M35 (天体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M35
 Messier35.jpg
星座 ふたご座
観測データ
種別 散開星団
赤経 (RA, α) 06h 08.9m (J2000.0)
赤緯 (Dec, δ) +24°20' (j2000.0
距離 2800光年
視等級 5.1
視直径 28
物理的性質
直径 _ 光年
(B-V) _
絶対等級 _
特性 _
その他の名称

NGC 2168

Gemini constellation map.png

M35 (NGC2168) はふたご座にある散開星団 。距離2800光年。直径は約31光年。1746年ジャン=フィリップ・ロワ・ド・シェゾー が発見した。彼は「ふたごの北の足の上にある星団」と記録を残している。1764年シャルル・メシエは「カストルの左足にある非常に小さな星の集団」と記している。

星が多く、見ごたえのある散開星団の一つである。肉眼ではぼんやりと輝き、銀河の一部のように見える。双眼鏡では丸い星雲状のかたまりの上に、明るい星が少しばかり見え始める。北東にある2重星の主星が赤く、この星団のアクセントになっている。写真の右側にある星雲状のかたまりが散開星団NGC2158である。NGC2158は球状星団に近い散開星団で、実際にはM35よりもかなり遠方にある。この星団は口径20cmの望遠鏡から次第に星が分離しはじめる小さな散開星団である。

M35は比較的広がった散開星団なので、M35を見るときにこれもまたアクセントとなりすばらしい眺めを演出している。

関連項目[編集]