1979年チャレンジカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1979年チャレンジカップ(1979 Challenge Cup)はNHLオールスターズとアイスホッケーソビエト連邦代表とのエキシビジョンマッチ。試合はニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンで1978年-1979年シーズンのNHLオールスターゲームの代わりに3試合開催されソ連が2勝1敗で勝ち越した。

それまでに開催されたサミット・シリーズ1974年サミット・シリーズ1976年カナダカップなどと異なりシーズン開幕前でなく、NHLシーズン中に開催された。また1975年から1976年にかけて行われたスーパーシリーズと異なりソ連選抜チームとNHLのベストプレイヤーの間で行われ、これまでの各大会がカナダ人選手のみで構成されていたのと異なり1976年カナダカップにカナダ代表として出場した選手たちだけでなく、3人のスウェーデン人選手、ビョルエ・サルミンウルフ・ニルションアンダース・ヘドベリも出場した。

またソ連は最強ラインと呼ばれたウラジーミル・ペトロフワレリー・ハルラモフボリス・ミハイロフゴールテンダーウラディスラフ・トレチャク、ディフェンスにワレリー・ワシリエフと豪華な顔ぶれとなった。

ソ連のトップ選手の中ではアレクサンドル・マリツェフヴャチェスラフ・フェティソフが不参加であった[1]。NHLはこのシリーズをきっかけにNHL人気をアメリカ合衆国内で高めようと狙っていたが3大ネットワークのCBSNBCABCは見向きもしなかった[1]。NHLオールスターズが本番前に3回しか練習しなかったのに対してソ連チームは数週間の練習(オランダで試合が行われるマディソン・スクエア・ガーデンと似たリンクでの練習を含む)をした上で試合に臨んだ[2]。第1戦はギイ・ラフレールが先制点をあげNHLが勝利、第2戦でもNHLが一時2点差でリードしたが逆転でソ連が勝利して[3]対戦成績は1勝1敗のタイになった。第3戦でソ連はウラディスラフ・トレチャクの代わりに国際試合初出場となるウラジーミル・ムイシュキンゴールテンダーとして出場させた。試合はソ連が圧倒しNHLオールスターズはほとんどチャンスを作れずに6-0でソ連が勝利した[2]

第1戦[編集]

1979年2月8日 NHL 4-2 ソ連

第2戦[編集]

1979年2月10日 ソ連 5-4 NHL

第3戦[編集]

1979年2月11日 ソ連 6-0 NHL

この試合でソ連のゴールテンダーウラジーミル・ムイシュキンが国際試合初出場を果たした。

出場選手[編集]

NHLオールスターズ
アイスホッケーソビエト連邦代表

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Challenge Cup 1979 THE SUMMIT in 1974
  2. ^ a b Remembering the 1979 Challenge Cup 1972 SUMMIT SERIES. COM
  3. ^ a b 1979 Challenge Cup russianhockey.net

外部リンク[編集]