黄翊祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黄 翊祖(こう いそ、1987年4月10日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士、八段。台湾台北市出身。鄭銘瑝九段門下。

略歴[編集]

  • 6歳で父・姉とともに囲碁教室へ通うようになり、囲碁を覚える。11歳で台湾の全国大会に優勝、同年に台湾の囲碁教室の教師の伝で鄭銘瑝を紹介され、棋士を目指し来日した。
  • 兄弟弟子である潘善琪潘坤鈺兄妹と同居し院生生活をスタートさせ14歳で入段した。同期入段に大橋拓文三谷哲也潘坤鈺向井梢恵井山裕太。その後大学留学を果たした姉と同居していた。
  • 2005年10月に名人リーグ入りを果たし、史上2例目となる四段から七段への飛び昇段を果たした(初の飛び昇段は井山の阿含桐山杯早碁オープン戦優勝によるもの)。18歳6ヶ月でのリーグ入りは依田紀基の18歳8ヶ月を抜く史上最年少記録(その後井山に1ヶ月ほど更新される)である。
  • 2012年10月21日、第60回NHK杯テレビ囲碁トーナメント2回戦第11局で羽根直樹九段と対戦。小ヨセに入り始めたという場面、白番の黄が優勢であったところ、後手ヨセを打ったがために、三子を抜かれ四子をオイオトシでとられてしまった。8目を損し、2目半の逆転勝ちを許すという、ヨセに定評がある黄にしては珍しいポカであった。

履歴[編集]

外部リンク[編集]