ジャン=フィリップ・ロワ・ド・シェゾー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Portrait of Jean-Phillippe de Chesaux

ジャン=フィリップ・ロワ・ド・シェゾー(Jean Phillippe Loys de Chéseaux 、1718年1751年)はスイスのローザンヌ出身の天文学者である。1746年、フランス科学アカデミーに自ら発見した8個の新しい星雲を含む星雲の表を提出した。星雲の表は1759年にギヨーム・ル・ジャンティによって記録され、1892年にギヨーム・ビゴルダンによって出版された。

シェゾーは2つの彗星を発見している。

シェゾーは宇宙が無限で、無限の数の星があるなら夜空は輝いていなければならないという「オルバースのパラドックス」を最初に述べた一人である。

また、聖書の出来事を歴史的に研究する仕事を行った。ダニエル書の記述にある天文学現象をもとにイエス・キリストの処刑の日を同定しようとする研究を行った。この研究は1754年のMémoires posthumes de M. de Cheseaux に発表された。

発見した星雲
名称 発見年
M71 1745年か1746年
M25 1745年
M4 1746年
M16 1746年
M17 1746年
M35 1746年