ホーコン (ノルウェー王太子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホーコン
Kronprins Haakon
ノルウェー王太子
Haakon Magnus av Norge.jpg
ホーコン・マグヌス王太子
全名 Hans Kongelige Høyhet Haakon Magnus
出生 1973年7月20日(40歳)
ノルウェーの旗 ノルウェー
配偶者 メッテ=マリット
子女 マリウス
イングリッド・アレクサンドラ
スヴェレ・マグヌス
父親 ハーラル5世
母親 ソニア
テンプレートを表示
ノルウェー王室
Royal Arms of Norway.svg

ハーラル5世
ソニア王妃


ホーコン・マグヌス(Hans Kongelige Høyhet Haakon Magnus, 1973年7月20日 - )は、ノルウェーの王太子。ノルウェー王ハーラル5世ソニア王妃の長男。姉にマッタ・ルイーセ王女。

略歴[編集]

オスロに生まれる。海軍士官学校卒業後、ノルウェー海軍に入隊。除隊後、カリフォルニア大学バークレー校へ留学し、政治学を専攻した。また、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでは、開発学の修士号を取得し、オスロ大学でも学んでいる。

祖父オーラヴ5世、父ハーラル5世は共にオリンピック出場経験があり、ホーコンは1994年リレハンメルオリンピック最終聖火ランナーを務めた。

2000年オスロ大学の学生メッテ=マリット・ヒェッセム・ホイビー(Mette-Marit Tjessem Høiby, 1973年 - )との交際・同棲が発覚した。彼女の息子マリウス・ボルグ・ホイビー(Marius Borg Høiby, 1997 - )も含めた3人で、オスロ市内のアパートで同棲を始めていた。ごく普通の若い家族と同じように、ショッピングに出かける仲むつまじい様子が目撃されていた。ノルウェーでは結婚せずに同棲するのは珍しいことでなく、子供の半数が結婚していない両親を持つという。だが王位継承者が、27歳にして3歳の長男を持つシングルマザーと同棲しているというのは、さすがに前代未聞の出来事であり、大きく報道された。また、彼女の元恋人で子供の父親に当たる男は麻薬中毒で服役歴があること、メッテ=マリット自身もドラッグパーティーに出入りしていた経歴があることなどが次々に暴露され、「次の王妃にふさわしくない」との声が当然ながら巻き起こった。王室に対する90%もの支持率が一気に68%に低下し、国王夫妻は2人の結婚を認めていたことを正式に発表するも、逆にこのことが支持率をさらに43%まで低下させる要因となった。

2000年11月、正式に婚約を発表。その会見中、ホーコン王太子と並んだメッテ=マリットは、涙ながらに過去の不祥事を告白、謝罪し、この告白にノルウェー国民は感動した。同時に皇太子も、彼女と結婚するため王位継承権放棄まで考えたことを告白した。その後、国王夫妻、王太子、メッテ=マリットと息子マリウスの5人が歓談する映像がテレビで放映された。3歳の幼児を相手に膝をついて遊ぶ王妃の姿も放映され、国王夫妻が2人の結婚を認めていることを強く印象づけ、支持率が83%まで回復した。

2001年8月25日オスロ大聖堂で成婚。2階のバルコニーから登場した際、数万のノルウェー国民が熱狂的な声援で迎え、王太子は彼女の息子を抱き皇太子妃と2人で観衆の声援に手を振って応えた。当然のことながら、血縁関係のないマリウスには王位継承権はない。

2004年1月、長女イングリッド・アレクサンドラ王女が誕生した。1990年の憲法改正により、男女の区別なく第1子が王位継承権第1位となることから、彼女が将来ノルウェー初の女王となる。但し、この法律は1991年以降に生まれた王族に適用するものであり、1990年以前に生まれたホーコンの継承順位は変わっていない。さらに2005年にはスヴェレ・マグヌス王子(継承順位第3位)が誕生した。

父王の入院のため、2003年と2005年の2回、数ヶ月間摂政をつとめた。

上位:
-
本項人物が最上位
ノルウェー王位継承権者
継承順位第 1
下位:
イングリッド・アレクサンドラ王女
上位:
ハーラル5世
ノルウェー国王
イギリス王位継承順位
継承順位第 63
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位:
スヴェレ・マグヌス王子
ノルウェー王子