榎戸駅 (千葉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
榎戸駅
駅舎(2005年10月)
駅舎(2005年10月)
えのきど - Enokido
南酒々井 (2.9km)
(3.7km) 八街
所在地 千葉県八街市榎戸924-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 総武本線
キロ程 62.2km(東京起点)
電報略号 エノ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,473人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1958年昭和33年)4月1日
備考 業務委託駅
ホーム(2008年10月)

榎戸駅(えのきどえき)は、千葉県八街市榎戸にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。ホーム間は、銚子よりにある跨線橋で連絡している。

佐倉駅管理のJR千葉鉄道サービスが駅業務を受託する業務委託駅で、小さな駅舎には出札窓口(POS端末設置)、自動券売機、簡易Suica改札機が設置されている。

現在、自由通路設置及び駅舎橋上化により東口を開設する計画がある。[1]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 総武本線 上り 佐倉千葉東京方面
2 総武本線 下り 八街成東銚子方面
  • 信号設備上、1、2番線いずれも両方面からの到着及び出発が可能である。
  • 1番線を上下本線とした一線スルー構造となっているが、信号設備上では下り本線は2番線であり、下り列車は基本的に2番線を使用する。
  • ホームは8両編成までに対応するが線路有効長は15両分ある。

利用状況[編集]

八街市の宅地化に伴い当駅の利用者も順当に増加したため、1997年平成9年)に無人駅から業務委託駅へ変更となり、増加していたが、その後減少傾向となっている。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1990年 1,398
1991年 1,479
1992年 1,764
1993年 1,813
1994年 1,941
1995年 2,202
1996年 2,312
1997年 2,453
1998年 2,630
1999年 2,671
2000年 2,730
2001年 2,768
2002年 2,761
2003年 2,733
2004年 2,756
2005年 2,726
2006年 2,708
2007年 2,644
2008年 2,579
2009年 2,540
2010年 2,508
2011年 2,479
2012年 2,473

駅周辺[編集]

駅周辺は大きな住宅地がある。

当駅佐倉寄りすぐの踏切とホームの間にある、無数のトゲのついた多数のボードは、以前、北側の住民がホームから線路に降りることを防止するために設置された。

バス路線[編集]

のりば 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
榎戸駅 北コース 松ヶ崎・交進小入口 ふれあいターミナル 八街市ふれあいバス
藤の台・立合松・文違新栄ニュータウン・八街総合病院・八街駅北口 ふれあいターミナル
街コース 八街高校 ふれあいターミナル
大谷津 ふれあいターミナル
北富山・老人福祉センター・八街総合病院・八街駅北口 ふれあいターミナル
北富山・富山コミュニティーセンター・八街総合病院・八街駅北口 ふれあいターミナル
北富山・富山コミュニティーセンター・八街総合病院 後野分 夕1本のみ

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
総武本線
快速
通過
普通(各駅停車)
南酒々井駅 - 榎戸駅 - 八街駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]