An-70 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
離陸するAn-70
モスクワ航空ショーで展示されたAn-70
モスクワ航空ショーで展示されたAn-70の前頭部

An-70(アントノフ70;ウクライナ語:Ан-70アーン・スィムデスャートロシア語:Ан-70アーン・スィェーミヂスャト)は、ウクライナ航空機メーカーであるO・K・アントーノウ記念航空科学技術複合体(アントノフ)で開発された航空機である。ソ連時代に開発され運用されてきたAn-12輸送機を置き換える次世代ターボプロップ4発貨物機輸送機としての運用が予定されている。

概略[編集]

An-12後継機の構想は1970年代からあったものの、それがAn-70として本格的な開発となったのは1990年代のことである。1994年12月16日に試作初号機がウクライナのキエフ近郊のホストーメリ空港で初飛行した。この開発計画はウクライナとロシア双方が費用を折半することに合意しており、生産をキエフの航空機工場アヴィアーントとロシアのサマーラの航空機工場アヴィアコルで行う計画であった。またロシア政府はロシア空軍にAn-70を160機導入する意向があると示唆し、北大西洋条約機構(NATO)へも売込みが図られた。そのためAn-70は軍用輸送機として運用されることを想定していた。

試作初号機は1995年2月10日キエフ州での試験飛行中に墜落事故を起こした。エスコートをしていたAn-72と空中で衝突したAn-70は森へ墜落し、乗員7名全員の生命と機体が失われた。損傷したAn-72はホストーメリ空港に無事帰着した。また、2001年には2号機も緊急着陸の最中に損傷する事故を起こした。こうした中、搭載するD-27エンジンの開発も遅れ、その結果エンジン価格の高騰も生じた。

初号機の事故のあとロシア政府はAn-70の性能に疑いを持ち、さらなる改良を要求してきた。しかし、一向に開発が進まないことと政治的事情(2004年オレンジ革命)のために、ロシア政府は自国のIl-76MFよりも重量が重く高価になったとして、2006年4月に開発計画からの撤退を発表した。

だが、その後も機体の開発はウクライナ単独で継続され、2006年にはAn-70の完成が発表された。同年6月にホストーメリ空港で行われたアヴィアスヴィートXXIでは、機体番号UR-NTK機がアントノフの他の機体(An-225ムリーヤや2 機のAn-148)とともに編隊飛行も披露した。アヴィアーントのオレーフ・シェウチェーンコの説明によれば、ウクライナ空軍は保有機材の近代化の一環として2008年に2 機のAn-70を導入する。An-70は、1 機当たり8600万フルィーヴニャ(当時1700万ドル)であると見積もられている。

また、An-70は現在もアントノフやアヴィアーントの「顔」であるらしく、キエフのアヴィアーント本社前にはこの機体の看板が掛けられている。なお、An-124ルスラーンやAn-225ムリーヤのような大型機の製造・整備の行われているのもアヴィアーントである。

機体[編集]

高翼配置の主翼を持ち、尾翼も通常の形式である。二重隙間フラップを有しSTOL性を考慮、軽荷状態では900mの非舗装滑走路でも離着陸できる[1]。両尾翼とも二重ヒンジ式であり、機動性を重視している。主脚は胴体脇の控えめなバルジ内に収納しており、6輪ダブルタイヤである。エンジンはプロップファンを4基装備、二重反転式であり8枚翅と6枚翅の組み合わせとなっている。これにより、低燃費を確保している。An-70の機体には複合材が使われており、操縦系統もグラスコックピットフライバイワイヤーが使われるなど先進的な技術が導入されている。乗員は3名。

派生型[編集]

An-70
基本型の戦略軍用輸送機。
An-70T
D-27エンジン4発を装備した民間向け輸送機型。35 tの積載物を搭載し、3800 kmの航続距離を持つ。もしくは、20 tの積載量で7400 kmを飛行できる。滑走路の舗装・未舗装に拘らず1300 mの距離があれば離着陸ができるとされた。これは、独立国家共同体のあらゆる飛行場で運用可能となる能力であった。
An-70TK
An-70Tの派生型で、旅客機として設計されている。
An-70-100
D-27エンジン2 発を装備する双発派生型。D-27エンジンは高価であるため、それほど輸送力の必要とされない場合には双発化した機体を運用することが有効であると考えられた。An-70-100は、少ない積載量と簡略された降着装置を有した。離着陸に要する距離は2500 mとなり、30 tの積載量で1000 kmの飛行、あるいは燃料搭載量を増加し20 tの積載量で4300 kmの飛行が可能とされた。
An-77
CFM56-5A1エンジン4 発を搭載した戦略軍用輸送機型で、西側諸国に対し提示された派生型。
An-7X
NATOに対し提示されていた派生型で、NATO軍の基本輸送機として採用される見込みもあった。
An-112KC
アメリカ空軍のKC-X計画向けにアメリカの航空宇宙産業とアントノフのチームが提案した空中給油機仕様のAn-70で[2][3]アメリカ空軍は提案を拒否したので[4]提案後に廃止された。[5][6]
An-188
An-70をベースに開発中の機体であり、エンジンをターボファン2機に変更する[7][8]

運用国[編集]

ウクライナの旗 ウクライナ
ウクライナ空軍 - 2011年から2012年にウクライナ空軍が2機導入する予定。
ロシアの旗 ロシア
  • ロシア空軍 – 2010年6月24日に60機発注した。2011年3月初頭の時点においてロシアは2015年から2016年に再設計されたAn-70を60機導入することを検討していた[9]。しかし、ウクライナ危機の影響から導入は不透明となっている。
  • ヴォルガ・ドニエプル航空 – 最大5機の導入を期待する。[10]

スペック[編集]

ウクライナの40コピーイカ切手に描かれたAn-70(1998年発行)
  • 全長:40.70 m
  • 全幅:44.06 m
  • 高さ:16.38 m
  • 機体重量:66.23 t
  • 積載重量:47 t
  • 最大離陸重量:130 t
  • 最大速度:780 km/h
  • 操縦乗員:3 - 5 名
  • 乗客:300 名の軍人もしくは206 名の負傷者、または47000 kgまでの積載物
  • エンジン:イーウチェンコ=プロフレース設計局D-27 ×4
  • 航続距離:8000 km(フェリー時)、6600 km(20 tの貨物搭載時)
  • 最大上昇限界高度:12000 m

脚注[編集]

  1. ^ 世界航空機年鑑2007-2008 酣燈社 2007年 ISBN 978-4873572703
  2. ^ Trimble, Stephen. "US Aerospace appeals against KC-X exclusion, blames USAF ‘conspiracy’". Flight International, 5 August 2010.
  3. ^ "An-112KC KC-X proposal revealed?". AirForces Monthly, 6 August 2010.
  4. ^ "USAF excludes “late” KC-X bid". Australian Aviation, 9 August 2010.
  5. ^ Butler, Amy. “U.S. Aerospace Files Second KC-X Protest”. The McGraw-Hill Companies, Inc. 2010年9月12日閲覧。
  6. ^ Bennett, John T. "GAO Denies U.S. Aerospace-Antonov KC-X Protest". Defense News, 6 October 2010.
  7. ^ «Антонов» разработает новый транспортный самолет Ан-188
  8. ^ «Антонов» разработает новый транспортный самолет Ан-188
  9. ^ Russia will acquire 60 Ukrainian An-70s
  10. ^ Antonov: Ukraine to receive first An-70 next year”. 2010年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]