氷上の奇跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

氷上の奇跡(ひょうじょうのきせき Miracle on Ice)は、1980年2月22日に行われたレークプラシッドオリンピックアイスホッケー競技におけるアメリカソビエト連邦の試合で、ハーブ・ブルックス[1]ヘッドコーチに率いられたアメリカがソ連を4-3で破った試合のことを指す。

時代背景[編集]

国家元首には、「スポーツは単なる娯楽ではない。国民の健康増進、犯罪率低下、国防力増強、労働生産性向上につながる最優先課題だ」との考えがある中[2]第二次世界大戦後のソビエト連邦アメリカ合衆国の対立は、ミュンヘンオリンピックにおけるバスケットボール決勝での因縁[3]などスポーツの世界にも波及しており、米ソは国の威信を賭けその覇権を競っていた。

また、当時のアメリカ合衆国大統領ジミー・カーターソ連のアフガニスタン侵攻に対してモスクワオリンピックボイコットするかどうか考えていた[4]事や、その後のロサンゼルスオリンピックはソ連など東側諸国がボイコットするなど、数十年にわたる冷戦中でも、新冷戦のはじまりとも言われる緊張の高まっていた時期に、レークプラシッド大会は開催された。米ソの緊張が高まるなか、学生だけの地元アメリカチームが、金メダル確実と評価されていたソ連に挑むという構図だった。

米ソ対戦まで[編集]

当時アメリカ代表はミネソタ大学の学生中心のアマチュアチームで臨んだ[5]

一方インスブルック大会以降オリンピック4連覇中のソ連代表は国家が養成した実質的なプロ集団である「ステート・アマ」と呼ばれる選手達で固められており[6]、チームキャプテンでライトウィングのボリス・ミハイロフ、当時世界最高のゴールテンダーと呼ばれていたウラディスラフ・トレチャクソチ五輪聖火リレー最終走者)、ワレリー・ハルラモフらを擁し、オリンピック前の3ヶ月に42戦全勝していた[7]。また、前年の1979年にNHLオールスター(スウェーデン人選手3人を除き全てカナダ選手)との対戦となったチャレンジカップでは6-0と完封勝利するなど[8]、史上最強チームと呼ばれていた。

2月9日に両チームはマディソン・スクエア・ガーデンエキシビションゲームを行いソ連が10-3で勝利していた。アメリカはオリンピックに出場した12チーム中世界ランキング7番目であった[9]が、初戦のスウェーデンとの試合で残り30秒からゴールテンダーのジム・クレイグを下げて6人攻撃の末2-2の引き分けに持ち込み、続くチェコスロバキア(ソ連に次いで銀メダルを獲得するのではと予想されていた。)を7-3で破った。タフな相手であった2試合を乗り切ったアメリカは続く3戦を連勝して4勝1分でグループリーグを突破、決勝ラウンドに進んだ。一方ソ連は日本を16-0、オランダを17-4、ポーランドを8-1で下しグループリーグの強豪のフィンランドカナダとの対戦を待たず決勝リーグへの進出を決めた。上位4チームによるメダル争いとなる決勝ラウンドにはアメリカ、ソ連の他にスウェーデン、フィンランドが勝ちあがった[10]。アメリカとソ連は2月22日に激突する事となった。

ソ連のヘッドコーチ、ビクトル・チーホノフは選手をベストの状態に保とうと休養を取らせた。一方、アメリカのヘッドコーチ、ハーブ・ブルックスは猛練習を行った。試合前日、ニューヨーク・タイムズコラムニストデイブ・アンダーソン英語版は氷が溶けるかアメリカや他チームが奇跡を起こさない限り1960年のスコーバレーオリンピック以来の金メダルをアメリカが獲得することはなく過去7回中6回金メダルを獲得しているソ連が優勝するだろうと書いた[11]

試合[編集]

ホームのアメリカの観衆は星条旗を振り回したり、ゴッド・ブレス・アメリカを歌った。ABCは午後の試合であったこの試合の中継をプライムタイムに変更した。

試合は第1ピリオド9分12秒にアレクセイ・カサトノフのアシストでウラジーミル・クルトフがゴールを決めてソ連が先制した。第1ピリオド14分03秒にはアメリカのバズ・シュナイダーが同点ゴールを決めたが第1ピリオド17分34秒にセルゲイ・マカロフのゴールが決まり2-1と再びソ連がリードした。ジム・クレイグのプレイは良くなり味方のゴールを待望するようになった[12]。第1ピリオド終了間際にデーブ・クリスチャンが放ったスラップショットをトレチャクが弾き、そのリバウンドマーク・ジョンソンが残り1秒で決めて2-2で第1ピリオドを終了した。最後の1秒ソ連の選手はわずか3人しか氷上に出ずそのままロッカールームに引き上げた。

第2ピリオド、ソ連のヘッドコーチ、チーホノフはトレチャクに代えて控えのウラジーミル・ムイシュキンを送り出した。これは両チームの選手に衝撃を与えた。後にヴャチェスラフ・フェティソフはこの交代についてコーチはアメリカチームを過小評価しておりトレチャクに頼らずとも金メダルを獲得できると判断したのだろうと語っている[13]。ムイシュキンは第2ピリオドを無失点で終えた。ソ連は第2ピリオド2分18秒にアレクサンドル・マリツェフがゴールを決めて3-2とリードしたがクレイグは多くのシュートを防いだ。

第3ピリオド、ウラジーミル・クルトフがハイスティックの反則でペナルティを受けてパワープレイとなった時間終了直前の8分39秒にマーク・ジョンソンが同点ゴール。そして10分00秒、マイク・エルジオーニの逆転ゴールを決めた後10分間のソ連の攻撃をしのいでアメリカが勝利した。試合終了のブザーがなると、選手・監督と観客が大興奮し、スタンドは総立ちになった。

この試合をモントリオール・カナディアンズの元ゴールテンダー、ケン・ドライデンと中継していたABCのスポーツキャスター、アル・マイケルズによる実況は知られている。

“ Eleven seconds, you've got ten seconds, the countdown going on right now! Morrow, up to Silk. Five seconds left in the game. Do you believe in miracles? YES! ”

この試合はスポーツイラストレイテッドが選ぶスポーツにおける20世紀の出来事の20位に取り上げられた[14]

その後[編集]

この大会の決勝ラウンドは総当たり戦で金メダルを争うことになっていた。よく誤解されるが、この試合でアメリカの金メダルが確定したわけではない上に、この勝利後も1位から4位までいずれかの順位になる可能性があった。その後、アメリカはヤリ・クリも出場していたフィンランドを4-2で破り金メダルを獲得し、表彰式ではUSA!USA!コールが鳴りやまなかった。ソビエト連邦は最終戦でスウェーデンを下し銀メダルを獲得している。

20名のアメリカ選手のうち13名が後にNHL入りし、5名は500試合以上に出場した。

ソルトレイクシティオリンピック聖火点灯に集まった元アメリカ代表選手たち

アメリカのアシスタントコーチだったクレイグ・パトリックはNHLのピッツバーグ・ペンギンズゼネラルマネージャーとしてスタンレー・カップファイナルを制覇するなど成功を修めホッケーの殿堂入りを果たした。

ハーブ・ブルックスはオリンピック後いくつかのNHLチームのヘッドコーチを務めた。また1998年の長野オリンピックフランスを率いて8位に2002年のソルトレイクシティオリンピックではアメリカを率いて銀メダルを獲得した後、2003年に自動車事故で亡くなっている。

ジム・クレイグはNHLではわずか30試合の出場で1984年に引退した。またマイク・エルジオーニはNHL入りしなかった。

アメリカチームはスポーツ・イラストレイテッドが選ぶスポーツマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

それまでソ連の選手がNHLに入団することはなかったが1988年にセルゲイ・プリャーヒンカルガリー・フレイムスに入団した後、多くの選手が1989年からNHLに加入した。

22年後の2002年2月8日に20人のアメリカ選手のうち17人がソルトレイクシティオリンピックの開会式で22年ぶりに再会し、聖火を点火した[6]2005年に氷上の奇跡の舞台となったオリンピックセンターが、ハーブ・ブルックス・アリーナに名称が変更された。

2008年4月に16ヶ国から選ばれた56人の専門家によって20世紀を代表する6人の選手を選ぶ投票が行われ、ソビエト連邦のウラディスラフ・トレチャクヴャチェスラフ・フェティソフワレリー・ハルラモフセルゲイ・マカロフのレークプラシッド大会代表4名がスウェーデンのビョルエ・サルミン、カナダのウェイン・グレツキーと共に選出された[15]

出場選手[編集]

アメリカ合衆国[編集]

ポジション 背番号 名前 年齢 出身 大学
G 30 *ジム・クレイグ 21 ノースイーストン, マサチューセッツ州 ボストンU
D 3 *ケン・モロー 22 フリント, ミシガン州 ボーリング・グリーン州立
D 5 *マイク・ラムジー 19 ミネアポリス, ミネソタ州 ミネソタ
C 10 *マーク・ジョンソン 21 マディソン, ウィスコンシン州 ウィスコンシン大マディソン
RW 21 マイク・エルジオーニ (C) 25 ウィンスロップ, マサチューセッツ州 ボストンU
LW 8 *デーブ・シルク 21 Scituate, マサチューセッツ州 ボストンU
D 6 ビル・ベイカー 22 グランドラピッズ, ミネソタ州 ミネソタ
C 9 ニール・ブローテン 20 ロゾー, ミネソタ州 ミネソタ
D 23 デーブ・クリスチャン 20 ウォーロード, ミネソタ州 ノースダコタ
RW 11 スティーブ・クリストフ 21 リッチフィールド, ミネソタ州 ミネソタ
RW 10 ジョン・ハリントン 22 バージニア, ミネソタ州 ミネソタダルース
G 1 スティーブ・ジャナザック 22 セントポール, ミネソタ州 ミネソタ
LW 24 *ロブ・マクナラハン 22 セントポール, ミネソタ州 ミネソタ
D 17 ジャック・オカラハン 22 チャールズタウン, マサチューセッツ州 ボストンU
C 16 マーク・パベリック 21 エベレス, ミネソタ州 ミネソタダルース
LW 25 バズ・シュナイダー 25 バビット, ミネソタ州 ミネソタ
RW 19 エリック・ストロベル 21 ロチェスター, ミネソタ州 ミネソタ
D 20 ボブ・スーター 22 マディソン, ウィスコンシン州 ウィスコンシン
LW 27 フィル・バーコータ 22 ダルース, ミネソタ州 ミネソタ
LW 15 マーク・ウェルズ 21 セントクレアショア, ミシガン州 ボーリング・グリーン州立

ソビエト連邦[編集]

ポジション 背番号 名前 年齢 出身
G 20 *ウラディスラフ・トレチャク 27 モスクワ州
D 2 *ヴャチェスラフ・フェティソフ 21 モスクワ
D 7 *アレクセイ・カサトノフ 20 サンクトペテルブルク
C 16 *ウラジーミル・ペトロフ 32 クラスノゴルスク
LW 17 *ワレリー・ハルラモフ 32 モスクワ
RW 13 *ボリス・ミハイロフ (C) 35 モスクワ
RW 19 ヘルムート・バルデリス 27 リガ
D 14 ジネチュラ・ビリアレトディノフ[16] 24 モスクワ
RW 23 アレクサンドル・ゴリコフ 27 ペンザ
C 25 ウラジーミル・ゴリコフ 25 ペンザ
LW 9 ウラジーミル・クルトフ 19 モスクワ
RW 11 ユーリイ・レベデフ 28 モスクワ
RW 24 セルゲイ・マカロフ 21 チェリャビンスク
C/RW 10 アレクサンドル・マリツェフ 30 キーロボチェペツク
G 1 ウラジーミル・ムイシュキン 24 キーロボチェペツク
D 5 ワシリ・ペルブーヒン 24 ペンザ
LW 26 アレクサンドル・スクヴォルツォフ 25 ゴーリキー
D 12 セルゲイ・スタリコフ 21 チェリャビンスク
D 6 ワレリー・ワシリエフ 30 ゴーリキー
C 22 ビクトル・シュルクトフ 26 インタ

* 先発選手

映画[編集]

この実話を元にした映画『ミラクル』(カート・ラッセル主演、ギャヴィン・オコナー監督)が2004年に製作された[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1960年のスコーバレーオリンピック直前に代表落ちしていた。この時アメリカは金メダルを獲得した。
  2. ^ ロシア・プーチン首相の発言・2010年2月16日共同通信社 佐藤親賢記者 配信
  3. ^ ミュンヘンオリンピック・ハイライト参照
  4. ^ 実際にアメリカをはじめ西側諸国の多くがボイコットした
  5. ^ NHL選手がオリンピックに出場できるようになったのは1998年の長野オリンピックから。
  6. ^ a b 「奇跡の男たち」に大歓声 80年五輪快挙の17人点火信濃毎日新聞 2002年2月10日
  7. ^ Miracle
  8. ^ 1979 Challenge Cup
  9. ^ Ask Eddie
  10. ^ 予選で対戦したアメリカVSスウェーデン、ソ連VSフィンランドは予選の対戦結果を元にして順位が決定され各チームは決勝ラウンドでは2試合戦った。
  11. ^ Kuzmiak, Eric (2008年6月11日). “Open-Mic: Greatest Sports Achievements - Do You Believe in Miracles?”. Bleacher Report. 2009年4月30日閲覧。
  12. ^ この試合ソ連のシュート39に対してアメリカのシュートは16にとどまった。
  13. ^ Fetisov has mixed feelings over 'Miracle'”. NHL (2006年10月2日). 2010年8月21日閲覧。
  14. ^ The anniversary of a Miracle
  15. ^ IIHF Centennial All-Star Team
  16. ^ 2004年アイスホッケー・ワールドカップロシア代表
  17. ^ トロントWebタウン情報誌

外部リンク[編集]