馬暁春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
馬暁春
プロフィール
出生: 1964年8月26日
出身地: 嵊州
職業: 囲碁棋士
各種表記
繁体字 馬曉春
簡体字 马晓春
和名表記: ば ぎょうしゅん
発音転記: マア・シャオチュン
ラテン字 Ma Xiaochun
テンプレートを表示

馬 暁春(ば ぎょうしゅん、マア・シャオチュン、1964年8月26日 - )は、中国囲碁棋士浙江省嵊州出身、中国囲棋協会所属、九段。1990年代の中国棋界の覇者で、名人戦13連覇の記録を持つ。1995年に東洋証券杯と、富士通杯の二つの世界選手権に優勝し、中国棋士で最初の世界戦優勝者となる。軽快でスピードのある棋風。国内での渾名は「妖刀」。聶衛平の「大龍」に対して「中龍」とも呼ばれる。

経歴[編集]

9歳で碁を覚え、12歳で囲棋集中訓練隊に入る。世界アマチュア囲碁選手権戦で1981年に3位、1983年に優勝。1982年に七段を認められ、1983年に18歳で中国4人目の九段、1985年から専業棋士。1982年に全国個人戦で優勝、以後中国国内のタイトル戦では聶衛平を凌ぐ成績を上げ、特に名人戦では1989年から2001年まで13連覇。日中スーパー囲碁では、第10回に日本の主将大竹英雄に勝って中国優勝を決めた。甲級リーグでは、2001-02年浙江(2001年は乙級)、2003年以降は貴州山東武漢などに所属。中国棋士ランキングでは1998年に1位。

藤沢秀行は馬が若い頃からその才能に注目し、「1に曺薫鉉、2に馬暁春」と評した。

主なタイトル歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

その他の棋歴[編集]

代表局[編集]

「日中名人戦初優勝」第5回日中名人戦第1局 1992年12月15日 馬暁春-小林光一(先番)

Ma-kobayashi-19921215-36-56.jpg

白1(36手目)のケイマが好手で、黒20までの振り代わりとなって白優勢。この後中央黒が生きたが白は厚くなった。259手まで白1目半勝ち。 日中名人戦では1989年から91年まで3年連続で小林光一に0-2で敗れていたが、この1992年第1局で初勝利を挙げ、第3局も勝って2-1で初優勝する。

著作[編集]

  • 『囲碁 孫子の兵法—古代中国の格言に学ぶ 』誠文堂新光社 2003年

外部リンク[編集]