LG杯世界棋王戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

LG杯世界棋王戦(えるじーはいせかいきおうせん、LG배 세계기왕전)は、韓国日本中国台湾米国欧州の棋士による囲碁の国際棋戦。1996年に開始。前身の韓国国内棋戦だった棋王戦から発展した。

出場選手[編集]

  • 第1回は、韓国14、日本8、中国6、台湾2、米国1の、31名が出場。
  • 第2-10回は、前回ベスト4、韓国8、日本5、中国4、台湾・米国・欧州各1の、24名。
  • 第11回からは、前回1、2位、韓国5、日本・中国3、台湾・米国・欧州各1、アマチュアも含めた国際統合予選による16名の、32名。

ルール[編集]

日本ルールで実施される。持ち時間は各3時間。コミは第1-3回は5目半、第4回から6目半。対戦はトーナメント方式で、決勝戦は1-10期は5番勝負、11期から3番勝負。

過去の優勝者と決勝戦[編集]

(左が優勝者)

  1. 1997年 李昌鎬(韓国) 3-0 劉昌赫(韓国)
  2. 1998年 王立誠(日本) 3-2 劉昌赫(韓国)
  3. 1999年 李昌鎬(韓国) 3-0 馬暁春(中国)
  4. 2000年 兪斌(中国) 3-1 劉昌赫(韓国)
  5. 2001年 李昌鎬(韓国) 3-2 李世乭(韓国)
  6. 2002年 劉昌赫(韓国) 3-2 曺薫鉉(韓国)
  7. 2003年 李世乭(韓国) 3-1 李昌鎬(韓国)
  8. 2004年 李昌鎬(韓国) 3-1 睦鎮碩(韓国)
  9. 2005年 張栩(日本) 3-1 兪斌(中国)
  10. 2006年 古力(中国) 3-2 陳耀燁(中国)
  11. 2007年 周俊勲(台湾)2-1 胡耀宇(中国)
  12. 2008年 李世乭(韓国) 2-1 韓尚勲(韓国)
  13. 2009年 古力(中国) 2-0 李世乭(韓国)
  14. 2010年 孔傑(中国) 2-0 李昌鎬(韓国)
  15. 2011年 朴文尭(中国) 2-0 孔傑(中国)
  16. 2012年 江維傑(中国) 2-0 李昌鎬(韓国)
  17. 2013年 時越(中国) 2-0 元晟湊(韓国)
  18. 2014年 柁嘉熹(中国) 2-1 周睿羊(中国)

外部リンク[編集]