南条駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南条駅*
駅舎
駅舎
なんじょう - Nanjō
湯尾 (3.5km)
(4.5km) 王子保
所在地 福井県南条郡南越前町西大道19-42
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 北陸本線
キロ程 72.2km(米原起点)
電報略号 ナン
サナ(鯖波駅時代)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
331人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1896年明治29年)7月15日
備考 簡易委託駅
POS端末設置
* 1973年に鯖波駅から改称。

南条駅(なんじょうえき)は、福井県南条郡南越前町西大道にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線。南越前町の中心駅である。

駅構造[編集]

単式ホーム2面2線を有する地上駅。かつては単式ホーム1面2線と島式ホーム1面2線の2面3線を有したが、中央の線路(島式ホーム側)が撤去され、一部は保線車両の引上線に転用されている(武生側からのみ出入り可能)。元々単式であった上りホーム側に駅舎があり、ホーム間は地下通路で連絡している。

福井地域鉄道部管理の出札窓口にPOS端末が設置された簡易委託駅で、駅舎は商工会館と併設となっている。

南条駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 北陸本線 上り 敦賀米原方面
反対側 北陸本線 下り 福井金沢方面
  • 案内上ののりば番号は設定されていない。[1]
  • 上りホームのみ接近警告機から「エリーゼのために」のメロディが鳴る。下りホームの接近警告機は警告音のみ。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通り[2]

  • 452人(1998年度)
  • 421人(1999年度)
  • 419人(2000年度)
  • 411人(2001年度)
  • 396人(2002年度)
  • 381人(2003年度)
  • 370人(2004年度)
  • 368人(2005年度)
  • 360人(2006年度)
  • 356人(2007年度)
  • 366人(2008年度)
  • 351人(2009年度)
  • 332人(2010年度)
  • 316人(2011年度)
  • 331人(2012年度)

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
北陸本線
快速(早朝に上り1本のみ運転)
今庄駅南条駅武生駅
普通
湯尾駅 - 南条駅 - 王子保駅

脚注[編集]

  1. ^ ホーム上及び駅掲示時刻表にも記載はない。2面3線であった時代は存在していたと思われるが、現在はのりば番号標自体も外されている。
  2. ^ 出典:福井県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]