森田道博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

森田道博(もりた みちひろ、1970年昭和45年)10月18日 - )は、日本囲碁棋士千葉県出身、日本棋院所属、田岡敬一に師事、藤沢秀行門下、九段。竜星戦優勝など。

経歴[編集]

千葉市生まれ。小学1年の時に新聞の囲碁欄に興味を持ち、入門書で囲碁を覚える。小学3年から碁会所に通い、囲碁ライターの田岡敬一に師事、福井正明の指導を受ける。1981年に少年少女囲碁大会小学生の部で4位入賞。1982年日本棋院院生。1984年入段。1985年棋聖戦二段戦優勝。1987年藤沢秀行に入門。1990年五段。1991年、天元戦本戦入り、21連勝を記録。1992年NEC俊英戦準優勝。1992、93年天元戦ベスト8。1993年七段。1994年、竜星戦の勝ち抜き戦8連勝で決勝トーナメントに進出、決勝で林海峰を破り棋戦初優勝。この年棋聖戦七段戦も優勝し、35勝12敗の成績で、当時棋道賞の新人賞は六段以下の規定だったが、「この欄に森田さんの名前がないということは、将来、(我々が)きっと恥ずかしい」という選考委員の意見[1]で、規定を七段以下に改めて新人賞を受賞。

1995年、十段戦トーナメントで勝者組を勝ち抜いて挑戦者決定戦に進出するが、依田紀基に敗れる。1998年九段。2007年天元戦ベスト4、竜星戦ベスト4。

日中スーパー囲碁では、第2回に2番手で登場するが芮廼偉に敗退。第10回は常昊に敗退。1996年真露杯では1人抜き。

タイトル歴[編集]

他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

  • 棋聖戦 二段戦優勝 1985年、五段戦優勝 1990年、七段戦優勝 1994年
  • NEC俊英囲碁トーナメント戦 準優勝 1992、95年
  • 竜星戦 準優勝 1999年

受賞等[編集]

  • 棋道賞新人賞 1994年
  • 棋道賞勝率第一位賞(33勝8敗、.805) 2007年
  • 棋道賞連勝賞(14連勝) 2008年

[編集]

  1. ^ 『棋道』1995年3月号

参考文献[編集]

  • 秋山賢司「飛べ花の59年組」(『棋道』1984年7月号 日本棋院)

外部リンク[編集]