WPW症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WPW症候群
分類及び外部参照情報
DeltaWave09.JPG
本症患者の心電図。δ波が矢印で示されている。
ICD-10 I45.6
ICD-9 426.7
OMIM 194200
DiseasesDB 14186
eMedicine emerg/644 med/2417
Patient UK WPW症候群
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

WPW症候群: Wolff-Parkinson-White syndrome)とは、上室性の頻脈性不整脈の一つ。心臓自体には器質的疾患がないにもかかわらず特有の心電図所見を示し、しばしば発作性心頻拍症を起こし[1]、またこれらの心電図異常が突然正常化する例が1915年頃から存在が知られ始め、1930年に多くの症例(12例)についての詳しい報告がなされ、世間に知られるようになった。この際の3人の研究者であるWolffParkinsonWhite各博士の頭文字をとりWPW症候群と名付けられた。

機序[編集]

原因として多くあげられるのは、Kent束と呼ばれる副伝導路の存在によるリエントリー回路の形成である。通常は洞結節から発した電気信号は心房を経由して心室へと伝達されるが、この疾患では信号が通常のルートに加えてKent束を経由するルートにも伝わるため、発作が起きると拍動リズムを乱してしまう。発作時の脈拍は240回(bpm)以上にも達し、救急隊員が驚くことがある。また、あまりに心拍数が早すぎるために、脈を半分にとってしまう場合も多い。多くは放置しても自然に収まるが、長時間続く場合は投薬により抑える。失神するなどの症状がある場合は危険がある。

また、Kent束は心房筋と同じ電気生理学的性質を有するため、心房細動時に心室への過度の伝導が生じ、とくに心房細動時にQRS間隔が0.2秒以内の例では心室細動に移行する危険がある。Kent束は、右房-右室(B type)あるいは左房-左室(A type)に存在するものがあり、稀に心室中隔に向かう症例もある。右房-右室(B type)では、右室が早期に興奮するために、興奮の伝わり方としては、右室が先で左室が後となるため心電図波形は左脚ブロック型となる。左房-左室(A type)ではその逆の右脚ブロック型となる[2]

正常な心電図

心電図[編集]

心電図上の特徴としては、下記の3点が挙げられる。

  1. δ波の出現: P波の後に続くQRS波形にδ波(デルタは)が生じてくる。これは心室が早期に興奮することによる。δ波はQRS波の立ち上がり部分が斜めにゆっくり上昇し、三角形状の波が本来急角度で立ち上がるべきQRS波の前に追加されたような形状(Δ形)を示すことから名づけられた[1]
  2. PQ短縮: Kent束経由の興奮が、正常伝導路経由のそれより先に心室に伝導することによる。
  3. QRS延長: Kent束経由の興奮と正常伝導路経由のそれとが心室で合流し、幅広いQRS波を形成する。

また、心電図のV1の波形からA型、B型、C型と分類する方法も存在する。

臨床像[編集]

上室性頻拍、心房細動等を生じることが問題となるが、通常、何も生じなければ自覚症状はない。

従来はそれほど危険性のない病気として、高血圧高脂血症肥満喫煙等の生活習慣をコントロールすることで改善されることがあるとだけされてきたが、1980年代からの研究により、心房細動から心室細動に移行するケースがあることが判明し、危険な不整脈であると位置づけられた。このため、発作が見られた場合は即座に専門医に診察してもらう必要がある。WPW症候群に合併した発作性心房細動(PAF)は、通常の心房細動とは異なり、心房の興奮がKent束を介してそのまま心室に伝わるため、高度の頻脈、また心室細動から突然死に至る場合があり、危険である。

治療[編集]

自覚症状が無ければ経過観察を行う。根治治療には血管カテーテルを用いた高周波アブレーションが極めて有効であり、90%以上で根治に至る。

発作時の治療は迷走神経刺激、無効である場合にはATPまたはカルシウム拮抗剤を静注する。また、回帰頻拍に対しては抗不整脈薬が使用され、シベンゾリン(製品名:シベノール)等を第一次選択薬とする事が多い。

一方、発作性心房細動を合併した場合、ジギタリス製剤、ATP製剤、カルシウム拮抗剤、β遮断薬などは禁忌である。とくにジギタリスは、Kent束の不応期を短縮させる一方、正常伝導路をさらに抑制することとなり心室細動を誘発する可能性がある。 WPW症候群に伴う心房細動の場合、治療薬としては、プロカインアミドが推奨される。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b WPW症候群(森博愛 心臓病と卯建のホームページ)
  2. ^ ハート先生の心電図教室(医学博士市田聡 心臓病看護教育研究会)

関連項目[編集]