奇跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

奇跡奇蹟、きせき、: miracle)は、など超自然のものとされるできごと。人間の力や自然法則を超えたできごととされること。

概説[編集]

基本的には宗教および信仰と結びついていることが多い。

旧約聖書にはモーセがさまざまな奇跡を行ったと記述されている。

キリスト教のうち、正教会カトリック教会、さらに聖公会プロテスタント内の福音主義は、福音書(『新約聖書』)に描かれていること、たとえばキリストの処女降誕、病者の治癒、死者の蘇生、キリストの肉体的復活などについて、キリストの生涯においては超自然的な出来事が起きたとする(イエスの奇跡も参照)。神自身が関わっているしるしとされ、人々を信仰へと導くものである。それに対し自由主義神学系の聖書学者は、それらを奇跡とは認めず、信仰上のイエス・キリストと史的イエスとを分離するアプローチを可としている。

人間にはできないことをするために聖霊が遣わされ、その人の救いのために必要な行い(すべきことやしてはならないことなど)を示す、との教えがある。カトリックでは使徒時代以降の聖人の身に起きたと伝えられる様々な不思議な出来事の一部についてついて、神とのつながりのしるしと認めるものもあるが、近・現代の出来事については教会法に奇跡の真偽判定の厳格な手続きを定めており、滅多なことでは奇跡とは認めず、ほぼ全て留保または却下するという。各国の教区内での起きた 信仰に関わるような不思議な出来事について、奇跡認定のための申請がヴァチカンに多数提出されてきたが、定められた手続きによってほぼ全て 奇跡認定が留保・却下されたという。ただし19世紀にベルナデッタ・スビルーにおきた出来事(「聖母の出現」や泉での難病治癒)についてはアレクシス・カレル(ノーベル賞学者)などが何度も調査した結果などもふまえて奇跡と認定したという。

奇跡 miracleという表現はどちらかと言うとキリスト教などを中心として用いられる用語で、それに相当するような内容を仏教や神道では「霊験」(れいげん)と言い、たとえば「霊験あらたか」などと表現する。

宗教学では奇跡の真偽の研究はせず、各宗教において奇跡や霊験とされる出来事・記述を収集・分類・比較し、またそれが信徒の心理や信仰とどのような関係があるか、などといったことなどを研究する。

聖書における「奇跡」を表す用語[編集]

聖書では「奇跡」と言う語は使用されていない。聖書では「奇跡」は、以下の3語によって言い表されている。

  • 「神の力」(the power of G-d):奇跡の起因からの名称である。奇跡は、被造物の世界に創造主である神が力をもって介入した時に起こることから、そのように称されている。
  • 「驚き」(wonders):奇跡の及ぼした結果からの名称である。奇跡は人々に常に驚きをもたらした。聖書には多くの奇跡が記録されているように思えるが、「驚き」という命名を見る限りにおいては、そうしばしば起こったことではないようである。もしそうなら、驚きをもたらさなかったであろう。
  • 「しるし」(signs):聖書が使用する名称の中で、特に特徴的なのがこの語で、奇跡の意義からの名称である。奇跡は単に驚きをもたらすためのものではなく、「しるし」・指標であった。それは、奇跡を行ったイエスがメシヤ、それゆえ単なる人ではなく神的な存在、であったことを立証するためになされたものであることを、聖書はこの語の使用によって主張している。ヨハネの福音書において顕著である。

転用[編集]

スポーツでは、格上に対する劇的な勝利や信じがたいプレーを奇跡と呼ぶことがある。(例)キンシャサの奇跡メドウランズの奇跡

サッカーでは、ある国やチームが後半ロスタイムに同点・逆転した場合や、圧倒的に格上のチームに勝利した場合にその出来事を開催地の名を取って「~の奇跡」と名付ける事がある。(例)イスタンブルの奇跡マイアミの奇跡カンプ・ノウの奇跡

スポーツ以外では、急激な経済発展を指すことがある。(例)東洋の奇跡漢江の奇跡

また、統計学的に極めて低い確率でしか起こらない(望ましい)ことが実現した場合にも用いられる。(例)奇跡の星地球液体を持ち、気候が安定し、高等生物が多数生息する星はめったに生まれないという立場からみた地球のこと)。また、心理学の研究を行う際に統計学が用いられる背景として、心理学は「奇跡的な」ある特定の人物や事象に関して文学的、記述的に行うものではなく、一般的で平均的な傾向、すなわち統計的に有意ではない傾向を統計学を用いて研究している。すなはち、既存の心理学の理論にはあてはまらない統計学的に有意な態度や行動を行う人物は少数ながら存在しており、ある意味彼らの人生を「奇跡」とみなすことが可能である。

悪用[編集]

「奇跡」という語は時として人々を惹きつける力を持ち、それゆえこれを悪用する例もある。悪徳商法や悪意のある新興宗教の勧誘で用いられる手法である。

奇跡に関連する作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]