An-140 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
An-140
ヤクーチヤ航空のAn-140
要目一覧
運航乗員 2名
乗客 52(最大)名
初飛行日 1997年9月17日
運用開始 1999年
全長 22.60m
全幅 24.50m
高さ 8.23m
翼面積 51m²
エンジン クリーモフ
TV3-117VMA-SBM1双発
推進力 1,864kW(2,500hp)
最大離陸重量 21,500kg
機体重量 13,200kg
最大速度 575km/h
巡航速度 460-540km/h
航続距離 3,050km
実用上昇限界 7,200m
生産数 31機
ユニットコスト -2,000万USドル2012年時点)

An-140(アントノフ140;ウクライナ語Ан-140アーン・ストー・ソーロク)は、ウクライナアントノフ設計局が開発した双発ターボプロップ旅客機である。

概要[編集]

開発は、1993年に開始され1997年6月に試作機が完成した。初飛行は1997年9月17日2000年ロシアにおいて、型式証明を取得している。An-24の後継機種となるものであり、50席クラスの地域路線向けの機体である。胴体や主翼などは新設計で、直線翼の主翼を持ち、高翼配置となっている。主脚は胴体脇のバルジに納められているなど、非舗装飛行場における運用も考慮されている。

各種の派生型も計画されているが、長らく量産計画はあまり進んでいなかった。しかし、現在、若干数がアエロミースト・ハルキウなどですでに運用に入っており、アントノフでは今後の主力商品として販路拡大に期待している。2002年、まだロールアウト直後だった機体がランディング直前に付近の山岳地帯へ墜落し搭乗者全員が犠牲になる事故を起こしている[1]。原因はGPS機器の設定ミスとされた。

また、イランでIrAn-140としてライセンス生産されている。2014年8月には営業飛行の離陸直後にエンジンストールで墜落事故を起こし搭乗者48名のうち少なくとも38名の死亡が事故当日に確認された[2]

運行[編集]

現在、25機のAn-140が運行されており、18機のAn-140が発注されている。

運行会社 運行中 発注済
ウクライナの旗 アントノフ航空 3機 0機
ウクライナの旗 イルイッシュ・アビア 2機 0機
イランの旗 イラン警察航空隊 2機 0機
イランの旗 セパハン航空 5機 0機
ウクライナの旗 モトール・シーチ 3機 0機
ロシアの旗 ヤクーチヤ航空 4機 4機
ロシアの旗 ロシア国防省 7機 14機
合計 25機 18機

参考資料[編集]

  1. ^ 事故詳細(事故No,20021223a)2002年12月23日午後7時29分頃、ウクライナ・Kharkiv発トルコ・トラブゾン経由イラン・イスファハン行きAeromist Kharkiv(本社:ウクライナ)2137便アントノフAn-140(UR-14003)が着陸進入中にイスファハン近郊の山岳地帯に墜落
  2. ^ イラン旅客機墜落 パイロットはウクライナ人 テヘラン近郊で墜落 事故原因はエンジンの故障 IrAn-140を組み立てているのはイランの企業HESA。HESAは、ウクライナの航空製造企業「アントノフ」が供給する一式を組み立てている