An-24 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
An-24V
ウクライナ地中海航空のAn-24RV
概要
用途 旅客機
乗員
座席数 44-52席
初飛行 1959年
製造者 アントノフ設計局
単価
寸法
全長 23.53m
全幅 29.20m
全高 8.32m
翼面積 74.98m²
重量
空虚 13,300kg
運用
最大離陸 21,000kg
動力
エンジン イーフチェンコ設計局製Al-24A
出力 2.550-ehp×2
性能(目安)
最大巡航速度
最大速度 450km/h
航続距離 550km
最大運用高度 8,400m
上昇率
翼面荷重
ルーマニア空軍のAn-24RT
アルハンゲリスク航空のAn-24RV
An-24の操縦席
運用国の地図

An-24(アントノフ24;ロシア語:Ан-24アーン・ドヴァーッツァチ・チトィーリェ)は、ソ連(現ウクライナ)のアントノフ設計局(現ANTK アントーノウ)の製作した44-52座席のターボプロップ旅客機である。北大西洋条約機構(NATO)は、An-24に対し「コーク」(Coke)というNATOコードネームを割り当てた。

概要[編集]

An-24は、Il-14の後継機として1956年に開発が始められた。同時期にはオランダフォッカー社の開発したターボプロップ双発旅客機F27 フレンドシップが初飛行しており、この旅客機の成功を受け、ソ連でも同一のコンセプトによって製作されたといわれる。初飛行は1959年となった。

ソ連国内で1,000機以上が運用され、中国でもコピー機Y-7が生産された。現在でも独立国家共同体諸国やアフリカ諸国などで民間機および軍用機として約300機が現役として就航中である。サハリン航空の所有するAn-24が2007年初頭まで日本にも飛来していた。

オペレーター[編集]

旅客型運行会社[編集]

軍用型運用国[編集]

アフガニスタン空軍 - 1975年から6機を運用。
アルジェリア空軍
アンゴラ人民防空軍
アゼルバイジャン空軍
バングラデシュ空軍
ベラルーシ共和国軍
ブルガリア軍
カンボジア軍
中国人民解放軍空軍 - 中国生産分はY-7と呼称。
コンゴ空軍
キューバ軍
チェコ空軍 - 2005年まで。
東ドイツ空軍
エジプト空軍
グルジア空軍
ギニア軍
ギニアビサウ軍
ハンガリー空軍
イラン空軍
イラク空軍
カザフスタン軍
ラオス軍
リトアニア軍
マリ軍
モンゴル軍
朝鮮人民軍空軍
ポーランド空軍
ルーマニア空軍
ロシア空軍
スロバキア軍
ソマリア軍
スーダン空軍
シリア空軍
ウクライナ空軍
ウズベキスタン軍
ベトナム人民空軍
イエメン軍

関連項目[編集]

発展型

外部リンク[編集]