青木喜久代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

青木喜久代(あおき きくよ、1968年5月24日 - )は、囲碁棋士東京都出身、日本棋院所属、八段。菊池康郎に師事。女流名人5期、女流鶴聖戦4期、女流最強戦1期、女流棋聖戦1期、新人王戦準優勝など。手厚くゆったりとした棋風。兄は青木紳一九段。

経歴[編集]

小学1年で母親と一緒に囲碁教室に通い、碁を覚える。小学5年に菊池康郎の主宰する緑星会(現・緑星囲碁学園)に入る。小学6年の1980年に少年少女囲碁大会小学生の部で4位。1981年に日本棋院院生となり、1986年入段。1990年に女流名人戦リーグで全勝優勝し、初タイトル獲得。

1991年に中国の女子名人戦に招待され、リーグ5勝2敗で2位。1991年、92年に女流鶴聖戦連続優勝。1997年には新人王戦で決勝に進み、三番勝負で山田規三生に0-2で敗れる。1998年の本因坊戦2次予選で依田紀基碁聖を破り、29年振りに女流棋士としてタイトル保持者に勝利。1999年には本因坊戦で女流棋士として初めて3次予選に進出するが、加藤正夫に敗れる。

1999年に結婚。2000年、長女出産で産休を取得。大手合で八段昇段。2002年、次女出産に伴い産休。女流名人に返り咲き。2006年にも、女流名人に返り咲き。2008年には正官庄杯世界女子囲碁最強戦に日本代表として出場し3人抜き。タイトル通算10期獲得。1991年の18連勝は女流棋士史上1位。

2012年2月16日、女流棋聖戦3番勝負にて謝依旻を2勝1敗で下して自身初となる女流棋聖タイトルを獲得した[1]。女流タイトル獲得数を11とし、歴代で単独2位となった。

2012-2014年、謝と青木は女流棋聖戦挑戦手合で3年連続の対戦となる。

2014年、第27期女流名人戦リーグ入り(第20期女流名人戦本戦以来7期ぶり)。

タイトル歴[編集]

その他の棋歴[編集]

国際棋戦[編集]

国内棋戦・その他[編集]

良績[編集]

  • 2000年:賞金ランキング第16位、女流第1位
  • 2006年:賞金ランキング第19位、女流第1位

参考文献[編集]

  • 秋山賢司「飛び出した若手棋士群 第6回 青木喜久代女流鶴聖」(『棋道』1991年12月号)

脚註[編集]

  1. ^ 青木八段が初の女流棋聖を獲得 日刊スポーツ 2012年2月16日閲覧

外部リンク[編集]