NGC 752

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NGC 752
星座 アンドロメダ座
視等級 (V) 5.7[1]
視直径 75'
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 01h 57m 55s
赤緯 (Dec, δ) +37° 51′ 57″
距離 1300光年(399パーセク)
別名称
別名称
カルドウェル28
■Project ■Template

NGC 752Caldwell 28)は、アンドロメダ座にある散開星団である。NGC 752であると考えられる天体は、1654年以前にジョヴァンニ・バティスタ・オディエルナが既に記述していたものの、1783年にカロライン・ハーシェルが発見し、1786年に兄のウィリアム・ハーシェルがカタログに収録したとされる。

地球からは約1300光年の位置にある大きな星団で、双眼鏡で容易に観測できるが、条件が良ければ裸眼でも見ることができる。望遠鏡を使うと、9等級以下の約60個の恒星が見られる[1][2]

構成[編集]

名前 赤経 赤緯 視等級 (V) スペクトル型 データベース
NGC 752 1 (HD 11624) 01h 54m 57.6607s +37° 07' 41.845 6.281 K0 Simbad
NGC 752 2 (BD+36 345) Simbad

出典[編集]

  1. ^ a b Dunlop, Storm (2005). Atlas of the Night Sky. Collins. ISBN 0-00-717223-0. 
  2. ^ Frommert, Kronberg, SEDS: NGC 752

外部リンク[編集]

座標: 星図 01h 57m 55s, +37º 51' 57''