ワレリー・ワシリエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
男子 アイスホッケー
オリンピック
1972 札幌 団体
1976 インスブルック 団体
1980 レークプラシッド 団体

ワレリー・イワノビッチ・ワシリエフロシア語: Валерий Иванович Васильев, ラテン文字転写: Valeri Ivanovich Vasiliev1949年8月3日 - 2012年4月19日)はロシアのゴーリキー(現ニジニ・ノヴゴロド)出身の元アイスホッケー選手。ポジションはディフェンスマン。ソビエト連邦リーグオールスターに8回選ばれ、アイスホッケーソビエト連邦代表で13年間プレイ、キャプテンを務めたこともある。彼とウラジーミル・ルーチェンコワレリー・ハルラモフウラジーミル・ペトロフボリス・ミハイロフのユニットはスーパー5と呼ばれた。

経歴[編集]

モスクワにあるスポーツソサエティーで鍛えられた。ソ連代表としてアイスホッケー世界選手権で9度金メダルを獲得、同大会で5回大会オールスターに選ばれ、また1973年、1977年、1979年には最優秀守備選手に選ばれた。オリンピックでは札幌オリンピックインスブルックオリンピックで金メダル、レークプラシッドオリンピックで銀メダル、他に1972年のサミットシリーズ1976年カナダカップ1981年カナダカップなどに出場している。

現役引退後の1984年から1989年までHCダイナモ・モスクワのジュニアチームのコーチ、その後ドイツでのコーチを経て1996/1997年にはHCスパルタク・モスクワのアシスタントコーチに就任、1998年にはIIHFホッケーの殿堂入りを果たした。

また1978年に労働赤旗勲章を授与されている。

2012年4月19日、病気のために死去[1]。62歳没。

プレイスタイル[編集]

ソ連国内ではフィジカルにタフであることと汚いプレイをすると評価されていたが、1972年のサミットシリーズを観戦したスポーツライターのYuri Vanjatによるとカナダ選手に比べてはるかにクリーンヒットしていたと評された。ソビエト連邦アイスホッケー史上最もタフなディフェンスマンと見られており、人々にティム・ホートンを思い出させた。アレクセイ・カサトノフヴャチェスラフ・フェティソフのような攻撃力は持たなかったがより優れた防御力を誇った。相手選手は彼と対峙するのを嫌がられた。彼はそのプレイスタイルからNHL選手と対戦するのを楽しんでおり、1972年のサミットシリーズ1979年チャレンジカップ1981年カナダカップなどでウェイン・グレツキーギイ・ラフレールマーセル・ディオンらと対戦している。

個人記録[編集]

  • ソビエト連邦リーグ 619試合(リーグ記録)出場、71ゴール
  • ソビエト連邦代表 285試合出場、43ゴール

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Vasiliev the great passes at 62 INTERNATIONAL ICE HOCKEY FEDERATION 2012年4月20日閲覧