聶衛平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

聶衛平(じょう えいへい、聂卫平、ニエ・ウェイピン、1952年8月17日 - )は、中華人民共和国囲碁棋士河北省深県出身。現代中国のプロ棋士制度の第1号であり、1982年に3人目の九段となる。1980〜90年代の中国の代表的棋士であり、世界最強棋士の一人でもあった。孔祥明八段は元夫人、日本棋院孔令文は実子。2014年、小学4年生の孫(孔令文の一人息子)が日本第35回少年少女囲碁大会出場、予選で山下敬吾九段の一人息子(4年生)を破り、7位入賞[1][2]

中国囲棋協会副主席、中国棋院技術顧問。

経歴[編集]

瀋陽市に生れ、全国科学技術協会に勤める父の転勤で翌年北京に移る。父が友人と打っているのを見て碁を覚え、文化宮の囲碁クラブにも通い、9歳のときには陳毅副総理とも対局する。この頃に張福田に師事、その後雷溥華、過惕生、過旭初に学ぶ。また本因坊秀栄の打碁を並べて大きく影響された。1965年には13歳で全国少年少女囲碁大会児童の部で優勝。文革では黒竜江省の農場に下放され、その後北京に戻される。1975年に全国個人戦で優勝。1974年の日中囲碁交流で、訪中した宮本直毅に勝ち、初めて日本の九段に勝利。1976年には中国代表団の一員として来日し、石田芳夫藤沢秀行に勝利。1979年の第1回世界アマチュア囲碁選手権戦に中国代表として出場して優勝。1982年に中国のプロ棋士(専業棋手)制度の発足とともにプロ棋士となり、陳祖徳呉淞笙とともに九段に認定され、以後新体育杯他の中国の国内タイトル戦で多数の優勝を飾った。

1984年から始まった日本と中国の勝ち抜き対抗戦「日中スーパー囲碁」では、第1回から10回まで主将として出場し、第1回に3人抜き、第2回5人抜き、第3回1人抜きと9連勝し、下馬評では不利と言われていた中国の3連勝を導いた。第4回にも2人抜き後に羽根泰正九段に敗れて連勝は11で止まったが、「鉄のゴールキーパー」と呼ばれて中国の国民的英雄となり、この功績により1988年3月26日に中国囲棋協会から「棋聖」の称号を授与された。また1985年には米国において、国交のない韓国曺薫鉉と2番勝負を行い、1勝1敗とした。

1989年の第1回応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦では決勝まで進み、曺薫鉉に敗れて準優勝に終わったが、世界トップの実力を印象づけた。またこれらの国際的活躍により、中国国内における囲碁の社会的地位の向上にも大きく寄与した。1990年には、中国十大傑出青年に選出される。

1993年の全国体育大会の囲碁団体戦では、北京チーム主将として初優勝。中国囲棋甲級リーグ戦では2000年に北京大宝、2001-06年には貴州衛視の主将として出場。2009年から北京聶衛平道場チームを率いて乙級リーグに出場し1位。2010年は安徽寧国市政チーム監督。

1980年に孔祥明と結婚し、一子孔令文をもうける。91年離婚して、人民解放軍政治部歌劇員の歌手王静と結婚、2000年に離婚して、01年に再婚。

主なタイトル歴[編集]

他の棋歴[編集]

国際棋戦

通算14勝4敗

国内棋戦

  • 中国囲棋甲級リーグ戦
    • 2000年(北京大宝)
    • 2001年(貴州衛視)
    • 2002年(貴州衛視)
    • 2003年(貴州衛視)
    • 2004年(貴州衛視)
    • 2005年(貴州衛視)
    • 2006年(貴州衛視、監督兼任)
    • 2008年(河北金環鋼構、監督兼任)0-2
    • 2010年(安徽寧国市政、監督兼任)

代表局[編集]

「鉄のゴールキーパー」1987年第2回日中スーパー囲碁第17局 大竹英雄-聶衛平(先番)

聶は第13局から4人抜きして、日本主将の大竹英雄との決戦となった。先番聶は右辺黒石を捨石にして中央を厚く打ち進め、97手目に下辺黒1の打ち込みから黒11以下またこの石を捨石にして、中央の白石を攻めて優勢を確立した。320手完 黒2目半勝。聶はこの碁に勝って、5人抜きで中国勝利。第1回の3人抜き、第3回も主将戦勝利して、計9人抜きで中国3連勝の立役者となった。

Otake-nie-19870430-97-116.jpg

著作[編集]

  • 『我的囲碁之路』蜀蓉棋芸出版社 1987年(『私の囲碁の道』田畑光永訳、藤沢秀行監修 岩波書店 1988年)
  • 『聶衛平囲碁名局集』王誼三一書房 1995年

脚注[編集]

外部リンク[編集]