愛染恭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あいぞめ きょうこ
愛染 恭子
プロフィール
別名 青山涼子(旧芸名)
生年月日 1958年2月9日
現年齢 56歳
出身地 日本の旗 日本千葉県
血液型 B型
公称サイズ(2002年時点)
身長 / 体重 161 cm / 45 kg
BMI 17.4
スリーサイズ 83 - 60 - 85 cm
活動
デビュー 1975年:ピンク映画『痴漢地下鉄』
ジャンル AV女優、女優
モデル: テンプレート - カテゴリ

愛染 恭子(あいぞめ きょうこ、1958年2月9日 - )は、日本のポルノ監督、元ポルノ女優、元AV女優。旧芸名、青山 涼子(あおやま りょうこ)。千葉県野田市出身。

略歴[編集]

父方の祖母がカナダ人というクオーターである。幼少の頃は髪が金髪であったと、本人が『週刊文春』のインタビューで答えている[いつ?]

東京都立忍岡高等学校卒業後にスカウトされ、ヌードモデルとして活動していたが、青山涼子の芸名で1975年にピンク映画『痴漢地下鉄』でデビュー(一部の資料では、青山京子、青山淳子となっているが、いずれも誤り)。その後、20本ほどのピンク映画に出演する。

1981年、『白日夢』の主演に抜擢されたことを契機に、愛染恭子と改名。その後はストリップ劇場でも活動。

1983年1月、大阪府十三のストリップ劇場に出演中に公然わいせつ罪で現行犯逮捕され、罰金5万円の命令を受けた。同年7月には横浜でも同罪で逮捕、起訴猶予となっている[1]

1984年、アダルトビデオ作品『ザ・サバイバル』の処女喪失シーン撮影のために、処女膜再生手術を受けて話題になった[1]

1994年7月にストリップ界から引退[1]、以降はアダルトビデオを中心に活動。

2007年4月24日、中学3年生の姪を殴るなどして負傷させたとして傷害の疑いで逮捕され、松戸簡易裁判所から罰金50万円の略式命令を受け、即日納付後に釈放された[1]

2010年3月公開の団鬼六原作の映画『奴隷船』をもってヌード出演からは引退する、と公表した。「脱ぎ」無しでの女優業や映画製作に専念するといい、団からは「これが脱ぎおさめになるとは残念」というメッセージが寄せられた[2]。なお、実際のヌード引退は2010年3月7日に行われた埼玉県のストリップ劇場「わらびミニ劇場」での公演となり、3月5日 - 7日の3日間に12回のストリップステージを務めた。

アダルトグッズなどを販売する会社でデザイナーを務めたこともあったが、現在は、監督・女優業のほか、twitterでフォローワーの恋の悩みや相談にも乗っている。

エピソード[編集]

18歳でヌードモデルとしてデビューしたが、その時はまだ処女であったことを明かしている。その時の撮影ではスタッフに指示され、自分で自分の乳首を触り勃起させたというエピソードも明かしている[3](同時に処女喪失は20歳の時とも答えている)。

『白日夢』への出演は武智鉄二監督の「この作品は世界的に有名になる。君も有名になる」という一言で決意した[3]。また、美しい世界観を表現したいという武智の思いに賛同したというところも大きいという[3]。同作の出演で周囲の人間から白い目で見られ、道行く人にも「誰とでもやるんだろう」といわれるため、大きなサングラスに大きな帽子をかぶるなど変装して出歩くようになった。しかし、愛染が母親に家をプレゼントしたということが報道されると、周囲の評価は好意的なものに変わった[3]

2010年(平成22年)3月、雑誌の取材で石垣島から新城島に向かっていた際、竹富島近海で乗船していたプレジャーボートが炎上する事故に巻き込まれたが、愛染ら乗員・乗客は近くを航行していた旅客船に救助された。このことは出演した映画『奴隷船』初日で舞台挨拶を行なった愛染が明らかにした。

出演(愛染恭子に改名以降)[編集]

  • 1981年09月12日 白日夢
  • 1981年12月21日 淫欲のうずき
  • 1982年08月14日 華麗なる愛の遍歴 愛染恭子
  • 1983年03月11日 ヨーロッパ・ノーカット版 愛染恭子・華麗なる追憶
  • 1983年10月21日 性感極秘テクニック
  • 1984年04月 愛染恭子 ザ・サバイバル
  • 1984年12月22日 愛染恭子の未亡人下宿
  • 1986年 THEエロスvol.1 トレーシー VS 愛染 レズ狂艶(トレイシー・ローズと共演)
  • 1987年02月07日 白日夢2
  • 1993年12月23日 愛染恭子 昼下りの情事
  • 1994年 おんな犯科帳 -江戸拷問刑罰抄-
  • 1995年09月21日 美女奉行 おんな牢秘抄2
  • 1996年12月18日 成田アキラのテレクラ三昧
  • 1997年03月01日 Zen-Gilow Presents Sun Run Gun 脳みそぶっぱなしツアー1泊2日
  • 1998年08月21日 淫恥母
  • 1998年09月04日 疑惑の診察室 わたしを犯した美容整形外科医
  • 1998年09月22日 女家庭教師 恥じらいの個人教授
  • 1998年10月23日 実録人妻白書
  • 1999年01月29日 髪結い未亡人 むさぼる快楽
  • 1999年02月26日 毒婦 妖しい炎
  • 1999年04月23日 緊縛の虜
  • 1999年07月31日 デッドライン 鳥よ響け、男達の魂に
  • 1999年09月18日 意外と死なない
  • 2000年01月21日 痴女教室
  • 2000年02月25日 どすけべ女社長 未亡人の性欲
  • 2000年06月16日 愛染恭子 Gの快感
  • 2000年07月25日 淫タビュー 普通の女の異常な本音
  • 2000年09月01日 愛染恭子の人妻セールスレディ 快楽の実演
  • 2001年02月02日 愛染恭子VS小林ひとみ 発情くらべ
  • 2001年02月21日 艶熟母
  • 2001年03月16日 極妻レズ (アリスJAPAN) 愛染恭子、小林ひとみ
  • 2001年10月21日 暗黒街 渋谷ミッドナイト・ウォー
  • 2001年10月26日 昼下がりの情事
  • 2002年04月25日 新人ツアーコンダクター あゆみ
  • 2002年04月26日 愛染恭子の痴漢病棟
  • 2002年07月19日 続・愛染恭子Gの快感
  • 2002年09月27日 にっぽん淫欲伝 姫狩り
  • 2002年10月25日 痴漢病棟 (アリスJAPAN) 愛染恭子、小室友里、沢木まゆみ
  • 2002年12月14日 紅姉妹 前後編
  • 2002年12月24日 Gの快感 (アリスJAPAN) 愛染恭子
  • 2003年05月11日 政界レズビアン 女戒 (アリスJAPAN)…共演:川奈まり子黒沢愛、清水瞳
  • 2003年05月25日 新人ナース・はるか 恥ずかしいお仕事
  • 2002年08月23日 GUN CRAZY エピソード1 復讐の荒野
  • 2003年09月19日 政界レズビアン 女戒(じょかい) (アリスJAPAN) 愛染恭子、黒沢愛、川奈まり子、清水ひとみ
  • 2003年12月26日 愛染恭子VS菊池えり ダブルGスポット
  • 2004年04月25日 ザ・痴漢ネット Access7
  • 2005年07月02日 ピーカン夫婦…共演:のはら歩葉月螢
  • 2004年09月30日 ダブルGスポット (アリスJAPAN) 菊池えり、愛染恭子
  • 2005年10月 愛欲の未亡人 〜よみがえる記憶〜
  • 2006年05月25日 近親相姦 母と息子(マドンナ)…共演:今野由愛
  • 2006年07月07日 平成未亡人下宿 痴漢みだら指(新東宝映画:監督、脚本、出演)…共演:風間今日子天衣みつ
  • 2007年02月05日 セレブが結婚したい13の悪魔
  • 2007年06月09日 パッチギ! LOVE&PEACE
  • 2010年03月06日 奴隷船

テレビ番組[編集]

作品[編集]

監督[編集]

  • 2001年02月02日 愛染恭子VS小林ひとみ 発情くらべ
  • 2001年08月21日 新人ツアーコンダクター2
  • 2002年02月25日 教習所のお姉さん
  • 2002年04月26日 愛染恭子の痴漢病棟
  • 2002年07月19日 続・愛染恭子Gの快感 究極編
  • 2003年01月25日 新人ツアーコンダクター 紀華
  • 2003年05月11日 政界レズビアン 女戒
  • 2003年12月26日 愛染恭子VS菊池えり ダブルGスポット
  • 2006年03月25日 満員電車の女
  • 2006年07月07日 平成未亡人下宿 痴漢みだら指
  • 2009年09月05日 白日夢いまおかしんじと共同)[4]
  • 2010年 新釈 四畳半襖の下張り
  • 2011年07月22日 阿部定 〜最後の七日間〜

脚本[編集]

  • 2000年09月01日 愛染恭子の人妻セールスレディ 快楽の実演
  • 2003年01月25日 新人ツアーコンダクター 紀華
  • 2006年07月07日 平成未亡人下宿 痴漢みだら指

原作[編集]

  • 1984年01月19日 愛染恭子のベッドサイドストーリー
  • 2000年06月16日 愛染恭子 Gの快感
  • 2000年09月01日 愛染恭子の人妻セールスレディ 快楽の実演
  • 2001年02月02日 愛染恭子VS小林ひとみ 発情くらべ
  • 2002年07月19日 続・愛染恭子Gの快感 究極編

編集[編集]

  • 2001年02月02日 愛染恭子VS小林ひとみ 発情くらべ

配役[編集]

  • 2002年07月19日 続・愛染恭子Gの快感 究極編

書籍[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “愛染恭子が暴行…14歳めいが知人男性と寝たのに激怒”. ZAKZAK (産経デジタル). (2007年4月24日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_04/g2007042403.html 2013年8月24日閲覧。 
  2. ^ “愛染恭子、九死に一生!! 乗っていた船が炎上、沈没!!”. 中日新聞 CHUNICHI Web (中日新聞社). (2010年3月7日). オリジナル2010年3月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100309201431/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2010030702000117.html 2010年3月7日閲覧。 
  3. ^ a b c d 2010年2月11日放送回『ドォーモ』の企画「ザ・インタビュー」出演時に発言
  4. ^ “AV氾濫の今こそ…愛染恭子アノ“本番映画”リメーク”. ZAKZAK (産経デジタル). (2007年12月17日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_12/g2007121717_all.html 2007年12月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

※以下は、18禁サイト