片岡聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

片岡 聡(かたおか さとし、1958年昭和33年)8月3日 - )は、囲碁棋士千葉県松戸市出身、日本棋院所属、榊原章二九段門下、九段。天元位獲得、本因坊戦挑戦者など。手厚くバランスのよい本格的な棋風。

経歴[編集]

1967年に日本棋院院生となり、1972年入段。以後好成績を挙げて、同世代の山城宏王立誠小林覚らとともに若手の有望株として期待され、1977、78年に留園杯連続優勝。1979年には五段で天元戦で決勝に進出し、加藤正夫九段に0-3で敗れて準優勝。1982年に24歳で天元位を獲得して初タイトル。

1985年八段。1988年九段。1991年日中スーパー囲碁で3人抜き。

1994年に本因坊戦で趙治勲に挑戦。第七局までもつれたが、最終局中盤でコウにされる手を見落としてしまい、敗れる。

2000年、01年連続で碁聖戦挑戦者決定戦進出。2008年に900勝達成。通算成績は937勝481敗4ジゴ(2009年4月)。

2001年NHK囲碁講座講師。趣味はジャズドラムで、山下洋輔らとのセッションも行っている。

タイトル歴[編集]

その他の棋歴[編集]

受賞[編集]

  • 棋道賞新人賞 1979年、殊勲賞 1982年、最多対局賞 1996年(66局46勝20敗)

著作[編集]

  • ノビサガリ (烏鷺うろブックス) 』1990年
  • 『片岡聡 サバキのテクニック (NHK囲碁シリーズ) 』2002年
  • 『片岡聡—打碁鑑賞シリーズ<1>』日本棋院 2003年

外部リンク[編集]