ブッシュマスターIII 35 mm 機関砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本砲搭載のCV9035歩兵戦闘車

ブッシュマスターIII 35mm機関砲英語: Bushmaster III)は、アメリカ合衆国アライアント・テックシステムズ英語版が開発した35mm口径機関砲。作動方式としてチェーンガンを採用している。

本砲は基本的に、同社が従来から開発・販売してきたブッシュマスター・シリーズのチェーンガン大口径化して開発されている。また、50mmテレスコープ弾への口径変更も考慮して設計された。

スウェーデンで開発されたCV 9035歩兵戦闘車に搭載され、これはオランダ陸軍デンマーク陸軍に採用された。また、弾道修正能力を持つ50mmテレスコープ弾と組み合わせることで、アメリカ陸軍の新しいCounter-RAMシステムであるEAPSとして研究されている。

諸元・性能[編集]

諸元

  • 種別: 機関砲
  • 口径: 35mm
  • 砲身: 87.5インチ (2.22 m)
  • 重量: 35mm:480lb(218kg)、50mm:510lb(231kg)
  • 全長: 158.19in(4,018mm)
  • 全幅: 16.94in(430mm)
  • 全高: 18.83in(478mm)

作動機構

性能

砲弾・装薬

運用史


参考文献[編集]

関連項目[編集]