江鋳久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

江鋳久(こう ちゅうきゅう、ジャン・ジュウジォウ、江铸久、Jiang Zhujiu、장주주、1962年2月17日 - )は、囲碁棋士中国山東省済寧出身、九段。北京師範大学出身、中国囲棋協会アメリカプロ囲碁協会を経て、1999年から韓国棋院客員棋士、2012年に中国帰国。第1回日中スーパー囲碁での5人抜きで一躍名を上げる。北米マスターズ・トーナメント8連覇。また米国にて江鋳久囲碁トーナメントを主催。妻は芮廼偉九段、兄は江鳴久七段。攻撃的な棋風。

経歴[編集]

6歳で碁を覚え、1973年十省市囲棋招待戦児童組優勝、14歳で集中訓練隊に入る。1982年に五段に認定される。1983年、全国囲棋個人戦で4位。1984年七段。

1984年から始まった日中スーパー囲碁で、第1回に中国チームの2番手として出場し、5人抜きを果たして中国チームの勝利に大きく貢献、また日本側に衝撃を与えた。この功績により八段昇段を認められる。1987年九段。1990年に米国に移住。1992年に日本に移住していた芮廼偉九段と結婚。1993年から3年間は日本在住。その後米国で棋士活動を続け、1995年から開始された北米マスターズ・トーナメントでは、第1回から2002年まで、車敏洙、芮廼偉、M.レドモンドなどを破って8連覇。

1999年に芮廼偉とともに韓国棋院に客員棋士として迎えられ、韓国の棋戦に参加するようになる。2003年のLG杯世界棋王戦では韓国代表として出場、1回戦でアメリカ代表として出場した兄鳴久と対戦して勝利するが、2回戦では李昌鎬に敗れた。同年マキシムコーヒー杯決勝で妻の芮廼偉を破って優勝。2011年三星火災杯世界囲碁マスターズでシニア枠予選を勝抜いて出場。

2012年に韓国棋院を引退して、中国に帰国。2014年女子甲級リーグ上海北極絨チームコーチ。

主な棋歴[編集]

国際棋戦

中国棋戦

米国棋戦

韓国棋戦

外部リンク[編集]