RikaTan

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

RikaTan』(理科の探検)は、理科の知識や実験・観察・ものづくりを広く紹介する日本の科学雑誌。編集長は教育学者の左巻健男。B5判。編集委員・企画委員として多数の教育関係者がボランティアで協力していることが特徴である。左巻によれば同人誌サークル暗黒通信団の関係者も複数名関係していた[1]2007年星の環会より創刊され、2012年3月号まで株式会社文一総合出版から発行。その後、季刊を経て隔月刊となり、編集長の家族企業である株式会社サマキカクが発行元となっていたが、左巻の定年退職に伴い、2019年4月号をもって休刊となった。創刊時より一貫して「観る・知る・遊ぶ・理科と自然の楽しさを実感!」を標語とし、理科実験や観察を中心とした多彩な理科の話題を扱ってきた。編集長の左巻がEM菌の信奉者に訴えられたこともあって、ニセ科学に対し辛辣な立場から、毎年「ニセ科学を斬る」と称する特集を組んで、再三に渡り疑似科学への警鐘を鳴らした。また編集委員・企画委員が中心となって活動する科学系イベント団体「リカタンず」が不定期にサイエンスカフェなどを企画・実行していた。

メディアでの紹介[編集]

  • 2007年4月15日 朝日新聞 朝刊 教育1 25面
  • 2008年4月21日 日経産業新聞
  • 2008年6月25日 東京新聞

企画委員(一部)[編集]

価格の変遷[編集]

価格は消費税込み。

  • 2007年4月号 - 2010年3月号 840円
  • 2010年4月号 - 2012年3月号 980円
  • 季刊 1440円

派生書籍[編集]

  • RikaTanブックス』。

疑似科学商品の販売会社からの圧力[編集]

2019年4月号に掲載された小波秀雄による『「謎水装置」NMRパイプテクターに翻弄される人々』という記事は、その社会的意義を重視しインターネットにて無償公開されていたが、NMRパイプテクターを販売する「日本システム企画」がコンテンツ削除を求める裁判を起こし、サーバ管理会社のロリポップ!から閲覧不可にされた[2]。小波の記事によれば、NMRパイプテクターはNMRとは無関係のただの磁石であり「物理的には何の意味もないガラクタ」であるとされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 左巻健男&理科の探検RikaTan (2019年5月23日). “[https://twitter.com/samakikaku/status/1131789716611842048 DND出口氏側から一生懸命シさんを知ってるだろうと聞かれたがシさんは謎の人物なのだ。後からわかったのだがRikaTan委員には他にも複数暗黒通信団員がいた。それには驚いた。 なお、シさんとのメールのやり取りは楽しい。 (以上 左巻健男が暗黒通信団名誉戦闘員になった経緯)]” (日本語). @samakikaku. 2019年6月5日閲覧。
  2. ^ https://twitter.com/sradjp/status/1168459813174431745

外部リンク[編集]