Ikv 91

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Infanterikanonvagn 91
Ikv 91 a.jpg
性能諸元
全長 8.84 m
全幅 3.00 m
全高 2.32 m
重量 16.3 t(戦闘重量)
懸架方式 トーションバー
速度 65 km/h(路上)
行動距離 500 km
主砲 ボフォースKV90S73 90mm低圧砲
副武装 Ksp 58 7.62mm機関銃×2
装甲 不明
エンジン ボルボTD120A
6気筒液冷ターボディーゼルエンジン
330 hp
乗員 4 名
テンプレートを表示

Ikv 91(Infanterikanonvagn 91)は、ヘグルント社(現在はBAE システムズ・ランド・アンド・アーマメンツに吸収)が開発・製造し、スウェーデン軍が運用する水陸両用戦車である。

開発・製造[編集]

国土の大半を森林や湖沼が占める国情に合わせた水陸両用戦車として開発された。1969年に試作車が完成。1974年に先行量産車が製作された。1975年には量産が始まり、1978年までに210両が製造された。

構造[編集]

兵装・機関部など、部品の大半をスウェーデンの企業によるものが多く、国産率を高めている。

車体[編集]

車体はサイドスカートを装着する圧延防弾鋼板製の溶接構造だが、浮行性を持つためにかなり軽量に作られており、防御力は装甲兵員輸送車程しかない。浮行時の波きりの為に、折畳式のトリムベーン(波切板)を車体前部に取り付けている。砲塔の旋回と主砲の俯仰は油圧式である。砲塔側面には発煙弾発射機を5本ずつ装備する。また、NBC防護装置も標準装備する。

乗員は4名で、操縦手は車体前部中央に座り、砲塔右側に砲手と車長が前後に、装填手が砲塔左側に座る。

機関・駆動部[編集]

エンジンはボルボ社製TD120A 6気筒液冷ターボディーゼルエンジンを搭載し、軽量の車体と相まって65km/hの路上最高速度を発揮する。

変速機は米アリソン社製のHT7400トルクコンバータを搭載する一方で、トーションバー式の装輪やクラッチブレーキ式操向機などの駆動部は同じヘグルント製のPbv302en)装甲兵員輸送車の駆動部と共通のものである。水上航行はキャタピラの駆動で行なう。

兵装[編集]

主砲はボフォース製KV90S73 90mm低圧砲で、戦後第一世代の西側諸国主力戦車(M48・61式戦車など)と互角の打撃力を有するが、スタビライズされていない。90mm低圧砲弾は59発を携行する。照準機は車長用のペリスコープサイト(倍率10倍)、砲手用ペリスコープ・サイト(レーザー測距機内蔵、倍率10倍)を装備し、AGA社製の弾道計算機も搭載する。暗視装置を装備しないので夜間戦闘能力は大きく劣るが、砲塔後部に照明弾発射機を装備した車両もある。

副武装としてKsp 58 7.62mm機関銃を主砲同軸と装填手用ハッチに各1丁装備する。

運用[編集]

製造された210両は、全てスウェーデン陸軍に配備された。Sタンクと共にスウェーデンの武装中立の一翼を担ったが、2000年代までにStrf90に換装されて、全車退役した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]