カタリナ=アマリア・ファン・オラニエ=ナッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタリナ=アマリア・ファン・オラニエ=ナッサウ
Princess Catharina-Amalia
De Prinses van Oranje
Catharina-Amalia, Princess of Orange.jpg
2013年
続柄 ウィレム=アレクサンダー国王第一子王女
称号 オラニエ女公
オラニエ=ナッサウ公女
オランダ王女
全名 カタリナ=アマリア・ベアトリクス・カルメン・ヴィクトリア
身位 皇太女(De Prinses van Oranje)
敬称 殿下(Koninklijke Hoogheid)
出生 2003年12月7日(11歳)
オランダの旗 オランダデン・ハーグ
父親 ウィレム=アレクサンダー
母親 マクシマ・ソレギエタ
テンプレートを表示
オランダ王室
Royal coat of arms of the Netherlands.svg


カタリナ=アマリア・ファン・オラニエ=ナッサウ(Catharina-Amalia van Oranje-Nassau, 2003年12月7日 - )は、オランダ国王ウィレム=アレクサンダーの第一子でオラニエ皇太女[1]オラニエ女公)。全名はカタリナ=アマリア・ベアトリクス・カルメン・ヴィクトリア(Catharina-Amalia Beatrix Carmen Victoria)で、通常は「アマリア」、公式には「カタリナ=アマリア」と呼ばれる。

人物[編集]

2003年12月7日、ヴィレム・アレクサンダーとその妃であるマクシマ・ソレギエタの間に第一子としてハーグで生まれた。王女の誕生が公にされた後、オランダ国内の4か所で王女の誕生を祝う101発の礼砲が発射された。

洗礼は2004年6月12日にハーグで行われ、おじのコンスタンティン王子マクシマ妃の弟マルティン・ソレギエタ、ヴィクトリア王太子代父母となった。

また2010年6月19日に行われたヴィクトリア王太子の結婚式ではイングリッド王女クリスチャン王子と共に花嫁の付き添い人を務めた。

趣味はフィールドホッケーバレエ乗馬バイオリン柔道

2002年1月25日に出された勅令により、カタリナ=アマリアはオランダ王女Prinses der Nederlanden)およびオラニエ=ナッサウ公女(prinses van Oranje-Nassau)の称号と殿下(Koninklijke Hoogheid)の敬称を持つ。

2013年、ヴィレム=アレクサンダーの即位に伴い王位の法定推定相続人としてオラニエ女公Prinses van Oranje)となった。

脚注[編集]

  1. ^ オランダ国王即位式のプログラム(2013年4月23日)、オランダ大使館・オランダ総領事館, Japan、2013年4月30日閲覧。
上位:
-
オランダ王位継承権者
継承順位第 1
下位:
アレクシア王女
上位:
ベアトリクス王女
オランダ王女
イギリス王位継承順位
ジョージ2世の娘アンの子孫)
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位:
アレクシア王女
オランダ王女