Strv 74

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Stridsvagn 74
Stridsvagn 74.jpg
Strv 74、ボーデンに所在する軍事歴史博物館の収蔵品。
種類 戦車
原開発国 スウェーデンの旗 スウェーデン
運用史
配備期間 1958年から1984年
開発史
製造数 659輌
派生型 74 Hおよび74 V
諸元
重量 22.5t
全長 6.08m、砲身を含めれば7.93m
全幅 2.43m
全高 3.00m
要員数 4名(車長、操縦手、砲手、装填手)

装甲 15mmから80mm
主兵装 7.5cmカノンstrv74
副兵装 8mm ksp m/39 strv、2挺
エンジン スカニア・バビス607ガソリンエンジン、2機
各機とも170 hp (127 kW)
出力重量比 13.08 hp/t
懸架・駆動 トーションビームサスペンション
行動距離 200km
速度 45km/h

Stridsvagn 74、略称Strv 74はスウェーデンの戦車であり、本車は1958年から1984年までスウェーデン陸軍で使用された。この車輌はより旧式かつ1950年代に軍務から外されていったStridsvagn m/42を改修したものである。Strv m/42は完全にスクラップ処分されるかわりに、車体が新型戦車を製造するために使われ、この車輌は新規に購入されたStridsvagn 101を補助するものとなった。Strv 74の砲塔は完全に新造されたもので、旧式の対空砲をベースとした75mm高初速砲を装備し、エンジンと操向変速機はStrv m/42のものを改修するか換装されている。より幅広の履帯、そして砲塔旋回用に独立した電動機が導入された。その一方で手動式の操縦系統は予備として残された。

歴史[編集]

Stridsvagn 74の開発の経緯はStridsvagn m/40およびStridsvagn m/42を通じ、原型は車重16,257kgの16トン ラーゴ戦車に行き着く。これはスウェーデンの企業であるランズベルク社でハンガリー陸軍向けに製造されていたものだった[1]。そのため、Strv 74は基礎的に第二次世界大戦時のStrv m/42を近代化改修したものである。それはこのスウェーデン製の戦車を、戦禍の残るヨーロッパの標準的装備へと到達させる試みだった。本車はそうした目的にはもっともよく合致していた。

生産は1958年に行われた。Stridsvagn 74の車重は22,500kg、スカニア・バビス社製の239KW/320.5hpディーゼルエンジンで駆動し、最高速度は45km/hだった。また航続距離は200kmである。搭乗員は4名で、75mm主砲を装備したほか、改修された砲塔には3挺の機関銃が付けられた。後にはより適した射撃管制式のシステムと、初速を増加させてアップグレードした主兵装といった、さらなる改修が施された[1]

運用[編集]

Stridsvagn 74はスウェーデン陸軍の機甲連隊において最初の数年間、主力戦車として使われ、それからStrv 102Strv.103に代替された。この後、独立軍団の戦車中隊で使用され、さらに後には歩兵支援任務用の突撃砲中隊に格下げとなった。1981年および1984年の退役の前の本車は「Strv 74 V」また「Strv 74 H」と呼ばれた。砲塔が保管された後、固定式の砲装備トーチカとして使用され、最終的に退役し破砕されたのは2000年代初頭である。

派生型[編集]

Strv 74は、ほぼ同一である2種のバージョン、Strv 74 HおよびStrv 74 Vとして利用された。その唯一の相違点は操向変速機である。H型はStrv m/42THをベースとしており、またV型はStrv m/42 TVを基礎としていた。高いシルエットと装甲の薄い車体に砲の反動が伴い、3時から9時の方角へ発砲した際にはこの戦車は揺り動かされ、このことから搭乗員にしばしば「Sanslös」と呼ばれた。これは向こう見ずの意である。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Forty, p. 217

参考文献[編集]

書籍
  • Porat, Didrik von (1989). Svenska arméns pansar: den svenska stridsvagnsmaterielens historia. Stockholm: Armémuseum. ISSN 0280-7254
  • Forty, George (2005). The Illustrated Guide to Tanks of the World. London: Hermes House. ISBN 0-681-45905-0. 
オンライン上の資料

外部リンク[編集]