Stridsfordon 90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Strf 9040
Stridsfordon 90 Revinge 2012-2.jpg
基礎データ
全長 6.55m
全幅 3.17m
全高 2.71m
重量 23.1t
乗員数 3名+兵員7名
装甲・武装
主武装 70口径40mm機関砲
(即応弾24発+積載弾200発)
30mm機関砲(MkI&II)または35mm機関砲(MkIII)
副武装 7.62mm機関銃
機動力
速度 70km/h(前進)
45 km/h(後進)
エンジン スカニア DSI14
4ストロークV型8気筒液冷ターボチャージドディーゼル(14,200cc)
625ps/2,300rpm
懸架・駆動 トーションバー
行動距離 600km
テンプレートを表示

Stridsfordon 90(Strf 90)またはCombat Vehicle 90(CV90)は、スウェーデンが開発したStrf 9040歩兵戦闘車とその車体を流用した装甲戦闘車両ファミリーの総称である。

二つの名称はスウェーデン語英語で「戦闘車両」を意味しており、"Strf 90"がスウェーデン陸軍配備の車両、"CV90"は輸出向けの車両を指して使い分けられる。

概要[編集]

1993年に生産が開始され、開発国のスウェーデンが500両以上(大半がStrf 9040)を配備するほか、オランダデンマークにCV9035歩兵戦闘車スイスノルウェーフィンランドにはCV9030歩兵戦闘車が輸出されており、延べ1,200両以上が生産されると見られる。

開発[編集]

Stridsfordon 90(Strf 90)の開発は1980年代半ばに開始された。開発には複数の企業が携わっており、砲塔及び主砲をボフォース・ディフェンス(Bofors Defence)、車体をヘグランド・ビークル(Hägglunds Vehicle)、エンジンスカニア(Scania)が担当した。

1988年から5両の試作型車両による各種試験が3年ほど行われた。そして1991年3月にスウェーデン陸軍は調達を開始し、1993年11月に最初の車両が納入された。

ボフォース・ディフェンスは2002年アルヴィス plcに買収された後、2004年にはBAEシステムズに買収された。現在は、BAE システムズ・ランド・アンド・アーマメンツが開発と製造を引き継いでいる。

バリエーション[編集]

Strf 9040(CV9040 IFV)
スウェーデン陸軍が運用している、Strf 90(CV90)ファミリーの基本型車両である。ボフォース 40mm機関砲L/70を装備しており、弾種はAPFSDS-Tと3P(Prefragmented, Programmable, Proximity fuzed)を使用する。
A,B,C型があり、最新のC型は砲塔が安定化され、砲塔前面と側面及び車体前面と側面に増加装甲を装着しており、リベリアでのPKO(UNMIL:国際連合リベリア・ミッション)の際に派遣された。C型と同様の増加装甲はCV9035やCV9030にも装着できるとされている。C型は重量28t 全長7.00m 全幅3.40m 全高2.71m。
Strf 9040/56(CV9040/56 IFV)歩兵戦闘車
Strf 9040の砲塔右側面にRBS-56 Bill対戦車ミサイル2連装発射装置を装備した試験車両。
兵員室内にミサイルコンテナラックと砲塔自動連動型の発射コントローラを搭載している。ミサイル発射後、兵員室上部ハッチから身を乗り出した兵士が連装発射装置内の空のミサイルコンテナを引き抜いて捨て、新しいコンテナを簡単に交換できるように設計されている。重量23.7t。
Strf 9035(CV9035 IFV)歩兵戦闘車
50口径35mm機関砲を装備する輸出仕様。オランダデンマークが採用。最新はMkIII型。
Strf 9030(CV9030 IFV)歩兵戦闘車
40口径30mm機関砲を装備、搭乗歩兵が運用するエリックス対戦車ミサイル発射機も装備可能な輸出仕様。兵員が8名乗車可能。
スイスノルウェーフィンランドが採用。最新はMkII型。増加装甲を装着し、都市迷彩を施した車両も存在する。
Strf 9025(CV9025 IFV)歩兵戦闘車
25mm機関砲を装備した輸出仕様。兵員が8名乗車可能。
Bgbv 90(CV90 ARV)装甲回収車
砲塔を撤去し、武装は7.62mm機関銃のみ。車体前部にドーザーブレード、車体左後部にクレーン、車内に2機の油圧ウインチを装備。重量23.2t 全長7.9m 全幅3.17m 全高2.65m。
Stripbv 90(CV90 FCV)前線指揮車
機関砲を撤去し、武装は7.62mm機関銃のみ。重量22.4t 全長6.52m 全幅3.71m 全高2.70m。
Epbv 90(CV90 FOV)前線観測車
機関砲を撤去し、武装は7.62mm機関銃のみ。重量22.4t 全長6.52m 全幅3.71m 全高2.70m。
Lvkv 90(CV9040 AAV)対空車
Strf 9040にトムソンCFS社製のガーファウトTRS2620捜索レーダーなどを搭載した車両。重量24t 全長6.55m 全幅3.17m 全高3.45m。
Grkpbv 90120(CV90 AMOS)自走迫撃砲
後方装填式2連装120mm迫撃砲を装備するAMOS(Advanced MOrtar System)砲塔に換装した車両。重量24t。
Strf 90105(CV90105 ATV)戦車駆逐車
48口径105mm低圧ライフル砲を装備する「TML 105」砲塔(GIAT社製)に換装した戦車駆逐車
Strf 90120(CV90120-T)戦車
更なる大火力を求めるカスタマーのために、上記「戦車駆逐車」仕様を50口径120mm高圧低反動滑腔砲「CTG 120/L50」(RUAG社製)を装備する砲塔に換装した軽戦車

採用国[編集]

Strf 9040及び派生型
CV9035 MkIII(2007年より納入開始)
Spz 2000(CV9030 MkII)
CV9035 MkIII(2007年より納入開始)
CV9030N(CV9030)
CV9030 FIN(CV9030 MkII)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]