ヴラジーミル・ペトロフ (アイスホッケー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴラジーミル・ペトロフ
生誕 1947年6月30日(67歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦クラスノゴルスク
身長
体重
6 ft 0 in (1.83 m)
196 lb (89 kg; 14 st 0 lb)
ポジション センター
シュート 右利き
所属クラブ PHCクリリヤ・ソヴェトフ英語版
HC CSKAモスクワ
SKAレニングラード
代表 ソビエト連邦
現役期間 1965年 – 1983年
獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
男子アイスホッケー
オリンピック
1972 札幌 団体
1976 インスブルック 団体
1980 レークプラシッド 団体
アイスホッケー世界選手権
1969 スウェーデン 団体
1970 スウェーデン 団体
1971 スイス 団体
1972 チェコスロバキア 団体
1973 ソビエト連邦 団体
1974 フィンランド 団体
1975 ドイツ 団体
1976 ポーランド 団体
1977 オーストリア 団体
1978 チェコスロバキア 団体
1979 ソビエト連邦 団体
1981 スウェーデン 団体

ヴラジーミル・ヴラジーミロヴィチ・ペトロフロシア語: Влади́мир Влади́мирович Петро́в, ラテン文字転写: Vladimir Vladimirovich Petrov1947年6月30日 - )は、ソビエト連邦(現在のロシア)のアイスホッケー選手。札幌インスブルックオリンピックの金メダリスト。

ワレリー・ハルラモフボリス・ミハイロフと共に「黄金のトロイカ」と呼ばれたアイスホッケーソビエト連邦代表英語版が最強だった時代を代表する選手。

経歴[編集]

1947年6月30日、モスクワ郊外のクラスノゴルスクで生まれた[1]

アレクセイ・グリシェフヘッドコーチの率いるPHCクリリヤ・ソヴェトフで1965-67シーズン、アナトリ・タラソフヘッドコーチの率いるHC CSKAモスクワで1967-81シーズン、SKAレニングラードで1981-83シーズンプレーした。CSKA、ソ連代表でボリス・ミハイロフ、ワレリー・ハルラモフと組んだラインは史上最強ラインの1つとして知られる。このトリオでソビエト連邦国内リーグ(ソビエト・チャンピオンシップリーグ)では1086ゴール、ソビエト連邦代表で538ゴールをあげた[1]。世界選手権での歴代ポイントランクでミハイロフが98得点、71アシストの169ポイント、ハルラモフが74得点、85アシストの159ポイントで2位、ペトロフが74得点、80アシストの154ポイントで歴代4位となった[1]。1973年にはこのラインで86ポイントと1回の世界選手権における最多ポイントをあげている[1]

1969-70シーズンには51得点をあげたが、これはソビエトリーグにおいてわずか4人しか達成していない記録である[1]

オリンピックに3大会出場、1972年のサミットシリーズ英語版にも全8試合に出場し3ゴール、4アシストをあげた。

1992年5月22日から1994年4月8日までロシアアイスホッケー協会の会長を務めた。

2006年に国際アイスホッケー連盟殿堂入りを果たした。

人物[編集]

スケーティング技術はチームメートに比べて劣っていたが、スティックさばき、シュート力、フェイスオフ、フォアチェックに優れていた[1]

受賞[編集]

  • 世界選手権オールスター4回(1973年、1975年、1977年、1979年)
  • 世界選手権得点王4回(1973年、1975年、1977年、1979年)
  • ソビエトリーグ最優秀選手2回(1972年、1973年)
  • ソビエトリーグオールスター4回(1973年、1975年、1977年、1979年)
  • ソビエトリーグ得点王5回(1970年、1973年、1975年、1978年、1979年)[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g #16 Vladimir Petrov”. 1972summitseries.com. 2011年8月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


受賞や功績
先代:
アレクサンドル・ヤクシェフ
ソビエトリーグ得点王英語版
1970
次代:
アレクサンドル・マリツェフ
先代:
ワレリー・ハルラモフ
ソビエトリーグ得点王
1973
次代:
ヴャチェスラフ・アニシン
先代:
ヴャチェスラフ・アニシン
ソビエトリーグ得点王
1975
次代:
ビクトル・シャリモフ
先代:
ヘルムート・バルデリス
ソビエトリーグ得点王
1978, 1979
次代:
セルゲイ・マカロフ