EXIT (ポルノグラフィティの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポルノグラフィティ > EXIT (ポルノグラフィティの曲)
EXIT
ポルノグラフィティシングル
収録アルバム PANORAMA PORNO
B面 Regret
LIVE ON LIVE
リリース 2011年3月2日
規格 マキシシングル
録音 2011年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ロック
時間 15分09秒 (CD)
約5分 (DVD)
レーベル SME Records
作詞・作曲 岡野昭仁(作詞・作曲 #2,#3)
新藤晴一(作詞・作曲 #1)
ak,homma(作曲 #1)
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 2011年3月度月間8位(オリコン)
ポルノグラフィティ シングル 年表
君は100%
(2010年)
EXIT
(2011年)
ワンモアタイム
(2011年)
テンプレートを表示

EXIT」(イグジット)は、ポルノグラフィティの32作目のシングル2011年3月2日リリース。

概要[編集]

  • 前作からおよそ4か月ぶり、初回生産限定盤と通常盤の2種リリース。初回生産限定盤には「EXIT」のVideo Clipを収録したDVDが付属し、通常盤は初回仕様のみスリーブケース仕様となっている。
  • 3曲目の「LIVE ON LIVE」はライブツアー「∠TARGET」のアンコール公演のライブ音源である。
  • 本作で「ミュージック・アワー」から30作連続(通算31作目)となるオリコン週間シングルチャートTOP5入りを達成した。
  • 2012年1月25日ソニー・ミュージックによりYouTubeにポルノグラフィティの公式チャンネルが開設され、「EXIT」のビデオクリップが公開された[1][2][3]

収録曲[編集]

CD (Disc-1)[編集]

  1. EXIT [5:22]
    2011年のフジテレビ系テレビドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』主題歌[1]。ドラマ主題歌は『瞳の奥をのぞかせて』以来2作ぶりで、自身初の月9ドラマ主題歌である[1]
    歌詞は地下鉄が舞台となっているが、景色としてではなく観念として描かれており、作詞した晴一曰く「言葉の昇華ができた、理想的な歌詞」という[4][5][6]
    ライヴツアー『11th LIVE CIRCUIT “∠ TARGET”アンコール公演』で初めて披露された。
    プロデューサーのak.homma(本間昭光)が作曲に関わったのは2008年のベストアルバム『PORNO GRAFFITTI BEST ACE』『PORNO GRAFFITTI BEST JOKER』収録の楽曲「A New Day」「約束の朝」以来およそ2年4か月ぶりとなり、メンバーとの共作は初である。
    演奏時間は「この胸を、愛を射よ」を超え、シングルA面曲では一番長い曲である。
    晴一は同年1月に放送されたラジオで「僕は『〇〇のEXIT』や『〇〇へのEXIT』もしくは、サブタイトルを付けて発売したいと思っているので、皆さまに届く頃にはきっと新しいタイトルになっていることでしょう。」と言っていたが、結果的にタイトルが変わることはなかった[7]
  2. Regret [4:44]
    • 作詞・作曲:岡野昭仁、編曲:ak.homma、Porno Graffitti
    曲名の通り「後悔」をテーマとした曲。
    ちなみに歌詞に「マイナス1000℃」という表現があるが、セルシウス温度でその温度は存在しない。
  3. LIVE ON LIVE [Recorded at YOKOHAMA ARENA from 11th LIVE CIRCUIT "∠TARGET" ENCORE (2010/12/31)] [5:03]
    • 作詞・作曲:岡野昭仁、編曲:ak.homma、Porno Graffitti
    読み方は「リヴ オン ライヴ」。横浜アリーナで敢行されたライブ「∠TARGET アンコール」公演(2010/12/31)でのライブ音源で、原曲はLIVE DVD『"BITTER SWEET MUSIC BIZ" LIVE IN BUDOKAN 2002』のエンドロールに収録されている。
    収録の際、意味が通るように「叫ぶよ れても」との誤植を「叫ぶよ れても」へと表記を訂正している。
    現在までに「74ers 新潟フェイズ公演」「∠TARGET アンコール公演(2日間)」の3回のみ演奏されている。

DVD (Disc-2)[編集]

  1. EXIT Video Clip
    撮影セットは歌詞にある通り『地下鉄のホーム』であり、CGの炎や光以外はモノクロの映像である[1]
    晴一がテレキャスに似せた偽物のギターを地面におもいっきり投げつける場面がある[1]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e pornograffittiSMEJ (2012年1月25日). “ポルノグラフィティ 『EXIT』”. ポルノグラフィティ Official YouTube Channel. YouTube. 2012年2月7日閲覧。
  2. ^ アミューズホームページ編集部 (2012年1月24日). “☆☆「ポルノグラフィティOfficial YouTube Channel」開設!☆☆”. INFORMATION. AMUSE INC.. 2012年2月7日閲覧。
  3. ^ love up! スタッフ (2012年1月24日). “いよいよ、「2012Spark」ビデオクリップ解禁!!”. スタッフレポート. 2012年2月7日閲覧。
  4. ^ もりひでゆき「SPECIAL FEATURE ポルノグラフィティ――「いろいろな角度からのポルノを楽しめるアルバムが完成!!」」、『PATiPATi 2012年4月号(VOL.328)』第28巻第4号、ソニー・マガジンズ2012年3月9日、 094-095頁、 JAN 4910075550422、雑誌 07555-04。
  5. ^ 藤井美保「INTERVIEW ポルノグラフィティ「02. Album『PANORAMA PORNO』全曲解説(解説:岡野昭仁、新藤晴一)」」、『WHAT's IN? 2012年4月号(No.298)』第25巻第4号、ソニー・マガジンズ、2012年3月14日、 036頁、 JAN 4910198550422、雑誌 19855-04。
  6. ^ 大畑幸子「INTERVIEW ポルノグラフィティ「SELF LINER NOTES↓」(解説:新藤晴一)」、『CD&DLでーた 2012年3>4月号(2012 No.2)』第24巻第2号、エンターブレイン2012年3月14日、 050頁、 JAN 4910043610424、雑誌 04361-04。
  7. ^ その日に「EXIT」が初オンエアされたが、「タイトルを変えたい」と言ってからは「EXIT(仮)」と言っていた。

外部リンク[編集]