ウラル-375D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラル-375D

ウラル-375Dは、1965年ソビエト連邦にあるウラル自動車工場で開発された4.5トン、6×6の多目的トラックである。

概要[編集]

ZIL-157の後継車として設計開発され、ウラル-375Dは、ウラル4320が登場するまで製造されていた。

ウラル-375Dは、軍用として物資輸送に使用された以外に車体にロケットランチャーを搭載した車両も導入された。

バリエーション[編集]

  • ウラル-375 - 幌無し。
  • ウラル-375A - ノーマルのシャーシを短く改良したワゴンスタイルのモデル。
  • ウラル-375S - トレーラー・トラクタータイプで、全長を切り詰めている。

主要諸元[編集]

ウラル-375Dは、GAZ-66およびZIL-131と装備がほぼ同じ。

  • 乗員数:3名
  • ペイロード:9,920lb(ウラル-375S:22,050lb)
  • 総重量:11,020lb
  • loading height:4'7.9".
  • サスペンション:solid axles, leaf springs, rear wheels at balance-cart
  • エンジン:180馬力 (130 kW) ZIL-375YA V8 ガソリン
  • ギアボックス:5x2段
  • 最高時速:76k/m
  • ブレーキ:ドラム・空気圧コントロール
  • 停止距離:36'
  • Measures:LxWxH = 24 ft 1 inx8'10"x8'9.5", wheel base 13'9.4". Track
  • Maneuverability:turning circle 69',
  • 最低地上高:15.7"
  • タイヤ:14-20",
  • タイヤ圧:0.3-2 p.s.i(controlled).
  • 燃料タンク:79+16gal. Fuel economy:4.9mpg(at 19-25mph), 2.94mpg(city cycle).

登場作品[編集]

ゲーム
ZU-23-2搭載型や、燃料補給仕様など数種類が用意されており、プレイヤーやAIが操作可能。

運用国[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]