牛ノ谷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
牛ノ谷駅
駅舎
駅舎
うしのや - Ushinoya
細呂木 (3.1km)
(5.7km) 大聖寺
所在地 福井県あわら市牛ノ谷36-11
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 北陸本線
キロ程 124.5km(米原起点)
電報略号 ノヤ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
23人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1921年大正10年)4月15日
備考 無人駅

牛ノ谷駅(うしのやえき)は、福井県あわら市牛ノ谷にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線である。

福井県最北端の駅で、駅より約0.5kmほど北にある熊坂トンネルを入ってすぐの所で石川県に入る。また、福井地域鉄道部管内としても最北となる(隣の大聖寺駅から金沢寄りは金沢支社直轄となる)。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。保線用の線路があるものの、絶対信号機がない停留所となっている。線路東側に駅舎があり、ホームとは構内踏切で連絡している。駅舎内に汲み取り式の便所がある。

福井地域鉄道部管理の無人駅であり、自動券売機も設置されていない。

牛ノ谷駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 北陸本線 上り 福井敦賀方面
反対側 北陸本線 下り 金沢富山方面
  • 案内上ののりば番号は設定されていない(ホーム上及び時刻表にも記載はされていない)。
  • 接近警告機から鳴るメロディは、下りホームが「村の鍛冶屋」、上りホームが「エリーゼのために」である。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

  • 99人(1998年度)
  • 96人(1999年度)
  • 90人(2000年度)
  • 84人(2001年度)
  • 74人(2002年度)
  • 73人(2003年度)
  • 70人(2004年度)
  • 64人(2005年度)
  • 53人(2006年度)
  • 45人(2007年度)
  • 52人(2008年度)
  • 48人(2009年度)
  • 29人(2010年度)
  • 24人(2011年度)
  • 23人(2012年度)

駅周辺[編集]

駅舎のほぼ目の前を北陸自動車道が通っており、北陸本線は熊坂トンネルに入る前でアンダークロスしている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
北陸本線
細呂木駅 - 牛ノ谷駅 - 大聖寺駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『福井震災誌』(名古屋鉄道局、1950年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]