高尾紳路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高尾 紳路(たかお しんじ、1976年10月26日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁のプロ棋士、九段。千葉県千葉市出身、藤沢秀行名誉棋聖門下。本因坊在位時の雅号は「秀紳(しゅうしん)」。血液型A型。実兄は、歴史学者の高尾善希

師から受け継いだ手厚い棋風で、地に辛い傾向の強い現代碁界にあってそのスタイルは異彩を放つ。羽根直樹張栩山下敬吾らとともに「若手四天王」(近年では「平成四天王」)と称される。

略歴[編集]

囲碁愛好家の父の影響で小学生で囲碁を覚え、囲碁ライターの田岡敬一に師事。1986年、千葉市立桜木小学校4年生の時に少年少女囲碁大会小学生の部で準優勝。どちらが勝っても最年少記録更新となる、決勝の相手は後にライバルとなる山下敬吾(小学校2年生)だった。その後、兄弟子三村智保森田道博と共に藤沢秀行に入門。1991年入段、以降順調に昇段を重ねる。

早くから若手の有望株として期待を受けるが、タイトル戦線では他の四天王3人にやや遅れを取ってきた。しかし2005年、新参加でありながら本因坊リーグを勝ち抜き、張栩本因坊を4勝1敗で破り、遂に念願のビッグタイトルを獲得。2006年には本因坊初防衛も果たし、さらに張栩から名人位も奪取。ただし2009年以降、無冠となっている。

2004年3月に、慶應義塾大学囲碁部女子部で主将を務めたアマ女流と結婚[1]。夫婦仲がよいことでも、囲碁雑誌で取り上げられる。

棋歴[編集]

  • 1991年 入段。以下四段まで毎年昇段を重ねる。
  • 1996年 新人王戦に優勝。棋道賞新人賞受賞。
  • 1998年 棋道賞勝率第1位賞(50勝12敗 .806)。
  • 1999年 棋道賞最多勝利賞・最多対局賞(75局61勝14敗)。
  • 2000年 連勝記録賞(20連勝)。NEC俊英戦優勝。竜星戦優勝。新鋭トーナメント戦準優勝
  • 2001年 連勝記録賞(18連勝)。
  • 2002年 NEC俊英戦優勝
  • 2003年 1月20日、八段昇段。第41期十段位に挑戦するも、王立誠に2-3で敗れる。新鋭トーナメント戦優勝。竜星戦優勝。
  • 2004年 棋道賞最多勝利賞(44勝)。連勝記録賞(15連勝)。
  • 2005年 第60期本因坊戦でリーグ戦初参加で即挑戦権を獲得。7番勝負では張栩本因坊を4-1で降し、本因坊位を獲得。規定により6月29日、八段より九段昇段。第43回秀哉賞受賞。
  • 2006年 第61期本因坊戦で山田規三生九段の挑戦を4-2で退け、本因坊初防衛に成功。第31期名人リーグに初参加初挑戦(名人戦史上初)、張栩を4-2で降して実力制6人目の名人本因坊に輝いた。第44回秀哉賞を2年連続で受賞。第1回大和証券杯ネット囲碁オープンにも優勝し、同年の賞金ランキング1位に輝く。
  • 2007年 第62期本因坊戦で依田紀基の挑戦を4-1で降し、3連覇を達成。名人戦で張栩に3-4で敗れ、名人位を手放す。第3回大和証券杯ネット囲碁オープンでは優勝を果たす。
  • 2008年 第46期十段戦で挑戦権を獲得し、趙治勲との5番勝負では3連勝で十段位を奪取。第63期本因坊戦で羽根直樹九段に三連勝後四連敗で失冠。10月、第1回ワールドマインドスポーツゲームズ囲碁男子団体戦に依田紀基、山下敬吾、羽根直樹、河野臨と日本代表チームを組み出場、銅メダルを獲得。[1]
  • 2009年 第47期十段戦で張栩に1-3で敗れ、無冠となる。第64期本因坊戦にてリーグを6勝1敗で勝ち上がり羽根直樹に挑むが、2-4で敗退。
  • 2010年 第48期十段戦挑戦者決定戦進出。第35期名人戦リーグで8勝1敗で挑戦権を獲得し、井山裕太に挑むが、0-4で敗退。第35期棋聖戦Aリーグ優勝。第3回大和証券杯グランドチャンピオン戦優勝。
  • 2011年 第4回大和証券杯グランドチャンピオン戦優勝、2連覇。第36期棋聖戦Bリーグ優勝。挑戦者決定戦でAリーグ優勝の井山裕太を破り初の挑戦権を獲得。
  • 2012年 3月1日、通算800勝達成。3月15日、第36期棋聖戦で張栩に挑むも3-4で敗退。3月17日、第31期NECカップ初優勝。
  • 2013年 7月18日、第68期本因坊戦で井山裕太に挑むも3-4で敗退。
  • 2014年 2月、第52期十段戦挑戦者決定戦で井山裕太に勝ち、結城聡十段に挑む。

タイトル・棋戦優勝歴[編集]

エピソード[編集]

  • 2000年の新鋭トーナメント戦決勝では、山下敬吾と対戦。第一着に相手のお株を奪う5の五を打つと、山下はほとんど例のない白2手目での天元打ちで対抗。冒頭から激しい空中戦を繰り広げ、ライバルの意地が火花を散らした一局として話題になった(山下勝ち)。この碁はその後マンガ「ヒカルの碁」でも社清春-進藤ヒカル戦の棋譜として用いられた。
  • 2005年、師の藤沢が二度挑戦して届かなかった本因坊のタイトルを初挑戦で獲得。少しは褒めてもらえるかと報告に向かうと、「勝ち碁で何をモタモタやっているんだ」とまた叱られたという。
  • 競馬が趣味。競走馬一口馬主ともなっており、過去にシルクプリマドンナ2000年オークス優勝馬)などに出資していた[2]。「囲碁界屈指の競馬好き」としてJRA公式サイトの競馬コラムでインタビューを受けたこともあり、それによれば競馬を始めた契機は「中学生時代にプロ棋士の勉強会で一部の先輩がテレビの競馬中継を見ていたこと」とのこと[3]。ちなみに師匠の藤沢には競馬好きであることはずっと黙っていたものの、後に藤沢の知るところとなり、東京開催の土曜日は毎週競馬場に通い藤沢と競馬を観戦するようになったという[4]。同じ競馬好きということで、近年は将棋棋士の渡辺明とも交友があり、渡辺を一口馬主仲間に引き込んでいる[5]
  • 2009年よりブログを開始(下記外部リンク参照)。自分の対局、大タイトルマッチのポイント解説を行うなど、現役タイトルホルダーによる今までにない形のファンサービスとして好評を博している。

雅号[編集]

2007年、本因坊3連覇達成後の就位式で、雅号を「秀紳」とすることを発表した。命名は師の藤沢秀行。「秀」は本因坊家ゆかりの字であり、師匠から一字を受け継いだ形ともなった。

著書[編集]

  • 正々堂々 高尾の力学(日本棋院)
  • 第31期囲碁名人戦全記録―名人位決定七番勝負・挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社)
  • 第32期囲碁名人戦全記録―名人位決定七番勝負・挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社)
  • 秀行百名局(誠文堂新光社)
  • 基本定石事典 上下巻(日本棋院)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]