D-30 122mm榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
D-30 122mm榴弾砲
D-30 howitzer.jpg
アフガニスタン軍のD-30 122mm榴弾砲
種類 榴弾砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1963年~
配備先 #採用国を参照
関連戦争・紛争 第四次中東戦争
イラン・イラク戦争
アンゴラ内戦
ソ連のアフガニスタン侵攻
湾岸戦争
ユーゴスラビア紛争
チェチェン紛争
南オセチア紛争など多数の戦争・紛争
開発史
製造数
諸元
重量 3,210kg
全長 5.4m(牽引状態)
銃身 4.636m(38口径)
全幅 1.9m(牽引状態)
全高 1.6m(牽引状態)
要員数 8名

砲弾 装薬:分離薬莢式
口径 122mm
砲身 4.636m(38口径)
砲尾 半自動垂直鎖栓式
反動 液気圧式駐退機
砲架 三脚式
仰角 -7° ~ +70°
旋回角 360°
発射速度 7~8発/分(最大)
1発/分(持続射撃)
初速 m/秒
有効射程 15,400m(標準榴弾)
最大射程 21,900m(ロケット補助推進弾)

122mm榴弾砲D-30ロシア語: 122-мм гаубица Д-30)とは、ソ連1960年代に開発した122mm口径の榴弾砲である。
なお、ロシア軍ではGRAUコードでは2A18とも呼称され、西側諸国がD-30の存在を確認したのは1963年であることからM1963 122mm榴弾砲のNATOコードが与えられている。

概要[編集]

D-30は、第二次世界大戦中の赤軍師団榴弾砲であったM-30(M1938) 122mm榴弾砲を更新する目的で、第二次世界大戦の後期にドイツが設計したde:10,5-cm-leichte Feldhaubitze 43を基に1960年代に設計された。

D-30は長砲身を採用することで当時の西側製105mm榴弾砲を大きく凌駕する15kmもの長射程を実現しており、反動吸収用のマズルブレーキも装着されている。また閉鎖機も従来の断隔螺旋式から半自動開閉機構付き垂直鎖栓式に変更され、連射速度も向上している。また自衛程度の限定的状況において対戦車戦闘も行えるように、直接照準用の照準器と対戦車用の成形炸薬弾も開発されている。

D-30の最大の特徴は、三脚式の砲架を採用している点である[1]。三脚式砲架を使用することで、D-30は砲自体の方向を調整すること無く文字通りの360度全周囲を砲撃することが可能となった。

牽引時には3本の脚を固定された1本の左右に揃えてトラベルロックで砲身と固定し、砲身先端下部のリングで牽引車両のフックに引っかける。牽引車両には装軌式のen:MT-LB汎用装甲車、6輪式トラックのウラル-375Dかその後継のウラル-4320、4輪式トラックのen:GAZ-66が使用される。

砲撃準備には内蔵ジャッキで本体を支えて車輪を持ち上げてから3本の脚を120度間隔に展開し、ジャッキを降ろしてから脚の先端にY字型の駐鋤をハンマーで地面に打ち込み固定する。

運用[編集]

D-30は旧東側諸国を中心として世界60か国が採用しており、冷戦期から現在まで多くの戦争紛争で広く用いられている。

ソビエト連邦軍では戦車師団自動車化狙撃兵師団に多数配備されたが、機動力向上のために2S1グヴォズジーカ2S3アカーツィヤなどの自走榴弾砲に更新されていった。

しかしP-7機材用パラシュートによって輸送機から空挺投下することが可能な唯一の榴弾砲であるためロシア空挺軍では未だに唯一の榴弾砲として現役で使用されているほか、現在のロシア連邦軍でも多くのD-30が予備兵器として保管されている。

2S1グヴォズジーカの主砲にも、このD-30を改良したものを主砲として採用している。さらに、エジプトシリアでは中古のT-34戦車の車体にそれぞれ独自の方法でD-30を搭載した自走榴弾砲を製造している。

中華人民共和国ではリバースエンジニアリングによる無断デッドコピーの86式122mm榴弾砲やその改良型である96式122mm榴弾砲を生産して人民解放軍に配備するとともに、海外へ輸出している他、多くの国でライセンス生産やデッドコピーの生産が行われている。また85式122mm自走榴弾砲YW-323)や89式122mm自走榴弾砲PLZ-89)など、多くの自走砲の主砲として用いられている。

派生形[編集]

  • 2A18 / D-30 - 初期型。多段スリット式のマズルブレーキを有する。
    • 2A18M / D-30M - マズルブレーキを新型の二段式に変更、四角形の中央底盤を装備。
    • 2A18M-1 / D-30M-1 - 半自動式の装填補助装置を搭載した型。試作のみ。
    • D-30A - 駐退復座機とマズルブレーキを改良した型。
    • 2A31 - 2S1グヴォズジーカの主砲として設計された派生形。二段式マズルブレーキと、砲身に排煙器を備えている。
  • 86式 - 中華人民共和国でデッドコピーされたD-30。少数生産。
    • 96式 - 中国製の派生形。86式の改良型。主生産型。
    • D-30-2 - 中国製の派生形。86式の輸出向け改良型。
    • D-30-3 - 中国製の派生形。59式(D-44)85mm野砲の砲架にD-30の砲身を搭載した。
  • D 30-M - エジプトでライセンス生産されているD-30
    • SP 122 - M109自走榴弾砲の車体にD-30を搭載した自走榴弾砲。
  • Saddam - イラク製のD-30
  • Shafie D-30I / HM-40 - イラン製のD-30
  • D-30J - ユーゴスラビア・セルビア製のD-30M
    • D-30JA1 - セルビア製の改良型
    • M-91 "Mona" - MT-12 100mm対戦車砲の砲身を搭載した派生形。試作のみ。
  • D30 RH M-94 - クロアチア製の派生形。新型のマズルブレーキを装着して車輪のブレーキを改良し、砲架を再設計した上でNATOスタンダードの照準器を搭載している。
  • Khalifa - スーダン製ライセンス生産型

採用国[編集]

旧ソビエト連邦構成国

ウクライナ、ベラルーシ、ロシア、アルメニア、アゼルバイジャン、グルジア、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタン、エストニア(フィンランドより購入)、ラトビア

ヨーロッパ

ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、マケドニア共和国、セルビア、スロバキア、フィンランド

中東

レバノン、シリア、イエメン、イラク、イラン

南アジア・東南アジア・東アジア

アフガニスタン、バングラデシュ、カンボジア、ラオス、ベトナム、中華人民共和国、モンゴル

中央アメリカ・南アメリカ

ニカラグア、ペルー、キューバ

アフリカ

エジプト、リビア、アルジェリア、モロッコ、アンゴラ、ベニン、コンゴ共和国、エチオピア、マダガスカル、マリ、モーリタニア、モザンビーク、ザンビア

登場作品[編集]

ゲーム

弾種は榴弾、白リン弾、照明弾、対装甲探知破壊弾、レーザー誘導砲弾、発煙弾が用意されている。
プレイヤーが直接操作するほか、砲撃モジュールを使用して任意の地点に火力支援を要請可能。

漫画

Dragon Shooter編にて登場。テレビアニメでは#10 Dragon Shooter phase.2。

ギャラリー[編集]

備考[編集]

  1. ^ 三脚式を始めとする多脚式砲架は主に高射砲で使用されていたが、第二次世界大戦以降は高射砲自体が廃れていったため現在ではあまり見られない。第二次世界大戦後に設計された榴弾砲は一部の軽量砲を除いて二脚式砲架が主流となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]