リレハンメルオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リレハンメルオリンピック
第17回オリンピック冬季競技大会
XVII Olympic Winter Games
Lillehammerutsikt fra Vingnessida 2.JPG
開催都市 ノルウェーの旗 ノルウェー リレハンメル
参加国・地域数 67
参加人数 1,739人(男子1,217人、女子522人)
競技種目数 6競技61種目
開会式 1994年2月12日
閉会式 1994年2月27日
開会宣言 ハーラル5世
選手宣誓 ベーガール・ウルバン
審判宣誓 Kari Karing
最終聖火ランナー ホーコン・マグヌス
主競技場 Lysgårdsbakken
テンプレートを表示

リレハンメルオリンピックは、1994年2月12日から2月27日までノルウェーオップラン県リレハンメルで行われた冬季オリンピック

これまでオリンピックは夏冬同じ年に開催していたが、これを2年ごとの隔年開催にするために冬季大会の開催を2年ずらし、前回のアルベールビル大会からわずか2年後の開催となった。

なお、リレハンメルはこれまでのオリンピック開催地では最も北に位置する。

大会開催までの経緯[編集]

リレハンメルオリンピックの開催は1988年9月15日韓国ソウルで開かれた第94回国際オリンピック委員会総会で決定された。開催地誘致は隣国スウェーデンエステルスンドとのスカンジナビア半島決戦となり、初の冬季大会開催を目指すスウェーデンが有利との下馬評だったが、大会会場をコンパクトに集約したリレハンメルが開催権を得た。

1994年冬季オリンピック 開催地投票
都市 1回目 2回目 3回目
リレハンメル ノルウェーの旗 ノルウェー 25 30 45
エステルスンド スウェーデンの旗 スウェーデン 19 33 39
アンカレッジ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 23 22 -
ソフィア ブルガリアの旗 ブルガリア 17 - -

ハイライト[編集]

  • 開会式はジャンプ会場で行われ、まずサマランチIOC会長の呼びかけにより、10年前の開催地・サラエヴォが内戦の戦火に曝される現状に対し、黙祷が捧げられた。オリンピック賛歌は、ノルウェーの国民的歌手で、同大会のテーマソング"Fire in your heart"も歌ったシセル・シルシェブーが歌い出し部分をアカペラで独唱した。続いて、クロスカントリーでリレーされた聖火が、ジャンプ台からトーチを持ったジャンパーによって会場に降りてきて点火された。[1]
  • 環境に優しいオリンピックを、というスローガンを掲げ、アイスホッケーの会場を岩をくり抜いた中に建設したり、スピードスケートの会場がバイキング船をモチーフにした木製の屋根を乗せた物になったり、またボランティアの手により閉幕後は積極的に花を植えたり、といった徹底ぶりが広く評価された。
  • 本大会開催前にはフィギュアスケートのアメリカ代表選考会で、トーニャ・ハーディングが前夫を暴行犯に雇い、ライバルのナンシー・ケリガンを殴打、負傷させたとされる事件があった。結局五輪本番でケリガンは銀メダルを獲得したが、ハーディングはフリー演技滑走前にスケート靴の紐がほどけたとアピール、泣きながら審判員に演技のやり直しを懇願、認められたものの結局8位入賞、という対照的な結果となった。
  • ノルディックスキー・ジャンプ団体で日本チームは最終ジャンパーの原田雅彦が105m以上飛ぶことができれば(=よほどの失敗ジャンプをしなければ)優勝が決まるはずであったが、結果は97.5mで2位に終わった。この失敗ジャンプで原田は大バッシングを受け、「大舞台に弱い」というイメージの払拭は長野オリンピックでの団体優勝を待たなければならなかった。
リレハンメルオリンピックの聖火台(2005年8月)
リレハンメル(2005年8月)

競技会場[編集]

  • Lysgårdsbakken(開閉会式、スキージャンプ、ノルディック複合(飛躍))
  • ホーコンズ・ホール(アイスホッケー)
  • ビルケバイネレン(クロスカントリー、ノルディック複合(距離)、バイアスロン)
  • エービク・オリンピック・キャバーン・ホール(アイスホッケー)
  • ハマー・オリンピック・アンフィシアター(ショートトラックスピードスケート、フィギュアスケート)
  • ヴァイキングスキーペット(スピードスケート)
  • ハーフィエル
  • ヴィットフジェル
  • Kanthaugen
  • リレハンメルオリンピックボブスレー&リュージュトラック

実施競技と日程[編集]

競技名 / 日付 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27
開閉会式
スキー
アルペンスキー
クロスカントリースキー
スキージャンプ
ノルディック複合
フリースタイルスキー
スケート
ショートトラックスピードスケート
スピードスケート
フィギュアスケート
アイスホッケー
バイアスロン
ボブスレー
リュージュ

各国・地域の獲得メダル数[編集]

国・地域
1 ロシア ロシア 11 8 4 23
2 ノルウェー ノルウェー(開催国) 10 11 5 26
3 ドイツ ドイツ 9 7 8 24
4 イタリア イタリア 7 5 8 20
5 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 6 5 2 13
6 韓国 韓国 4 1 1 6
7 カナダ カナダ 3 6 4 13
8 スイス スイス 3 4 2 9
9 オーストリア オーストリア 2 3 4 9
10 スウェーデン スウェーデン 2 1 0 3

主なメダリスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 開会式本番で聖火トーチを持ってジャンプ台から飛んだジャンパーはリハーサルで本来のジャンパーが着地失敗して骨折したため代役が務めた。

外部リンク[編集]