOKYO MXで放送された「企業魂」ではホテルサーブ渋谷と福祉施設ケアハウスしらさぎに取材が入り、NMR[注釈 1]導入後の効果の実感などが取り上げられた[49]
  • 2019年11月23日、TOKYO MXで放送された「田村淳の訊きたい放題!」でNMRパイプテクターが取上げられ、日本システム企画の代表である熊野活行の他、小波秀雄天羽優子木村草太をスタジオに迎え生放送で議論を行った[50]

広告[編集]

日本システム企画は、東京メトロ[2][16]などで広告を掲載している。しかし、2019年9月ごろ、多数の市民から批判を受けて広告文言を大幅に変更したことなどが指摘されている[16]。日本システム企画は1988年創業であり、変更前の「40年以上延命」といった文言の根拠は不明である。

修正後の広告では、「築35年の大手DPE工場配管の外側から装着~設置後14年経過した後でも防錆効果が持続、配管を49年間維持しています」との文言が登場する。しかし、DPE工場では亜鉛メッキ鋼管 (SGP) というサビに弱い管が使われている。築30年以内のマンションで上水道にSGPを使っているものはまず無い[16]ので、比較対象が不適切であるとされる[16]

動作原理への意見や設置後の結果[編集]

日本システム企画はNMRパイプテクターが約4,200棟以上で導入され、古い水配管の赤水・赤錆詰りを解消するとしているが[51]、その効能について疑問視する声がでている。以下に効能が確認された例の他に効能を疑問視、または無いとする団体や見解などについて主なものをあげる。

日本技術士会[編集]

日本技術士会千葉県支部は、支部年次大会で「有用な効果は生じないと考えられる」とする報告書を採択した。報告書の中では、NMRパイプテクターを分解した結果、永久磁石以外のファクターが存在せず、よって磁気活水器[注釈 2]と差異がないとした[52][53]。しかし、日本システム企画はNMRパイプテクターの流通在庫はない為、分解出来るものは無いと主張している[54]。また、同社は「NMRパイプテクターは磁気活水器とは異なる」旨主張している[55]。2019年12月、日本技術士会の本部は同文書を技術士会のサイトから削除し、日本技術士会の公式見解でないことを表明した。取り下げの理由として本部は「一般企業の商品の効用を公表する活動は日本技術士会の事業活動の範囲に含まれない」とした[56]

横浜市[編集]

横浜市による検証については、「特定の電磁波により、赤錆を黒錆に変え、それによって配管内の塩素消費を抑えることができる」という仮定の元にたち、池田配水池からの管路にNMRパイプテクターを設置後、配管内の残留塩素濃度を測定している。数ヵ月に亘る横浜市水道局の検証の結果、残留塩素濃度の減少が大幅に改善し、その後も安定した値を示していると結論付けた[57]。これについて明治大学のサイトGijika.comでは、それによって「赤錆を黒錆に変える」という効能を直接検証したわけではないから、NMRパイプテクターの主張する効果が十分に検証されたとは言えないと説明している[16]。同調査では鉄分値も測定していたが、その値については有意な変化がなかったとされた。また、水道管内にカメラを挿入することが難化したことなどが課題として調査のまとめとしてあげられた[16]

2016年 (平成28年) にはより厳密な検証が行われた。横浜市はNMRパイプテクター2基を324万円で購入した[58]。残留塩素濃度についてはほぼ変化がなく、黒錆化及び鉄分値の評価についても特に変化が見られなかったと報告された。さらに、X線解析装置による錆の成分の比較も行われたが、上流側と下流側で成分に違いは見られなかった。最終的に、「配管内の水道水の残留塩素濃度減少防止の効果はほとんど確認することができず、また、配管内の赤錆の変化についても確認ができなかった」と結論付けられた[16][59]

なお、横浜市の調査は同市水道局OBが設立した販売代理店のアクアエンジと契約を結んで開始し、平成25年11月にNMRパイプテクターを撤去、平成26年3月に契約が終了している[60]

明治大学[編集]

核磁気共鳴 (NMR) は、ある電磁波の作用により磁場と原子核との間に磁気スピンが起きる現象である。原子核を磁場の中に入れて現象を観測することで、分子構造を原子スケールで解析することができる[16]

しかし、NMRパイプテクターにおいては配管に永久磁石を設置するという構造であり、核磁気共鳴を起こすために必要な電磁波を発生させる電源や電気回路がなく、電源なしに位相が揃ったマイクロ波を発生させる素材はないため、熱力学の第2法則に反した主張を行っている。NMRが水に作用するという説明にも無理があり、「水分子の凝縮体を小さくすることによる余剰電子」はサビに作用しない[16]

装置の副次的効果についても、データに問題があることが指摘されている[16]

金魚の成長促進効果について、水槽にNMRパイプテクターをつけた場合とつけていない場合では、つけた場合の水槽内の個体が大きく成長することが主張されている。しかし、水槽内の個体が各10匹ほどであったこと、個体の分け方がランダムでなかったこと、追試がないことなどからこの結果を持ってNMRパイプテクターには金魚の成長促進効果があると主張するのは難しいとされる。逆に、有意な差が生まれて何の規制もなく運用されている装置である場合、倫理的な問題が生まれるため医療機器に準じた厳しい規制を受けるべきだとしている[16]

NMRパイプテクターを通して精製された水で炊いたが有意に美味しいという主張、血圧の抑制効果があるという主張も同様にデータのとり方に問題があるため、欠陥を抱えているとされる[16]

また、「閉塞率」がわずかでも減少していれば効果ありとするなど、客観性に大きくかけた手法及び解釈が行われているとされる[16]

さらに、問題点の指摘に対して日本システム企画株式会社は「営業妨害を目的とした誹謗中傷」[61]などとして対応しており、建設的な議論が展開されていないと指摘している[16]

総評の中で、明治大学はNMRパイプテクターを疑似科学として扱っている。また、マンションなどの管理組合も一般消費者として同様にして扱うなどの行政対応が提案されている[16]

理科の探検[編集]

理科の探検」は『「謎水装置」NMRパイプテクターに翻弄される人々』[62]という記事でNMRパイプテクターを取り上げ、「物理的には何の意味もないガラクタ」だと強く批判した。同誌編集長の左巻健男によると、人格権が侵害されたとしてホストのロリポップ!に対し同ページの削除を求める「削除仮処分命令申立」が行われたという[52]。しかし実際は、裁判所による正式な削除仮処分命令申立は下っていない。地方裁判所がロリポップ!に連絡した後、ロリポップ!は左巻にメールを送信した。しかし、そのメールはメールのゴミ箱に入っていたため、左巻はそのメールの期限内に返答することができなかった。その後、ロリポップ!は左巻のサイト全体を閲覧できないようにして、批判を受けた[63]

天羽優子[編集]

山形大学の准教授であり、20年以上NMRパイプテクターについて批判を行っている[55]。TOKYO MXの番組「田村淳の訊きたい放題!」ではNMRパイプテクターが取上げられた際に、日本システム企画の代表である熊野活行と共に出演した[50]。番組内で熊野が言及したことはいくらかの矛盾があるとして、次の見解を述べている。

NMR[注釈 1]は正規品
熊野はNMR[注釈 1]の在庫がないので、手に入れるには窃盗あるいは偽物を手に入れる必要があると主張した[30]。しかし、実際にはYahoo!オークションで中古品が出回っていたため、「在庫がない」という部分は否定されないにしろ、全数管理ができていないことは明らかである[30]。もし、そうでなく、盗難事件が起こっていたのであれば、熊野は「盗難の連絡があって再設置した、警察には通報済み」という旨を発言していなければ矛盾が生じるが、番組内ではそのような発言はなかった[30]
NMR[注釈 1]に入っていたのは磁石と樹脂だけ
熊野はNMR[注釈 1]のそっくりな「偽物」が出回っていると主張し、番組の中でNMR[注釈 1]を分解したものを見せてもその場では判断がつかないとした[30]。番組の中で示されたのはNMR[注釈 1]を分解し、中の構造がわかるようになったものであった。「偽物」の注意喚起を行わないということは、「偽物」はないと見ていることが導かれる[30]

その他にも、NMRパイプテクターについて複数の題材で批判や見解を公開している[64]

実例[編集]

  • 東商信用録によれば、2006年に代理店契約を結んだとされるNTTファシリティーズ[65][3]松井ビルグループが取引先としてあげられている[66]
  • グランドフロント大阪に取り付ける動きがあったとされる[67]
  • 2004年2月16日、ケンブリッジ大学付属病院の給湯管にNMRパイプテクターが導入され、効果の検証が行われた[68]。2013年7月31日には同大学グループ所属クライスツ・カレッジの空調温水配管にNMRパイプテクターが導入され、同じく効果の検証が行われた[69]

DPE工場[編集]

東京調布市にある築35年のDPE工場では、漏水が多発するほど給水配管が劣化し、赤錆の溶け出しにより赤水となっていたがNMRパイプテクターの設置後、東京食品技術研究所の水質試験により水中の鉄分値が減少した事が確認された。調査は設置後14年間で5回に及んだがいずれも鉄分値が減少している事から、配管内の赤錆が改善されている事が裏付けられる結果となった[70]

大英博物館[編集]

イギリスの大英博物館では、配管腐食による漏水の危険から美術品を守る為にNMRパイプテクターを設置した。その結果、水中の鉄分値が低下していることが確認され配管の漏水リスクを防ぐ事となった[43]

肯定的評価[編集]

InnovationS-i[編集]

株式会社ノーズフーが運営するビジネスメディア「InnovationS-i」で表彰が行われた革新ビジネスアワード2019にて、日本システム企画はNMRパイプテクターが数々の歴史的建造部値に採用されるなど、画期的製品であるとビジネス部門優秀賞を受賞した[71]

空調タイムス[編集]

空調・冷熱業界の専門紙である「空調タイムス」では、2018年5月30日、北海道の友愛記念病院でNMRパイプテクターの導入により配管修繕費の大幅削減と配管更生に成功した件が報じられた[72][73]

多くの病院、ホテル[どこ?]が空調冷温水配管でNMRパイプテクターを使用している[74][75][76][77]

また、2018年3月21日号では、熊本赤十字病院における水中の鉄分値 (「赤錆量」) が測定された結果、鉄分値が減少したことが報道されている[78]

MANUFACTURING TECHNOLOGY INSIGHTS[編集]

製造分野で影響を与えているテクノロジーソリューションに焦点を当てた、アメリカの雑誌「マニュファクチャリング・テクノロジー・インサイト」は、日本システム企画が腐食問題を解決する企業として2020年度の企業トップ10に選出した[79]

問題[編集]

契約上の問題[編集]

日本システム企画は、効果がでなければ全額返金保証を約束しているが、「効果」の算出方法が設置当初と設置から1年後の「閉塞率」測定であり、また有効かどうか判定する基準が、閉塞率がその下げ幅の大小に関わらず改善したことと定義しているため、「10ポイント[注釈 3]減」という広告が疑問視されていると共に、契約前に厳密かつより正確な条件を付加して契約すること、及び評価や検査のときに日本システム企画と関係しない会社に依頼することが勧められている[80]

裁判[編集]

2021年6月18日、東京地方裁判所にて刑事裁判が行われた。日本システム企画編集部 (以下、編集部と略記) は、被告のA (以下、被告A、あるいは単にA) がハンドルネームaを使用してTwitter上でNMRパイプテクター (以下、NMRと略記) の営業妨害および誹謗中傷目的のツイートを行っていたとしている[81]。ハンドルネームaでNMRに関するツイートが行われていたことは事実である[82]。さらに、編集部は被告Aの居住する団地Bの全棟に「NMRパイプテクターが導入される事を妨害することが目的であると想定されました」と主張している[81]。続く段落では被告Aの実住所が記載されている[81]

編集部は、日本システム企画が2018年2月13日に団地Bの3号棟で「赤錆閉塞率」の測定、及び3号棟の給水管ポンプにNMRの設置を行ったとしている。1年後の2019年2月13日には「赤錆閉塞率」が実質4ポイント[注釈 3]改善したとする[81]

団地Bの管理組合は2019年5月の第32回通常総会で1号棟と2号棟の給水管ポンプ及び1号棟から3号棟の給湯配管にNMRを設置することを決議した。その直後、管理組合役員が大半交代し、団地Bの設備担当理事にAの父であるCが就任した。Cは、NMRの導入を止め、給水及び給湯配管の全面更新工事をするよう活動を開始した[81]。 それに対して編集部は、「赤錆閉塞率」のポイント[注釈 3]差を用いてNMRの効果を主張している。 2018年3月、Cは、A及びCの妻と共に、暗黒通信団の関係者とされる[注釈 4]Dの、NMRを「事実無根に誹謗中傷する文章[注釈 4]」を用いてNMRの導入反対集会を開催した。 編集部によれば、Aは2018年1月からTwitterでNMRに対して「誹謗中傷行為[注釈 4]」を行った。また、アメーバブログFC2ブログYahoo知恵袋でも日本システム企画への誹謗中傷[注釈 4]を行った。さらにAは2019年3月にエキサイトブログでNMRの誹謗中傷[注釈 4]ブログを立ち上げた。

編集部によれば、2019年5月、Dは、暗黒通信団の主要メンバーであるEが編集した理科の探検にNMRを誹謗中傷[注釈 4]する記事を書いた。AとDは連帯してNMRの「営業妨害的活動[注釈 4]」を行ったとする。

編集部によれば、Cが講演をするなどの関係がある日本技術士会千葉県支部には、Dの兄弟であるFが所属している。また、2019年7月にネット上でFが主導して千葉県支部の名称を使い[注釈 4]、NMRの誹謗中傷[注釈 4]にあたる見解、『「NMRパイプテクター」の効果についての見解書』の発表を行った。しかし、左記の見解は編集部によれば日本技術士会本部の指示で削除された。さらに、日本システム企画のNoteによれば、日本技術士会はFの私的見解であったことを認めている[83]。日本システム企画は次の旨をNoteで主張している[83]

  • 見解の中で分解及び調査したとされる装置は、Fのもとに匿名で提供されたNMRの偽物である
  • 偽物を分解しているために、見解の中では「永久磁石の磁力以外の物理的・化学的原理が組み込まれず〔後略〕」という誤った前提条件に基づいて議論が進められている
  • NMRの赤錆防止効果は黒体放射焼結体より発生する特定の電磁波が要である
  • 見解の中で導かれた結論は磁気活水器に対するものであり、NMRを評価するにあたっては不適切

編集部は、A及びC、暗黒通信団、日本技術士会千葉県支部の連携[注釈 4]によるNMRに対するネット上の誹謗中傷行為[注釈 4]は団地BにおけるNMR導入を妨害し、配管更新を行うとしていることと深いつながり[注釈 4]があると断言している[81]。 また、編集部によれば以下の点はAの偽証[注釈 4]であると断言している。

  • Aの行為は他のマンションへの導入を妨害することが目的だった
    • 編集部によれば、団地Bへの本格的なNMR導入を妨害すること[注釈 4]が主目的だとしている。
  • Aのメリット及び利益は無い
    • 編集部によれば、Cが手動する配管更新はおよそ4億5千万円かかり、その見返りは相当額が期待される[注釈 4]としている。さらに、編集部は積立金が足りず、借入金が必要である[注釈 4]ため、Aが勤務していた金融機関で融資する機会もあった[注釈 4]と推測している。
  • Aは日本システム企画に対して謝罪した
    • 編集部によれば、Aから日本システム企画に対しての謝罪はなかった。
  • NMRへの誹謗中傷[注釈 4]ブログは削除した
    • 編集部によれば、Aは日本システム企画の調査でアメーバブログ、FC2ブログ、Yahoo!知恵袋での書き込みがAが作成したという証拠を提示してから削除を行った[注釈 4]。さらに、編集部は、Aは「反省は全く無いという事が確認」できるとしている[注釈 4]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i NMRパイプテクターのこと
  2. ^ 磁気活水器は効果を裏付ける根拠がないとして東京都生活文化局や公正取引委員会から排除勧告を受けている。
  3. ^ a b c パーセント同士の差であるためパーセントポイントで表記する。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 編集部の主張

出典[編集]

  1. ^ NMRパイプテクターの赤錆防止効果の検証方法と検証結果について”. 日本システム企画 (2020年10月29日). 2021年7月1日閲覧。
  2. ^ a b 山本一郎 (2019年9月2日). “「謎水事件」日本システム企画社のNMRパイプテクター問題”. Medium. 2021年7月1日閲覧。
  3. ^ a b 小波秀雄「消費者から大企業まで被害が広がる「謎水」装置 (特集 ニセ科学 : 科学を装った消費者被害(2)) (PDF) 」 『消費者法ニュース』第121号、2019年10月、 13-15頁。
  4. ^ a b NMRパイプテクター - NMRPT 製品情報”. 日本システム企画. 2021年7月1日閲覧。
  5. ^ 「県福管連広報誌マンションコミュニティ」2010年夏号|新聞・雑誌|メディア掲載|日本システム企画株式会社”. www.jspkk.co.jp. 2021年8月1日閲覧。
  6. ^ ウィッティントン病院・NHS|NMRパイプテクター導入実績|日本システム企画株式会社”. www.jspkk.co.jp. 2021年8月2日閲覧。
  7. ^ ロイヤルガーデンホテル ロンドン|NMRパイプテクター導入実績|日本システム企画株式会社”. www.jspkk.co.jp. 2021年8月1日閲覧。
  8. ^ ロンドン市庁舎 西棟(ギルドホール・ロンドン) |NMRパイプテクター導入実績|日本システム企画株式会社”. www.jspkk.co.jp. 2021年8月1日閲覧。
  9. ^ スコットランド王立銀行(RBS)|NMRパイプテクター導入実績|日本システム企画株式会社”. www.jspkk.co.jp. 2021年8月1日閲覧。
  10. ^ 特許・学会論文(特許・学会論文・研究発表・NETIS)|安心のポイント|NMRパイプテクター|日本システム企画株式会社”. www.jspkk.co.jp. 2021年8月2日閲覧。
  11. ^ メーカーのウェブサイト”. 2021年8月2日閲覧。
  12. ^ メーカーのウェブサイト”. 2021年8月2日閲覧。
  13. ^ 大学教授の個人ブログ”. 2021年8月2日閲覧。
  14. ^ 第24回マイクロダイアリシス研究会への論文発表(2013年)|日本ヘルスケア株式会社 | 日本ヘルスケア株式会社” (日本語). 2021年8月2日閲覧。
  15. ^ 「第39回日本臨床薬理学会学術総会 第18回国際薬理学・臨床薬理学会議(WCP2018 KYOTO)」での研究発表|日本ヘルスケア株式会社 | 日本ヘルスケア株式会社” (日本語). 2021年8月2日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s NMRパイプテクター”. gijika.com. 2021年7月1日閲覧。
  17. ^ マンション#S|NMRパイプテクター導入実績|日本システム企画株式会社”. www.jspkk.co.jp. 2021年7月29日閲覧。
  18. ^ 老人ホーム#LC|NMRパイプテクター導入実績|日本システム企画株式会社”. www.jspkk.co.jp. 2021年7月29日閲覧。
  19. ^ https://www.jspkk.co.jp/jp/results/detail/jp/dpe/
  20. ^ https://www.jspkk.co.jp/jp/media/paper/data/20091130.pdf "季刊 文教施設36 2009秋号"
  21. ^ 病院#E|NMRパイプテクター導入実績|日本システム企画株式会社
  22. ^ 病院#T|NMRパイプテクター導入実績|日本システム企画株式会社
  23. ^ 病院#S|NMRパイプテクター導入実績|日本システム企画株式会社
  24. ^ マンション#T|NMRパイプテクター導入実績|日本システム企画株式会社
  25. ^ 特許番号3952477号 2007年 (PDF)”. 2021年7月18日閲覧。
  26. ^ 日本システム企画株式会社(NMRパイプテクター)が匿名裏サイトを作ってまで顧客のプライバシーを侵害”. 天羽優子研究室 (2021年6月25日). 2021年7月1日閲覧。
  27. ^ ネット総会屋対策協議会” (2021年3月9日). 2021年7月1日閲覧。
  28. ^ ネット上で「ネット総会屋」と検索して主に登場する、山本一郎氏と「暗黒通信団」との密接な関係が浮上しました。”. ネット総会屋対策協議会 (2021年5月14日). 2021年7月1日閲覧。
  29. ^ https://ankokudan.org/d/d.htm?member-j.html
  30. ^ a b c d e f 「TOKYO MX「田村淳の訊きたい放題!」(2019/11/23放映) のサポート情報”. 天羽優子研究室. 2021年7月1日閲覧。
  31. ^ 横浜市水道局から開示された文書一覧(2019/07/21) — Y.Amo(apj) Lab
  32. ^ NMRパイプテクター|疑似科学|Gijika.com
  33. ^ 「バッキンガム宮殿採用」装置にダメ出し続々  - 長野剛|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
  34. ^ バックナンバー - RikaTan 理科の探検
  35. ^ 「全私学新聞」2002年7月13日|新聞・雑誌|メディア掲載|日本システム企画株式会社
  36. ^ 「日刊工業新聞」2003年12月3日 |新聞・雑誌|メディア掲載|日本システム企画株式会社
  37. ^ 総合ビジネス紙「Fuji Sankei Businessi.」2008年6月27日|新聞・雑誌|メディア掲載|日本システム企画株式会社
  38. ^ 情報誌「文教施設」2020年5月号|新聞・雑誌|メディア掲載|日本システム企画株式会社
  39. ^ 「東京新聞」2013年5月25日第25342号|新聞・雑誌|メディア掲載|日本システム企画株式会社
  40. ^ 「産業経済新聞」2019年5月24日|新聞・雑誌|メディア掲載|日本システム企画株式会社
  41. ^ 長野剛「「バッキンガム宮殿採用」装置にダメ出し続々」『朝日新聞』、2019年10月5日。2021年7月19日閲覧。オリジナルの2019-12時点におけるアーカイブ。
  42. ^ a b 「『バッキンガム宮殿採用』装置にダメ出し続々」の公開を終了いたします - 論座編集部」『朝日新聞』。2021年7月1日閲覧。
  43. ^ a b MANUFACTURING TECHNOLOGY INSIGHTSで日本システム企画について掲載”. MANUFACTURING TECHNOLOGY INSIGHTS. 2021年9月6日閲覧。
  44. ^ NMR Pipetector - Professional Water Treatment | NewsWatch Review
  45. ^ 2月20日ディスカバリーチャンネル日本版にて配管防錆装置NMRパイプテクター報道|JSPKK-日本システム企画株式会社のプレスリリース(2016年2月22日) | イノベーションズアイ
  46. ^ [WBS] 世界が注目!「赤サビ防止」技術!老朽化マンションを救う!? | 「ワールドビジネスサテライト(WBS)」「がっちりマンデー!!」などのビジネスニュースで学び仕事とお金について考えるブログ。
  47. ^ 2017年11月6日 テレビ東京 報道番組「ワールドビジネスサテライト(WBS)」|テレビ|メディア掲載|日本システム企画株式会社
  48. ^ Facebook
  49. ^ 日本システム企画株式会社”. 企業魂 (2019年2月28日). 2021年7月18日閲覧。
  50. ^ a b Twitter田村淳の訊きたい放題!公式アカウントからの告知”. Twitter (2019年11月16日). 2021年9月14日閲覧。
  51. ^ 積算資料ポケット版「NMRパイプテクター」”. 積算資料ポケット版WEB. 2021年9月6日閲覧。
  52. ^ a b samakita (1568101058). “【NMRパイプテクターは効果がない!】by公益財団法人日本技術士会千葉県支部”. 左巻健男&理科の探検’s blog. 2021年7月1日閲覧。
  53. ^ 「NMRパイプテクター」の効果についての見解書”. Google ドライブ. 2021年7月18日閲覧。 Google ドライブ上のファイルであり、これが正当なバックアップなのか不明
  54. ^ office.org/wwatch/magne/comment nmrp 05.html 「 TOKYO MX 「田村淳の訊きたい放題!」 (2019/11/23 放映 のサポート情報Y.Amo(apj) Lab”. www.cml office.org. 2021 07 01閲覧。
  55. ^ a b 日本システム企画株式会社よりのクレームとその対策”. 天羽優子研究室. 2021年7月1日閲覧。
  56. ^ Yomo Norihisa. “日本技術士会のNMRパイプテクター見解書が撤回された事案について”. note. 2021年7月1日閲覧。 個人サイト
  57. ^ 平成25年度全国会議(水道研究発表会)発表論文「特定の電磁波を応用した防錆装置による配水管における残留塩素減少防止効果の検証」参考資料”. 天羽優子研究室内PDF. 2021年9月10日閲覧。
  58. ^ 棚卸資産執行伺情報”. 2021年7月1日閲覧。
  59. ^ 横浜市水道局から開示された文書一覧(2019/07/21)”. 天羽優子研究室. 2021年7月1日閲覧。
  60. ^ 起案用紙”. 2020年7月1日閲覧。
  61. ^ 製品紹介”. 日本システム企画株式会社. 2021年8月20日閲覧。
  62. ^ 『RikaTan~理科の探検』2019年4月号、pp86-91
  63. ^ Archives » ロリポップの責任が絶賛発生中です”. 天羽優子研究室. 2021年7月1日閲覧。
  64. ^ 特設コーナー:NMRパイプテクターの日本システム企画株式会社(jspkk)”. 天羽優子研究室. 2021年9月14日閲覧。
  65. ^ @genmeisui. "NTTファシリテーズは2006年に代理店契約を結んでいて、受注施設はもちろん、NTT系列の建物にも導入され続けています" (ツイート). Twitterより2021年7月1日閲覧
  66. ^ @apj. "東商信用録の日本システム企画の項目、販売先にNTTファシリティーズとか松井ビルグループがある" (ツイート). Twitterより2021年7月1日閲覧
  67. ^ @konamih. "最新情報。NTTファシリティーズ大阪が関わるグランフロント大阪の空調用500ミリ送水管にNMRパイプテクターを設置する動きがあります。" (ツイート). Twitterより2021年7月1日閲覧
  68. ^ ケンブリッジ大学付属病院|NMRパイプテクター導入実績|日本システム企画株式会社”. www.jspkk.co.jp. 2021年7月30日閲覧。
  69. ^ ケンブリッジ大学クライスツ・カレッジ|NMRパイプテクター導入実績|日本システム企画株式会社”. www.jspkk.co.jp. 2021年7月30日閲覧。
  70. ^ https://www.jspkk.co.jp/jp/results/detail/jp/dpe/
  71. ^ 革新ビジネスアワード2019”. イノベーションズアイ. 2021年7月1日閲覧。
  72. ^ 2018年5月30日”. 空調タイムス. 2021年7月18日閲覧。
  73. ^ 「空調タイムス」2018年5月30日第2730号”. 日本システム企画. 2021年7月28日閲覧。
  74. ^ 「空調タイムス」2018年5月30日第2730号”. 日本システム企画. 2021年7月28日閲覧。
  75. ^ 「空調タイムス」2018年3月21日第2721号”. 日本システム企画. 2021年7月28日閲覧。
  76. ^ 「空調タイムス」2018年8月22日第2741号”. 日本システム企画. 2021年7月28日閲覧。
  77. ^ 「空調タイムス」2009年3月25日第2299号”. 日本システム企画. 2021年7月28日閲覧。
  78. ^ 「空調タイムス」2018年3月21日第2721号|新聞・雑誌|メディア掲載|日本システム企画株式会社
  79. ^ MANUFACTURING TECHNOLOGY INSIGHTS腐食ソリューション企業2020トップ10”. MANUFACTURING TECHNOLOGY INSIGHTS. 2021年9月6日閲覧。
  80. ^ v2log » NMRパイプテクター対策に:消費者法ニュースの記事を公開します”. 2021年7月1日閲覧。
  81. ^ a b c d e f NMRパイプテクター誹謗中傷 刑事事件と暗黒通信団”. 日本システム企画 (2021年6月23日). 2021年7月1日閲覧。
  82. ^ 〔ハンドルネームa〕の凍結の件(2019/06/24)”. 天羽優子研究室. 2021年7月1日閲覧。
  83. ^ a b 日本技術士会千葉県支部による『「NMRパイプテクター」の効果についての見解書』は、日本技術士会本部の指示により削除されました|日本システム企画株式会社(NMRパイプテクター)”. note. 2021年7月1日閲覧。

関連項目[編集]