応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦(おうしょうきはいせかいぷろいごせんしゅけんせん)は、世界各国の代表選手による囲碁の世界一を決める棋戦台湾経済界の重鎮であった応昌期が私財を投じて創設した。応氏杯と表記することもある。1988年に第1回が開始され、4年に一度オリンピックの年に開催される。優勝賞金は40万ドル、準優勝は10万ドル。

出場選手[編集]

日本韓国中国、台湾、米国欧州などの各国・地域から、主催者の招待により選抜されて出場する。国内予選は行われない。

ルール[編集]

囲碁ルールの研究家でもあった応昌期の考案した「計点制ルール(応昌期ルール、台湾ルール、SSTルール)」で行われる。これは中国ルールを改良したとされるもので、着手禁止点を、コウを含む同型反復の禁止と定義するなど、実戦的解決を強調したものになっている。黒番のコミが8点(日本ルールでは7目半に相当)なことも特徴。碁石の数を数えやすい、六角柱型の独特の碁笥を使う。
大会は、このルールを普及することも目的の一つとなっている。
対戦はトーナメント方式。準決勝は3番勝負、決勝戦は5番勝負で争われる。持ち時間は1人3時間30分で、持ち時間を使い切ったら、2目のコミを差し出すことで35分ずつ3回まで延長できるという点も独特である。

過去の優勝者と決勝戦[編集]

概況[編集]

  • 第1回 日本、韓国、中国、台湾、オーストラリア、米国の16選手が出場、1988年から89年にかけて行われた。1回戦は北京で行われ、この時中国と国交の無い韓国の選手が初めて中国入りし、また台湾の選手が中国で試合をするのもあらゆる競技を通じて初めてであった。優勝した曺は金浦国際空港からソウル市内までパレードし、これを契機に韓国に囲碁ブームが巻き起こった。
  • 第2回 日本、韓国、中国、台湾、オーストラリア、米国、香港の24選手が出場。ただし主催者が中国代表として江鋳久芮廼偉両選手を選出したことを巡り、中国囲棋協会に所属する中国在住棋士はボイコットにより不出場となった。芮廼偉九段は女性ながらベスト4に入る活躍を見せた。また持ち時間は第1回は3時間だったが、この回から3時間30分となった。
  • 第3回 日本、韓国、中国、台湾、米国の24選手が出場。決勝の依田ー劉戦では、依田がルールの違いによるセキの地の数え方を勘違いするという場面もあった。
  • 第4回 日本、韓国、中国、台湾、欧州の24選手が出場。
  • 第5回 日本、韓国、中国、台湾、欧州、米国の24選手が出場。米国代表は韓国ドラマ「オールイン」の主人公のモデルのチャ・ミンスー(車敏洙)。優勝した常昊はこれまで世界棋戦で準優勝6回を数えていたが、今回初優勝するとともに、中国選手による本大会初制覇とした。