スカニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯59度10分14秒 東経17度38分26秒 / 北緯59.17056度 東経17.64056度 / 59.17056; 17.64056

Scania Aktiebolag (publ)
企業形態 公開会社
取引所 OMXSCV B
業種 自動車産業
設立 1891 (Vagnsfabriksaktiebolaget i Södertäljeとして)
創業者 グスタフ・エリクソン
本部 セーデルテリエ, スウェーデン
拠点数 10
事業地域 世界中
代表者等 Martin Winterkorn (Chairman),[1] Martin Lundstedt (President and CEO), Jan Ytterberg (CFO)[2]
製品 商用車
ディーゼルエンジン
サービス 金融サービス
売上高 SEK 78.17 billion (2010)[3]
営業利益 SEK 12.75 billion (2010)[3]
純利益 SEK 9.103 billion (2010)[3]
資産総額 SEK 98.43 billion (end 2010)[3]
純資産額 SEK 30.04 billion (end 2010)[3]
従業員数 35,510 (2010年末現在)[3]
株主 フォルクスワーゲン・グループ
ウェブサイト http://scania.com
スカニア製トラック
(トレーラーヘッド)
スカニア製バス
1901年製 スカニアA1

スカニア(Scania Aktiebolag, Scania AB, Scania)はスウェーデン重工業会社。トラックバス、工業用ディーゼルエンジンを主力商品とする。

概要[編集]

大型トラックの分野では、ダイムラーボルボに次ぐ世界第3位の生産台数[4]を誇り、また生産車両の95%は輸出向け商品であるのも大きな特徴である。

歴史[編集]

設立は1900年。スウェーデンのマルメと言う町でMaskinfabriks AB Scaniaという社名で創業した。1902年にスカニア製トラックの第一号車を製作。

1911年、スカニアは、1891年に創業した乗用車・トラックメーカーのVABISと合併。スウェーデン初の国産バスを製造。 1921年、ストックホルム・エンスキルダ銀行が資本参加。 1927年、生産拠点をセーデルテリエに集約してマルメの工場を閉鎖。1939年、乗用車の生産から撤退。

第二次世界大戦では軍需工場として自動車以外にM/41戦車も生産していた。 終戦後の1948年にドイツのフォルクスワーゲン製自動車のスウェーデン輸入代理店を務め、Svenska Volkswagen ABと言う名前で販売もしていた。2002年に代理店契約を終了、170万台以上を取り扱った。 1953年、アメリカのマック・トラックスとの合弁企業を通じて路線バス「スカニア・C50メトロポール」の生産を開始。

1957年、ブラジル・サンベルナルド・ド・カンポでの現地生産を開始。 1960年、スウェーデン軍にLA82を納入。 1963年、キャブオーバートラック「スカニア・LB76」の生産を開始。 1967年、セーデルマンランド県カトリーネホルムにバス製造工場を設置。リアエンジンバス「スカニア・CR76」の製造を開始。 1968年、西ドイツに現地法人「スカニア・ドイチェラント」を設立。 1969年以降はサーブ(SAAB)と合併、Saab-Scania ABという企業体を形成していた。1995年にSAABと分離し現在の形となったが、現在でも企業ロゴの意匠の一部(青地に赤のグリフォン(架空の動物))に共通点が見られる。 1971年、低騒音路線バス「スカニア・CR111」を発売。ロンドン市交通局に1978年まで二階建てバス用シャーシ約160台を納入。 1972年、350PSを発揮するV型8気筒・14Lエンジン「DS14」を搭載したボンネットトラック「スカニア・LS140」を発売。 1976年、アルゼンチンに工場を設立。 1984年、ノルウェー軍の軍用トラック入札に参加し受注、1986年から1994年までの間に1700台を納入。連節バス「スカニア・CN112 A」を販売。 1987年、セーデルテリエにテクニカルセンターを設置。 1991年、創立100周年を迎える。トラック「ストリームライン」を発表 1995年、「スカニア・4シリーズ」を発表、翌1996年の欧州最優秀国際トラック賞に選定される。 1996年、路線バス「スカニア・オムニシティ」を発表。 2000年、生産100万台を達成。 2002年、バス製造子会社「オムニ」を設立、カトリーネホルムのバス製造を移管。

1999年には同じスウェーデンのトラックメーカーであるボルボによる買収話が持ち上がったが、これは北欧市場における寡占化を懸念したEUによって承認されなかった。また、販売提携を結んでいる日野自動車との資本提携案も持ちあがったことがあったが、実現には至っていない。これは日野側の提携拒否であったと言われている。2006年現在、ドイツフォルクスワーゲンが筆頭株主となっている(公式にはフォルクスワーゲングループのブランド戦略には組み込まれていない)。

同じくフォルクスワーゲンの投資対象となっているドイツのマンが、フォルクスワーゲンに対して、敵対的買収によりスカニアの経営権を取得しスカニアとマンを合併させるよう提案をおこなっていたが、2007年1月11日のフォルクスワーゲンの取締役会で否決され、フォルクスワーゲンからは両社が友好的に合併するよう働きかけていくと発表されていた。2008年3月3日フォルクスワーゲンはスカニアを子会社化すると発表[5]、2014年5月21日にフォルクスワーゲンはスカニアの株式のTOBに成功し、98.19%の株式を手中に収めたと発表した[6]

日本におけるスカニア[編集]

日野自動車とは2002年に販売提携を結び、日本国内ではトレーラーヘッド(トラクター)を日野ブランドで販売していた。これに加えて2007年4月からは韓国でスカニアの販売網を通じて日野の中型トラックが日野ブランドでの販売を開始。両社はアジア、南米市場でも相互の販売網を活用すると発表していた。2011年7月に提携は解消され、日野による日本国内でのスカニア車の販売は終了。なお韓国国内での販売体制は当面継続する。

2010年には日本法人「スカニアジャパン」を設立、今後は同社による輸入・販売とアフターサービスが行われる。

スカニアのバスは過去大阪府の貸切バス事業者ZIPANG-JJ(現ジパング)が導入を試みるも、諸般の事情で頓挫した。このため、2013年現在日本にまだ輸入されていないが、新潟市バス・ラピッド・トランジット(BRT)構想で導入される連節バスにスカニア製エンジンを搭載したボルグレン・オーストラリア製車両が導入される予定である[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Scania Group - Composition of the Board”. Scania.com. Scania AB (publ). 2009年10月6日閲覧。
  2. ^ Scania Group - Executive Board”. Scania.com. Scania AB (publ). 2009年10月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Annual Results 2010 (PDF)”. Scania Group. 2011年2月5日閲覧。
  4. ^ 2012年で61,051台
  5. ^ ポルシェ、VW株買い増しへ 一体経営を拡大(asahi.com 2008年3月4日記事)
  6. ^ Volkswagen kontrolliert 98,19 Prozent der Scania-Aktien(2014年5月21日 Volkswagen AG 公式リリース)
  7. ^ 連節バス、三井物産子会社が落札 新潟市のBRT構想 - 新潟日報、2013年11月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]