マーク・ジョンソン (アイスホッケー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

マーク・ジョンソン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子アイスホッケー
オリンピック
1980 レークプラシッド 団体

マーク・ジョンソン(Mark Johnson 1957年9月22日- )はアメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス生まれでウィスコンシン州マディソン出身の元アイスホッケー選手。1980年から1990年までNHLで669試合に出場した。また1980年にはレークプラシッドオリンピックで金メダルを獲得した。

アマチュア時代[編集]

ウィスコンシン大学マディソン校の伝説的なコーチだった父親のボブ・ジョンソンの下で3年間プレイした。1977年、1年次でNCAAチャンピオンシップ優勝を味わった。大学発の西部地区ホッケー協会(WCHA)の新人王に選ばれ、大学の歴代得点2位となりオールアメリカンには2度選ばれている。

国際大会及びプロ生活[編集]

父親がアメリカ代表コーチを務めていた1976年に18歳で国際大会に初出場し11試合でプレイしている。また1978年から1990年まで8回のアイスホッケー世界選手権に出場した。1980年のレークプラシッドオリンピックソビエト連邦戦の第1ピリオド終了間際にゴールを決めてソ連のコーチはウラディスラフ・トレチャクを交代させた。この疑問に残る采配[1]もあり、アメリカはこの試合で逆転勝利を収めた。この試合の第3ピリオドにも同点となる得点を決めている。またフィンランド戦でもゴールを決めて勝利に貢献し金メダルを獲得した[2]

NHLではピッツバーグ・ペンギンズミネソタ・ノーススターズハートフォード・ホエーラーズセントルイス・ブルースニュージャージー・デビルスでプレイした。1983年から1985年までの2年間はホエーラーズのキャプテンを務め、1984年のNHLオールスターゲームに選出された。また2年間はイタリアMilan Saima SGで、そして1992年には現役最後のシーズンをオーストリアのチームで過ごした。

また1998年のアイスホッケー世界選手権に41歳で2試合に出場しアメリカがグループAに残留するために力を尽くした。

現役引退後[編集]

引退後彼は1996年から2002年まではウィスコンシン大学マディソン校の男子チームのアシスタントコーチを行った。そして2002年から女子アイスホッケーチームのヘッドコーチをしている[3]。チームは2006年3月26日に行われたNCAAチャンピオンシップ決勝に勝ち初優勝を遂げた。翌2007年3月18日にも連覇を果たしている。

2001年にウィスコンシン州のホッケーの殿堂入り、2004年にはホッケーの殿堂入りを果たした。

2006年7月6日、彼はアイスホッケー女子アメリカ合衆国代表のヘッドコーチに就任し再建に乗り出した。2000年、2002年のアイスホッケーアメリカ合衆国代表のアシスタントコーチも行っていた。

受賞歴[編集]

  • NHLオールスターゲーム出場 (1984年)
  • WCHA ルーキー・オブ・ザ・イヤー (1977年)
  • WCHA オールスターファーストチーム (1978年, 1979年)
  • NCAA ウェストオールアメリカンファーストチーム(1978年, 1979年)
  • WCHA 最優秀選手(1979年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 後にジョンソンはNHLのチームでソ連代表だったヴャチェスラフ・フェティソフにこの交代について聞いたところ、「コーチは狂っていた」という発言を聞いている。Miracle On Ice: American Hockey's Defining Moment
  2. ^ Miracle on Ice
  3. ^ University of Wisconsin-Madison's women's hockey team

関連項目[編集]

外部リンク[編集]