李寧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
男子 体操競技
中華人民共和国の旗 中国
1984 ロサンゼルス ゆか
1984 ロサンゼルス あん馬
1984 ロサンゼルス つり輪
1984 ロサンゼルス 跳馬
1984 ロサンゼルス 団体総合
1984 ロサンゼルス 個人総合

李寧(り・ねい、李宁、Li Ning、男性、1963年9月8日 - )は、中華人民共和国の元体操選手、実業家である。現役時代は「体操王子」として親しまれ国民的英雄だった。その後、李寧有限公司を立ち上げ、現在は会長。少数民族、チワン(壮)族出身。

主な成績[編集]

プロフィール[編集]

  • 1980年代に躍進した中国男子体操チームで常に中心選手であり続けた。6種目でこれといった不得意種目もなく、世界体操選手権及びオリンピックでは、個人総合にて優勝候補の常連であったが、優勝することはなかった。
  • ソウル五輪後、現役を引退して実業家に転進し、自らの名を冠した「Li Ning」ブランドを展開する李寧有限公司を立ち上げ、現在、会長職(ブランドマークは一見するとナイキに似ている[1])。
  • 北京オリンピックの開会式において、五輪聖火リレーの最終ランナーとして北京国家体育場で宙に舞い1周回り、聖火台の最終点火者を務めた[1]
  • 「私はスターじゃなく、一人の商人だ」と話し、これまでメディアへの露出を嫌ってきた。

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 産経ニュース【開幕(7)完】宙を舞い、空を駆け、聖火は走った(2008年8月9日01時10分配信、8月9日閲覧)

外部リンク[編集]